Le passe-temps

アクセスカウンタ

zoom RSS 花森安治のデザイン〔暮しの手帖社/編集 花森安治/著〕

<<   作成日時 : 2012/04/09 23:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

雑誌『暮しの手帖』の創刊から30年の間、編集長をつとめた花森安治。
花森安治が手がけた『暮しの手帖』表紙原画103枚を収録、写真表紙のフィルム、レイアウト指定紙、カット、手書き文字、新聞広告版下、年賀状など、をまとめたアートブック。



うっかり立ち読みしてしまったせいで、花森氏のデザインセンスに魅了されてしまい購入しました。
(ちょっと高額なので、買うのは再来月あたりにしようと思ってたので)
「きのうきょう」の挿絵もヘタウマ風な味があって好きですが、美しくかつ温もりのある表紙の原画や、綺麗に作り込まれた装丁のデザインもまた魅力ですね。
(個人的には、『暮しの手帖』表紙原画集を出してほしいと思いました。無論勿論、完全版を)

完成された作品だけで無く、下書きや指定紙・版下も載せられているのが、また嬉しいです。
(ラフの段階でも、完成度の高さがわかる)

新聞広告の版下もアナログの時代を感じますね。
(紙焼きの影が出ないように、わざわざ紙の裏をはがして薄くして張り込んだそうです。すげーわ)
「2世紀22号 1973年2月」の新聞広告の版下に森茉莉の名前を発見。
『*私のコロッケ 森茉莉』という小さな紙焼きが張り込んでありました。

「私のコロッケ」って、なんだろう?
「森茉莉 贅沢貧乏暮らし」に出ていた“さつま揚げの胡麻油の匂いをとって、胡椒してバターで炒める”ものかしら?
バックナンバーを発見できたら、「私のコロッケ」を読んでみたいですな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
花森安治のデザイン〔暮しの手帖社/編集 花森安治/著〕 Le passe-temps/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる