Le passe-temps

アクセスカウンタ

zoom RSS ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男〔2017〕

<<   作成日時 : 2018/04/14 17:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


第2次世界大戦勃発後、ナチスドイツの勢いはとどまることを知らず、フランスの陥落も近いとうわさされる中、英国にもドイツ軍侵攻の危機が迫っていた。
ダンケルクで連合軍が苦戦を強いられている最中に、英国首相に着任したばかりのウィンストン・チャーチルがヨーロッパの命運を握ることになる。彼はヒトラーとの和平か徹底抗戦かという難問を突き付けられ……



日本版タイトルのヤボな副タイトルを補ってあまりある、予想以上に良い映画でした。
ミス・レイトンの兄を思うシーンと、最後のチャーチル首相のスピーチのシーンで涙が溢れました。


映像も綺麗で気品があるし、話の展開もわかりやすくてスピーディー。
睡眠不足気味で映画に臨んだのに、全く眠気に襲われず、最後までスクリーンから目を離せませんでした。

チャーチル首相を演じたゲイリー・オールドマンは言わずもがな、なのですが、やはり言いたい。
凄かったです。
実際のチャーチル首相が喋って動いているかように思わされました。
ゲイリー・オールドマンの演技を観られただけでも、大満足と思えた映画でした。

ペンタゴンよりも先に観れば良かったと、心底思いましたよ。

そう。
この映画が興行成績ランキングに入っていないのが、全く納得できません。
ランキングに入ったペンタゴンより、よっぽど良い映画だと思うのですが。
(取っつきにくいお堅い政治もの映画って思われてるのかな?)
しかし、世の中は広いというか、FBのフォロワーさんには“チャーチルはダメだったけど、ペンタゴンは気に入った”という方もいて、“へ〜〜”と、思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男〔2017〕 Le passe-temps/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる