Le passe-temps

アクセスカウンタ

zoom RSS ゆれる人魚 原題:CORKI DANCINGU 英題:The Lure 〔2015〕

<<   作成日時 : 2018/02/24 10:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

肉食人魚の姉は人間界の男に恋をしてしまい、妹は人間界の男は、あくまでも捕食の対象としてしか見ていない。
この肉食人魚姉妹の運命やいかに…。


映画『ゆれる人魚』は、アンデルセン童話「人魚姫」をアレンジした肉食人魚姉妹のホラー・ミュージカルです。
でも、それほどミュージカル♪ミュージカル♪してないです。歌は良かったですが。

人魚といえばデンマークですが、この『ゆれる人魚』はポーランド映画です。
全くわからないポーランド語の歌や台詞が自分には心地良く聞こえ、映画の持つ暗い幻想感がより増して魅力的に感じました。
(ポーランド語がわかる人は全く違うのでしょうが)
       
ざっくりと、映画のあらすじをご紹介します。
アメリカへ向かっていた肉食人魚姉妹がワルシャワの海辺でナイトクラブのバンドマン達が演奏だか練習しているトコに興味を持ちます。
姉妹は人魚ならではの美声で彼らを誘惑し、岸へ上がります。
肉食人魚姉妹は姉妹デュオとしてナイトクラブであっという間に人気者になり、綺麗な服を着たり、お酒や煙草を嗜んだりと、人間界で得る初めての経験を楽しんでいます。
しかし、人魚姉が見た目だけが取り柄のイケメン・ベース野郎と恋愛関係になってしまいます。
(ここで“イケメン”って言葉使ってますが、ナイスガイや良い男と同じ意味で使ってないです。この“イケメン”って言葉!大っ嫌いなのです!)
仲の良かったはずの肉食人魚姉妹の間はギクシャクし始め、人間の男はエサとしか思っていない人魚妹は、人魚姉にヤキモキさせられます。
人魚姉は妹の心配をよそに、見た目だけのヘタレ野郎のために、人間の足を手に入れるための大手術をします。
薬をくれる魔法使いは、姉の前にはいなかったからです。
人間の足を手に入れた人魚姉は声を失いナイトクラブで歌うこともできなくなり、しかも、案の定、ヘタレ野郎は人間の女性に心変わりし、その女性と結婚することに……。
(それが人魚姉より美人ってトコが、また泣けてきます)
結婚式の翌朝までにヘタレ野郎を喰わなければ、人魚姉は海の泡となってしまいます。
人魚妹は姉に「夜明け前に喰ってしまえ」と決断を迫ります。
自分の恋心と妹への思いの間で揺れ動く人魚姉。
人魚姉が選択したのはどちらなのか…。
   
       
映画を観るから、攻撃的な人魚妹派なので人魚姉のウブなお人好しぶりにイライラさせられましたが、初めての恋に揺れる姉のいじらしさに不覚にも泣けてしまいました。
(ホント、不覚を取られました。ぐやじー!)
念のため説明を。人魚妹は日本版のフライヤーに出ている黒髪の人魚の方です。(下の画像です)
十代の時の栗山千明様を彷彿とさせるし、高橋留美子先生の「人魚シリーズ」の真魚さんをイメージさせてくれるトコが自分にはどストライクでした。
         
映画『ゆれる人魚』の内容をザックリ知った時、
“ワァオ♪肉食人魚姉妹だなんて、高橋葉介先生の漫画に出てきそうな話〜♪”と思いました。
(もちろん上記の「人魚シリーズ」もイメージしましたよん)
そして、これは自分が観ておかねばなるまい映画の一つだろうと思いました。
しかしー。
期待し過ぎたのか、自分には少し物足りなかったです。
内容は女性客が見やすいホラーファンタジー映画で、R-15とありましたが、それほどグロくもなかったです。
(多分、高橋葉介先生の漫画の方がもっとグロテスクで、内容に深みがあるかも)
先に観た『バグダッド・カフェ』が“美味しい珈琲”とイメージするならば、こちらの『ゆれる人魚』は“色は綺麗で口当たりは甘いけど、ドギヅくて強いカクテル”と、勝手にイメージしていたのもあります。
“もっと強くて足腰に来るカクテルだと思っていたのに、拍子抜け〜”みたいな。
     
ただ、“人魚”の表現方法をは凄くいいと思いました。
お世辞にも綺麗とは言いにくいデロッと長い魚の尾びれといい、人間の姿の時は生殖器が消滅しているとか、今までありそうでなかった人魚のビジュアルを映像化していたと思います。
特に人間を襲った時も肝臓をガツガツ喰らっている姿なんて、最高に良かったです。
“人魚をロマンチックに表現していないところがイイ”と、好感を持ちました。
   
    
なんだかんだとダラダラ書いてしまいましたが、映画として楽しめました。
人魚の歌声に誘われて新宿の荒海に乗り込んだ甲斐がありましたね。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゆれる人魚 原題:CORKI DANCINGU 英題:The Lure 〔2015〕 Le passe-temps/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる