Le passe-temps

アクセスカウンタ

zoom RSS ショーシャンクの空に〔1994〕

<<   作成日時 : 2017/05/02 18:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

ショーシャンク刑務所に、若き銀行の副頭取だったアンディ・デュフレーンが、妻と間男を殺害した罪で入所してきた。
最初は刑務所の「しきたり」にも逆らい孤立していたアンディだったが、刑務所内の古株で“調達係”のレッドは彼に他の受刑者達とは違う何かを感じていた。
そんなアンディが入所した2年後のあるとき、アンディは監視役のハドレー主任が抱えていた遺産相続問題を解決する事の報酬として、受刑者仲間たちへのビールを獲得する。この一件を機に、アンディは刑務所職員からも受刑者仲間からも、一目置かれる存在になっていく。



本日、午前十時の映画祭で鑑賞してきました。
映画館で観るのが初めてなので、観られて良かったです。

今さら、語るまでもない名作。

そして、今さら言うのもなんですが、公開当時、ティム・ロビンスは36歳だったんですね。
20代後半くらいだと思いこんでました。
でも、主人公は銀行の副頭取って設定だから、20代ってコトはないですよね。
何で20代と思いこんでいたのか?
ティム・ロビンスが童顔だから?
(最近らしき画像をネットで見ましたが、あんまし変わってないですね)

話は変わります。
本日のTOHOシネマズ日本橋はGW中とはいえ、平日なのに劇場内は満席でした。
(一週間上映というのが、納得いかない……)
観客の年齢層は様々でしたが、日本橋という土地柄か高齢の方が多かったように思いましたが、これもまた土地柄なのか、皆さん、咳払いの一つもなく静かに鑑賞されてました。
(ここ最近、映画鑑賞で落ち着かない思いをしているコトがあったもので)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ショーシャンクの空に〔1994〕 Le passe-temps/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる