Le passe-temps

アクセスカウンタ

zoom RSS ミュシャ展【国立新美術館】

<<   作成日時 : 2017/05/01 18:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

ミュシャの《スラヴ叙事詩》をチェコ国外では世界初、全20点を日本公開とのことで、この展覧会の情報を知った時から楽しみにしていました。

大混雑は覚悟していましたので、開場時間より早くに着くように家を出ました。
実際には開場の35分前の到着になってしまい、乃木坂方面の入場口には既に30人ほど並んでいました。

しかし、“早起きは三文の得”じゃないですが、10時開場のところを30分早めて「9時30分」から入場させてくれました。
(ホント、早く行って良かった。しかし、こんな事なら1時間早く行けばよかった、と少し後悔…)
先頭にいる係員の方の誘導にしたがい、2階の展覧会会場へ。

展示室は広々としていて、開場したばかりだったので、作品をじっくりと鑑賞できました。

作品の巨大さと美しさに圧倒され、引き込まれるように見入ってました。
写真撮影が許可されている展示室もあり、そこではまず絵を観てから、iPhoneで撮影しました。
その場を離れがたく、《スラヴ叙事詩》の展示室には何回か入室し直しておりました。

しかし、展示室内にはどんどん人が増えていったので、物販コーナーへ移動。
公式図録も書店で買う予定にしていたのですが、感動のあまり物販コーナーで勢いで購入してしまいました。
有り難い価格設定で、読み応えも抜群。
(印刷の精度がもう少し良ければ…と思いましたが、そこはもう……仕方ないですな)


“絶対、間違いない! 素晴らしい展覧会に決まってる!”
と、観る前から確信していましたが、本当に良かったです。

“会期中、もう一度見たい!”
と、思いました。
(リピーターはかなり多い筈…)

5月4日には、NHKのミュシャ特集が再放送されるとのことで、今回の『ミュシャ展』の反響の大きさがうかがえます。

図録購入後、展示室の外を出てみると、入口前はすでに長蛇の列!
チケット売場にも列ができていました。

そして、乃木坂の地下鉄構内にもチケット売場が出ておりました。
(もっと早く出せよ!と、思いましたが、多分GW中だけかもしれません)
フライヤーをもらい損ねたので、その売場でいただきました。

下の画像は撮影してきた作品でございます。
(自分の写真では、絵の凄さが伝わりにくいかもしれませんが)
まさか、撮影が許されるとは思っていなかったので、記念にと思い撮りました。
実作品を撮影できるなんて、そう経験できませんから。
画像

画像

画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミュシャ展【国立新美術館】 Le passe-temps/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる