Le passe-temps

アクセスカウンタ

zoom RSS 天野喜孝 乱歩幻影画集

<<   作成日時 : 2012/04/13 23:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像



個人的には乱歩作品の挿画は「江戸川乱歩×多賀 新」が鉄板、と思いこんでいるのですが、天野氏の作品群も妖艶で美しいですな。
(どちらのカバー絵も小説のネタバレをせずに、作品の魅力を伝えようとしているトコロは共通していますな。以前の角川文庫の表紙の絵も好みなんですが、表紙でネタバレぶちかましているトコが少し不満…)


どの絵も美しいし甲乙着け難い魅力に溢れてますが、自分のどストライク!ばっちし好みのカバー絵を厳選すると、

「パノラマ島奇譚」
「孤島の鬼」
「黒蜥蜴」
「人間豹」
「白髪鬼」

こうやって並べてみると、天野氏の言う通り、乱歩先生は漢字の使い方が絶妙ですな。
読了済みの小説ばかりなのに、タイトルを見ているだけでワクワクしてきます。
(乱歩先生は漢字の情報量の多さを巧く使いこなしている作家ですよね)


講談社文庫の乱歩本は天野氏の絵も魅力だし、解説付きなのも好評価ですし、画集を出した勢いで、『江戸川乱歩 推理文庫 全65冊+特別補巻』も復刊すればイイんじゃないかしら?


天野喜孝 乱歩幻影画集
ようこそ、妖艶の迷宮へ―。
「ファイナルファンタジー」のキャラクターデザイン等で全世界に熱狂的なファンを持つ、イラストレー ション界の鬼才、天野喜孝。
彼が80年代、「江戸川乱歩推理文庫」(講談社刊)のために描き下ろした全65点におよぶ表紙絵に加え、未発表イラスト、ラフ等を一挙収録。
天野喜孝最新 インタビューも掲載。
カバーイラストは最新描き下ろし、妖艶・華麗なイラストを迫力の大型誌面で楽しめる、永久保存版・豪華画集。

【収録作品】
「二銭銅貨」
「屋根裏の散歩者」
「湖畔亭事件」
「パノラマ島奇談」
「陰獣」
「虫」
「孤島の鬼」
「蜘蛛男」
「猟奇の果」
「魔術師」
「怪人二十面相/少年探偵団」
「妖怪博士/青銅の魔人」
ほか

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
天野喜孝 乱歩幻影画集 Le passe-temps/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる