Le passe-temps

アクセスカウンタ

zoom RSS 図解 牢獄・脱獄 F-Files No.029〔牢獄研究会〕

<<   作成日時 : 2011/07/13 21:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像施設に収容された人はどのような生活を送っているのか?
施設の中はどうなっているのか?
管理しているのはどのような人なのか? 
そして、施設からの脱出は可能なのか?
本書では、海外や国内の著名な牢獄、牢獄がたどってきた歴史、牢獄を利用する刑罰の歴史、現代日本の刑務所事情、さらに、脱獄の代表的な手口や有名な脱獄者まで、牢獄・監獄と呼ばれる施設に関するさまざまな情報を紹介します。



物騒なタイトルに似合わず、本の作りはアッサリしていて、わかりやすく読みやすいものでした。
タイトル通り“図解”してくれていて、夏休みの宿題的なまとめ方をしてあるので、それが物足りなく感じる人もいるかもしれませんが、情報量は多いし、入門書として読むのに充分だと思います。

しかし、“脱獄”なんて、やってはイカン事なのに、なんで、こう魅力的に写るんだろうか?

『図解 牢獄・脱獄』、このタイトルが気になって仕方のない方は買って読んでも損は無いかと。
有名どころの牢獄や映画の元ネタになった脱獄事件などなど、実際の事件とフィクションを混ぜて紹介している章もありますが、興味深いものばかりだと思います。


図解 牢獄・脱獄 F-Files No.029〔牢獄研究会〕
【目次】
第1章 世界の牢獄
No.001 ロンドン塔
No.002 バスティーユ
No.003 シャトー・ディフ
No.004 悪魔島
No.005 サンテ刑務所
No.006 サン・クエンティン州立刑務所
No.007 アルカトラズ島
No.008 網走刑務所
No.009 府中刑務所
No.010 巣鴨プリズン
コラム 刑務所を見学する

第2章 牢獄の基礎知識
No.011 牢獄とは
No.012 古代の牢獄
No.013 中世の牢獄
No.014 近世・近代の牢獄
No.015 現代の牢獄
No.016 近代以前の日本の牢獄
No.017 近代日本の牢獄
No.018 現代日本の刑事施設と矯正施設
No.019 現代日本の施設1 刑務所
No.020 現代日本の施設2 拘置所
No.021 現代日本の施設3 少年刑務所・少年院
No.022 現代日本の施設4 代用監獄
No.023 現代日本の施設5 民間の力を取り入れた刑務所
No.024 世界の強制収容所
No.025 自由刑とは
No.026 日本の自由刑
No.027 受刑者の分類方法
No.028 受刑者数の推移
No.029 脱獄者数の推移
No.030 日本の牢獄に関する法律1
No.031 日本の牢獄に関する法律2
No.032 被収容者の人権
No.033 スタンフォード監獄実験
コラム 昔の刑務所を体感する

第3章 牢獄の立地と構造
No.034 地下牢
No.035 座敷牢
No.036 城塔・城塞を利用した牢獄
No.037 修道院を利用した牢獄
No.038 沿岸の島を利用した牢獄
No.039 孤島を利用した牢獄
No.040 係留された船を利用した牢獄
No.041 航海する船を利用した牢獄
No.042 辺地を利用した牢獄
No.043 世界の流刑
No.044 日本の島流し
No.045 明治以前の国内牢獄建築
No.046 明治時代の国内牢獄建築
No.047 明治時代以降の国内牢獄建築
No.048 牢獄建築の様式
No.049 看守が監視しやすい牢獄とは
No.050 時代による国内牢獄建築建材の変化
No.051 牢獄建築に見られる意匠
No.052 独居房
No.053 雑居房
No.054 面会室
コラム 受刑者の食事の移り変わり

第4章 牢獄での生活
No.055 食事
No.056 入浴・排泄
No.057 運動
No.058 刑務作業
No.059 自由時間
No.060 手紙・電話
No.061 面会
No.062 移送
No.063 私物やお金の保管
No.064 制限の緩和と優遇措置
No.065 仮釈放
No.066 社会復帰
No.067 刑務官
No.068 差し入れ
No.069 恩赦
No.070 超法規的措置
コラム 刑務所で作られた物を買う

第5章 脱獄の手口と対策
No.071 抜け穴を掘る
No.072 格子・錠などを破る
No.073 外へ通じる設備を利用する
No.074 他の人物とすり替わる
No.075 荷物の搬入・搬出などにつけ込む
No.076 自然災害に乗じる
No.077 仮釈放中に姿を消す
No.078 移送中の隙を突く
No.079 騒ぎに乗じる
No.080 外部からの強制奪還
No.081 外部の共犯者に連絡を取る方法はあるか
No.082 監視カメラなどによる脱獄対策
No.083 脱獄に関する罪
コラム 刑務作業にも不況の影響が

第6章 脱獄者たち
No.084 西川寅吉
No.085 白鳥由栄
No.086 ポール・ブリックヒル
No.087 アンリ・シャリエール
No.088 フランク・モリス
No.089 エドモン・ダンテス
No.090 ヴァン・ドゥーゼン教授
No.091 アルセーヌ・ルパン
No.092 怪人二十面相
No.093 ジャービス兄弟
No.094 キク
No.095 橘真一
No.096 ルーク
No.097 アンディ・デュフレーン
No.098 ディエゴ・デラ・ベガ
No.099 マイケル・スコフィールド
No.100 イラン人グループ脱獄事件

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
図解 牢獄・脱獄 F-Files No.029〔牢獄研究会〕 Le passe-temps/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる