Le passe-temps

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪いことをして罰があたった子どもたちの話〔エドワード・ゴーリー/絵 ヒレア・ベロック /文〕

<<   作成日時 : 2011/01/02 16:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

あなたもわたしも だれだって なにかしてます 悪いこと―悪いことをした子どもには残酷な運命が待つという訓話をゴーリー風味で味つけした素晴らしくも哀しいものがたり。


タイトルだけ見て購入を決めました。
“悪いコトばっかしている大きな子ども”の自分は読んでてドキドキものでしたが、期待を裏切らない面白さと楽しさ。
ゴーリー氏が人の文章に絵をつけている本を読むのは、これが初めてで良かったと思えるくらいです。

タイトル通り、子どもたちが悲惨な目に合う話の数々なんですけど、悲壮感はまったく無くカラリとしています。
ゴーリー氏の絵が文の魅力をより引き出しているからでしょうか。
訳者のあとがきにもありますが、お話全部にゴーリー氏の絵がついてないのが残念です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
悪いことをして罰があたった子どもたちの話〔エドワード・ゴーリー/絵 ヒレア・ベロック /文〕 Le passe-temps/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる