Le passe-temps

アクセスカウンタ

zoom RSS ひねもすハトちゃん〔久世番子〕

<<   作成日時 : 2010/03/27 16:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

ドッジボールで最後まで内野に残った日。
一人称を「ぼく」から「オレ」に変えた日。
自分の前世を「戦国の巫女」と設定した日。
そんなちょっぴりイタくてちょっぴり愛おしいハトちゃん&同級生達のイケてない中学生日記♪
味噌の国出身の久世番子が描く郷土愛エッセイコミック「パンがなければ味噌をお食べ」も収録♪


表紙の吹き出しを見た瞬間、手に取っていました。
“え?ワタシのこと??”って思いましたもの。
中身を読んで、ハトちゃんの挙動不審な存在感とかモサい感じとか、ますます共感。
(「あたしンち」に出てくる石田に似てるかも。)
“そういや、ドッヂボールのボール、一回しか取れなかったなぁ…”としみじみ思い出したり、中学生ならではの悩みや友達付き合いの難しさを思い出したりしました。

この漫画はハトちゃんが主人公だけど、もしかしたら“日本の中学生”が主人公なのかも。
空気読まない迷惑女子とかイヤミな男子とか勘違い教師とか、どれもこれも、妙〜〜にリアルなんですよね〜。
ギャグ漫画の笑いの中に、中学生時代に味わった理不尽の数々をうまく描いてくれてるんです。
番子さんは自分より下の世代の方だと思うんですけど、“中学生”って、どの世代でも似たり寄ったりなのかなぁ?と思いました。

登場する中学生たちの中では、ハトちゃんの親友の塚ちゃんが好きかな〜。好きというか、気になる存在。
おっとりしててマイペースで、いい意味で逞しいトコに憧れますわ。
中学生で『淫蕩学校』を読むなんて、タダ者じゃないよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ひねもすハトちゃん〔久世番子〕 Le passe-temps/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる