アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「漫画」のブログ記事

みんなの「漫画」ブログ

タイトル 日 時
ありがとう、うちを見つけてくれて 「この世界の片隅に」公式ファンブック
ありがとう、うちを見つけてくれて 「この世界の片隅に」公式ファンブック このファンブックに関しても、言いたいことがあり過ぎてあり過ぎて、まとまりません! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/16 15:12
この世界の片隅に〔2016〕
この世界の片隅に〔2016〕 行って来ました。テアトル新宿さんに。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/15 19:20
進撃の巨人〈23〉〔諫山創〕
進撃の巨人〈23〉〔諫山創〕 読み始めた時、『進撃の巨人』のスピンオフの単行本と間違えて購入したのかと、焦りました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/13 12:13
きたーーーーーーーっっっっっ!!!!!
きたーーーーーーーっっっっっ!!!!! すずさんからのお葉書。 8月3日に到着しておりました。 (なかなか来ないから、記入ミスしたんかと焦ったわ〜!) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/05 13:59
この世界の片隅に〔2016〕
この世界の片隅に〔2016〕 先日、久々に行って来ました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/16 14:53
健康で文化的な最低限度の生活〈5〉〔柏木ハルコ〕
健康で文化的な最低限度の生活〈5〉〔柏木ハルコ〕 生活保護に関わるケースワーカーとして働く新卒公務員・義経えみる。 新卒1年目として、生活に困窮する人々への支援に奮闘中! 夫のDVから逃れるために、息子の元へ上京してきた75歳女性・林さんの担当となったえみるだが、制度の壁が立ちはだかる… 林さんの願う“ささやかな幸せ”を、えみるは叶えられることができるのか。 そして雑誌掲載にて反響を呼んだ生活保護の意味とは何かを問う、新章「アルコール依存症編」、ついに始動! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/08 16:40
こうの史代『この世界の片隅に』原画展【タワーレコード渋谷店 8F SpaceHACHIKAI】
こうの史代『この世界の片隅に』原画展【タワーレコード渋谷店 8F SpaceHACHIKAI】 先日の金曜日、また行ってきました。 初日にはまだなかった図録とクリアファイルも買えましたし、初日の時より冷静に原画を見ることができたました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/28 18:37
無限の住人〔2017〕
無限の住人〔2017〕 なかなか見応えのある「チャンバラ映画」でした。 主人公演じる木村の殺陣が巧いのかどうか判断はつきかねますが、動きが凄く速かったし、時代劇経験もあるので、刀の扱いも“場数を踏んでいる”ように見えたのが良かったです。。 (まぁ、冒頭とクライマックスのチャンバラシーンに関しては、編集の妙って〜のもあるのかなぁ) 何故ゆえに、あちこちでクソミソなレビューが上がるのかが謎です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/20 17:51
こうの史代『この世界の片隅に』原画展【タワーレコード渋谷店 8F SpaceHACHIKAI】
こうの史代『この世界の片隅に』原画展【タワーレコード渋谷店 8F SpaceHACHIKAI】 本日、初日に行って来ました! 『この世界の片隅に』に関わる原画だけでなく、こうの先生の仕事道具や取材ノートや資料用の写真なども展示されていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/13 18:00
蠅の王「原題:Lord of the Flies」〔1963〕
蠅の王「原題:Lord of the Flies」〔1963〕 時代は核戦争が起こる近未来。 陸軍幼年学校の生徒たちを乗せた飛行機が墜落した。 とりあえず一命を取り留めた24人の少年たちは、近くの無人島へ漂着する。 しかし彼らは、世間から隔絶されたこの島で、己の内に秘めた野性に目覚め、やがて理性と秩序を失ってゆく…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/06 18:48
トミノの地獄3〔丸尾末広〕
トミノの地獄3〔丸尾末広〕 日本漫画界が誇る魔神、丸尾末広、キャリア最大の長篇作、世界待望の第3巻。 悲運の双子、トミノとカタン、ふたりを巡る因果の糸が今、激しく震える。 クライマックスへ向かう渾身のロマネスク復讐譚、急展開! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/28 22:25
進撃の巨人〈22〉〔諫山創〕
進撃の巨人〈22〉〔諫山創〕 ライナー、ベルトルト、「獣の巨人」との戦いの末、多大な犠牲を払いながらもエレンの生家へ辿り着いた調査兵団。 その地下室にて、彼らはグリシャが残した3冊の本を手にする。その本に記されていたのは、グリシャの幼き日の記憶。 そして、およそ1800年前、一人の少女が巨人の力を手にしたことから始まる二つの民族の暗黒の歴史。 明かされたグリシャの過去と突きつけられた世界の真実を前に、エレンら調査兵団の進む道は…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/15 17:36
この世界の片隅に〔2016〕
この世界の片隅に〔2016〕 『この世界の片隅に』観てきました!4回目! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/26 10:58
超絶入魂!時代劇画の神 平田弘史に刮目せよ!【弥生美術館】
超絶入魂!時代劇画の神 平田弘史に刮目せよ!【弥生美術館】 時代劇画界の最高峰に君臨する平田弘史の生誕80年と画業60年を記念した、初の本格的展覧会。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/13 18:36
おめでとうございます!
【第40回日本アカデミー賞】最優秀賞アニメ賞は「この世界の片隅に」 片渕監督「諦めなくてよかった」 ttp://eiga.com/news/20170303/32/ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/04 16:25
アスタロト・クロニクル 1〔魔夜峰央〕
アスタロト・クロニクル 1〔魔夜峰央〕 買って良かった『アスタロト・クロニクル 1』! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/25 17:08
奇跡の人 The Miracle Worker〔1962〕
奇跡の人 The Miracle Worker〔1962〕 言わずと知れた名作。 本日、午前十時の映画祭にて鑑賞してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/02 17:20
この世界の片隅に〔2016〕
この世界の片隅に〔2016〕 入場者特典のポストカードが欲しかったのと、1月中にまた観ておきたいと思い、テアトル新宿まで出かけました。 開場が9時なのに20分前には入口前に列ができており、劇場内は満席で“今日が初日なのか?”と思うほどでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/29 12:45
この世界の片隅に〔2016〕
この世界の片隅に〔2016〕 2016年最後を飾るに相応しい映画。 (今年は公私共にろくでもない1年だったので、せめて映画だけは綺麗な作品で占めたいと) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/29 18:56
舞台パタリロ!【紀伊国屋ホール】
舞台パタリロ!【紀伊国屋ホール】 12月23日に観てきました!『舞台パタリロ!』 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/25 14:27
進撃の巨人〈21〉〔諫山創〕
進撃の巨人〈21〉〔諫山創〕 過熱する、調査兵団とライナー、ベルトルト、「獣の巨人」の戦い。 作戦は通用せず、調査兵団は苦境に立たされる。 そんな中、エルヴィンとアルミンは自らの命を懸け、リヴァイとエレンに敵を討たせることを決意。犠牲と引き換えに、残った者達が手にするものは……!? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/18 13:21
パタリロ!第97巻〔魔夜峰央〕
パタリロ!第97巻〔魔夜峰央〕 内容については、もう何も言うまい。 100巻まで頑張ってください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/11 13:49
山岸凉子展『光 ーてらすー』 ーメタモルフォーゼの世界ー【弥生美術館】
山岸凉子展『光 ーてらすー』 ーメタモルフォーゼの世界ー【弥生美術館】 山岸先生の初の本格的な展覧会! (初というのが信じられない!) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/10 18:32
ギャラリーフェイク33〔細野不二彦〕
ギャラリーフェイク33〔細野不二彦〕 最終巻から11年も経ったとは思えぬレベルの高さ! 33巻全部面白かったです! さすが、細野不二彦先生! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/03 17:29
ユリイカ 2016年11月号〔特集*こうの史代〕
ユリイカ 2016年11月号〔特集*こうの史代〕 もうとっくに出ているものだと、思い込んでおりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/16 14:08
この世界の片隅に〔2016〕
この世界の片隅に〔2016〕 本日初日、池袋HUMAXにて鑑賞いたしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/12 17:02
健康で文化的な最低限度の生活〈4〉〔柏木ハルコ〕
健康で文化的な最低限度の生活〈4〉〔柏木ハルコ〕 家族とは何か?大反響【扶養照会編】収録! 福祉事務所に配属された新人公務員・義経えみるは、【生活保護】に関わるケースワーカーとして日々、奮闘中。 現在、住所不定でうつ病を患っているという26歳の男性・島岡光さんの担当となったえみる。 生活保護の受給のための調査を進めるえみるだが、申請の際に行われる、親族に援助可能かを確認する【扶養照会】を頑なに拒む島岡さん。 しかし父親が医師で高収入と分かり、上司からの指示で父親にえみるが連絡をとったことから、事態は急変し…島岡さんと父親との“... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/22 15:37
進撃の巨人〈20〉〔諫山創〕
進撃の巨人〈20〉〔諫山創〕 エレンの生家の地下室に眠る「真実」を手に入れるため、ウォール・マリア奪還最終作戦を決行した調査兵団。 しかし、その行く手にはライナー、ベルトルト、そして「獣の巨人」らが待ち構えていた。絶望的な戦況。 情報、戦力、作戦。何もかもが、足りない。多くの犠牲を出す最中、作戦を指揮するエルヴィンが下した決断とは――?  かつての仲間達との戦いに勝利し、エレン達は「真実」を手にすることができるのか! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/03 08:31
タマネギが〜〜〜(笑)
タマネギが〜〜〜(笑) 加藤さんの殿下も凄いけど、バンコランの再現度も凄いと思いました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/28 16:29
チケットが取れるのかどうか…
チケットが取れるのかどうか… 舞台「パタリロ!」殿下は加藤諒!マライヒとバンコランは佐奈宏紀&青木玄徳 ttp://natalie.mu/comic/news/195423 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/24 13:49
日の鳥 2〔こうの史代〕
日の鳥 2〔こうの史代〕 こうの史代氏がイラストと詩で東日本の姿を描くヒット作の第2弾。 突然いなくなった妻を探して旅に出た雄鶏。彼女の想い出と東日本大震災後の各地の姿を重ねながら旅は続く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/10 13:44
大人の少女マンガ手帖 オカルト・怪奇ロマン〔『このマンガがすごい!』編集部〕
大人の少女マンガ手帖 オカルト・怪奇ロマン〔『このマンガがすごい!』編集部〕 こんな本を待っていた……!!!!! 昭和の香りに浸りつつ、楽しく読んでおります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/09 09:31
DEADPOOL〔2016〕
DEADPOOL〔2016〕 あー♪楽しかった♪ “俺ちゃん”の悪ノリと暴れっぷりとエグさを堪能いたしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/04 21:27
えーーーっっっっっ!!!!!
パタリロ!」の舞台化決定!脚本は池田鉄洋、演出は小林顕作 ttp://natalie.mu/comic/news/192230 ビックリしたわ〜〜〜〜〜!!!!!!! 今、気がついた! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/25 14:04
トミノの地獄2〔丸尾末広〕
トミノの地獄2〔丸尾末広〕 トミノとカタン、悲運の双子を巡るロマネスク復讐譚の行方は…。 そのキャリア最大の長篇となる稀代の問題作、幻想と妄想とあまりに汚れた美しさが交錯する、世界切望の第2巻。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/18 16:04
HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス〔2016〕
HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス〔2016〕 あ〜♪面白かった♪ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/28 16:35
健康で文化的な最低限度の生活〈3〉〔柏木ハルコ〕
健康で文化的な最低限度の生活〈3〉〔柏木ハルコ〕 新人ケースワーカーが生活保護に向き合う! 福祉事務所に配属された新人公務員・義経えみるは、ケースワーカーという、【生活保護】に関わる仕事に就くことに。 そこでえみるは、生活に困窮している人々を支援することの難しさに直面。 悩みながらも、「ちゃんと人の相談に乗れる人間になりたい」と感じ、日々奮闘している。 そんな中、日下部さんという4人世帯の担当となったえみるだっだが、なんとそこで、高校生の欣也君が母に内緒でアルバイトをしていることが発覚。 アルバイトの収入申告がなされていなか... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/14 16:39
HK/変態仮面〔2013〕
HK/変態仮面〔2013〕 7日深夜にTOKYO MX2で放送された『HK/変態仮面』を鑑賞しておりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/08 18:50
進撃の巨人〈19〉〔諫山創〕
進撃の巨人〈19〉〔諫山創〕 巨人に対する真の勝利を獲得すべく、調査兵団はウォール・マリア奪還最終作戦を決行する。 作戦の内容はウォール・マリアのシガンシナ区に空いた穴を、エレンの硬質化能力によって塞ぐというもの。 そして、ウォール・マリア内にあるエレンの生家の地下室に眠る「真実」を目指す。 だが、そこには「獣の巨人」たちが待ち構えていた。 巨人と調査兵団。最終決戦が、いま始まる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/17 14:13
翔んで埼玉〔魔夜峰央〕
翔んで埼玉〔魔夜峰央〕 徹底した“埼玉ディス”漫画として、巷で話題騒然となり、復刊されたミーちゃんの未完の名作『翔んで埼玉』 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/03 13:55
永野のりこ ここで個展 《あなたのいた惑星(ほし)》
永野のりこ ここで個展 《あなたのいた惑星(ほし)》 漫画家・永野のりこ先生の初個展。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/27 14:06
百姓貴族〈4〉〔荒川弘〕
百姓貴族〈4〉〔荒川弘〕 今巻も、農家の結婚式や農閑期の過ごし方、バター騒動や、もしも開拓農民として火星に移住したら!?など、農家あるあるネタ満載!! さらに親父殿の内臓が破裂していたり、スズメバチに刺されたり、 腸閉塞を起こしたり、それでも不死鳥のように蘇る素晴らしき伝説炸裂!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/28 18:23
進撃の巨人〈18〉〔諫山創〕
進撃の巨人〈18〉〔諫山創〕 王政を打倒し、旧体制派を一掃した調査兵団。新たに手に入れた光る鉱石とエレンの硬質化能力によりウォール・マリア奪還作戦への準備を着々と進める。 一方、ライナーとベルトルトは獣の巨人と共に迎撃態勢を整え……!! そして決戦前夜、シャーディスが語るエレンの父・グリシャとの出逢い、そして「845年のあの日」の真実とは!? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/12 10:45
謹んで哀悼の意を表します。
謹んで哀悼の意を表します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/30 18:47
あたしンち【21巻】
あたしンち【21巻】 21巻も楽しかったです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/06 07:25
原作の絵のとおりだ〜〜♪♪♪
原作の絵のとおりだ〜〜♪♪♪ 劇場アニメ「この世界の片隅に」特報、戦時下で日常を大切にするすずの姿 ttp://natalie.mu/comic/news/156212 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/01 23:04
諸星大二郎『妖怪ハンター』異界への旅
諸星大二郎『妖怪ハンター』異界への旅 今日やっと読みました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/30 18:45
進撃の巨人〈17〉〔諫山創〕
進撃の巨人〈17〉〔諫山創〕 真の王・レイス家が代々継承する巨人の力は、グリシャによりエレンに渡った。 ヒストリアは父であるロッド・レイスにエレン殺害を命じられるが、最後は自分の道を選ぶ。 そして怒りのままに最大の巨人と化したロッド・レイスが、エレンらに襲い掛かり……!  オルブド区外壁にて人類の命運を懸けた一戦が勃発!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/15 11:50
るきさん 新装版〔高野文子〕
るきさん 新装版〔高野文子〕 文庫で持っているのに買ってしまいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/30 17:53
健康で文化的な最低限度の生活〔柏木ハルコ〕
健康で文化的な最低限度の生活〔柏木ハルコ〕 巷でかなりの高!好!評価の漫画のようで、2巻まとめて購入してしまいました。 タイトルでわかる通り、今や社会問題と言っていい難題「生活保護」について取り組んでいる作品です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/05 14:40
大型巨人パック発売してほしいなぁ…
ワタクシの女子力UPの参考書として《大ウソ》夫が購入しました《大ホント》 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/25 16:39
進撃の巨人〈16〉〔諫山創〕
中央憲兵により汚名を着せられた調査兵団だったが、全兵団の協力を得て王政打倒に成功する。 残すは真の王家としてヒストリアを女王に即位させるのみ。 リヴァイらは、さらわれたヒストリアとエレンの居場所をつかむが……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/10 16:53
あもくん〔諸星大二郎〕
息子の守は、幼い従姉妹に「あもくん」と呼ばれている。キャンプに来たものの、乗り気でない私と守は二人で森を散策した。日が暮れ、疲れた守を背負ってキャンプ場に戻ると……。 家族の日常に潜む異界を描く! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/29 14:19
神は細部に宿るのよ〈4〉〔久世番子〕
服を愛し、服に翻弄されるすべての人へ――。待望の4巻ついに発売!! おしゃれの川下住人・番子さんによる、あるある満載! 共感度120%コミックエッセイ。 デニムの洗濯問題、“一生モノ”の本当の意味、子どものころのお気に入り服etc.被服の細部をピックアップ☆ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/15 14:10
神は細部に宿るのよ〈3〉〔久世番子〕
服おろしのタイミング、被服禁漁区、冬のミルフィーユ現象、黒タートルの皮膚化、観賞用被服、洗濯のタイミング……。 番子さんが普段何気なく見過ごしている、被服の細部をピックアップ! 大共感間違いなしの非おしゃれ系コミックエッセイ、ついに3巻登場! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/15 13:49
跡地も本屋さんならイイのですが…
今更ですが、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/14 18:52
MASTERキートン Reマスター
作『MASTERキートン』から20年後の平賀=キートン・太一を主人公とした続編。 『ビッグコミックオリジナル』2012年7号(3月19日発売)から2014年17号(8月20日発売)まで不定期連載。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/27 15:14
トミノの地獄1〔丸尾末広〕
日本漫画界が世界に誇る魔神・丸尾末広、最新にして最大の復讐譚が幕を上げる! 「アルチュール・ランボーのような誇りと激しさを秘めて、丸尾末広は、自らの魂の廃墟の上に立っている」 フランス・コミック界の巨匠・メビウスが生前、羨望とともに絶賛した、漫画界の魔神・丸尾末広。 世界が待望するその最新作は、キャリア初となる巻数を配した最大の長編作として構想された。 宿命の双子が経験する地獄巡り、ロマネスク怪奇幻想復讐劇、今ついに瞠目の開幕。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/04 17:56
パタリロ!第93巻〔魔夜峰央〕
タマネギ達のチンタラした仕事ぶりにご立腹のパタリロ。やる気低下の原因は5月病にあると考え独自の解決策を編み出すが、思わぬ大問題に発展して…? 「5月病の原因は」「キとクとケ」「サイクルちがい」など、全6話を収録。パタリロ&タマネギのドタバタな日常が満載の第93巻!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/04 15:17
あたしンち【20巻】
単行本オビの“あと一巻で終わり”の文字を店頭で見た時の衝撃がデカく、普通に楽しめるのか不安でしたが、普通に楽しめました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/03 16:48
BRUTUS 2014年12月1日号
この表紙絵のためだけに『BRUTUS』を購入しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/03 16:36
進撃の巨人〈15〉〔諫山創〕
中央憲兵への取り調べにより、レイス家が本物の王家であることが判明。 調査兵団は王政を打倒しクリスタ(ヒストリア・レイス)を女王に即位させようと動くが、中央憲兵の「対人制圧部隊」によりクリスタとエレンを奪われてしまう! エルヴィンも捕らえられ、解体寸前の調査兵団。起死回生の一手は果たして‥‥!? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/03 16:21
ダ・ヴィンチ 2014年12月号
進撃のコラボ企画には(買ってもいないのに)腹一杯どころか胸焼け気味なのに、やはり原作絵は別格。 表紙のエレンにノックアウトされ、速攻で購入しました。 (自分は原作のこれからの展開と、アニメの作品本体にしか興味ないので、コラボにはウンザリ…) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/15 18:09
進撃の巨人〈14〉〔諫山創〕
王の命を受けた中央憲兵により、身柄を狙われるエレンとクリスタ。 暴走する王に対し、調査兵団はついに王政打倒を決意する…!! だが、調査兵団に対する最強の刺客、「対人制圧部隊」の魔手がその目前に迫っていた!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/10 22:03
新宿の某書店でもらってきたフライヤーです
見た瞬間、 “マジかよ!ついに…!”と、思ってしまいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/13 13:17
手塚治虫 増補新版【地上最大の漫画家】KAWADE夢ムック
増補新版ではありますが、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/29 15:19
パタリロ!第92巻〔魔夜峰央〕
作画がアレなのと話のマンネリ化がどうも気になりました。 (密林のレビューにもありましたな。どれもこれも同感でした) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/25 15:22
あのとき、この本〔「この絵本が好き!」編集部/編集 こうの史代/イラスト〕
こどものころ、どんな絵本を読んできましたか? ぼろぼろになるまで、くりかえし読んだ一冊はありますか? いつもいつも、そばにいてくれた一冊はありますか? 71人の絵本が大好きな先輩たちと、ときこちゃんと本さんが、とっておきの絵本をご紹介します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/24 11:33
日の鳥〔こうの史代〕
異才が描く東日本の風景――。 突然いなくなった妻を探して旅に出た雄鶏。 妻との想い出と東日本大震災の後の東北の景色を重ね合わせながら、いまを生きる。 読者に語りかけ、そっと心に寄り添う一冊です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/08 19:50
天才たちの競演〈2〉
ビッグコミック創刊45周年に本誌に掲載された読み切りのオムニバス集第2弾。 高橋留美子、水木しげる、細野不二彦、安倍夜郎、太田垣康男、星野之宣、なかいま強のコミック界の頂点を極める珠玉の読み切り作品がオムニバスで読める豪華な一冊。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/06 15:44
進撃の巨人〈13〉〔諫山創〕
エレン、ユミルを「故郷」に連れ帰ろうとするライナーとベルトルト。調査兵団は決死の突撃によりエレンを奪還する。だがその代償は大きく、さらにユミルがライナーらの元に残る決断をし…。 しかも、エレンとクリスタを巡り事態は急転。調査兵団は「内」と「外」と2つの脅威に対峙する! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/06 11:45
ケサラン・パサラン〔山岸凉子〕
イラストレーター兼エッセイストの星由良子は、突然最寄り駅近くに家を建てることを決意する。 美大に通いながら由良子のアシスタント兼秘書をしている姪の紫苑はその無謀な決断を危惧するが……。 自宅建築にまつわる新感覚コミック! ――これから家を建てようとしている方は決して読まないでください! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/21 09:15
天才たちの競演〈1〉
七人の天才漫画家の豪華な競演。 ビッグコミック創刊45周年に本誌に掲載された巨弾読み切りのアンソロジー第1弾。 浦沢直樹氏、萩尾望都氏、能條純一氏、伊藤潤二氏、北見けんいち氏、諸星大二郎氏、原秀則氏の渾身の読み切りがオムニバスで読める豪華な一冊。 先生達のビッグコミックへの愛情がひしひしと伝わってくる青年漫画の究極ともいうべき読み応えのある一冊です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/19 08:13
夢見村にて 妖怪ハンター 稗田の生徒たち〈1〉〔諸星大二郎〕
稗田の生徒たちと共に常世を超えた世界へ──。 ウルトラジャンプに掲載された2シリーズを収録! 夢を信奉し、吉夢を売買する奇妙な風習が残る夢見村を民俗学の調査で訪れた薫は死者と夢を交換することに? 表題作「夢見村にて」に加え、大島と渚の2人が小さな集落に伝わる海女漁の闇を目撃する「悪魚の海」を収録! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/16 13:48
期待しております!
「この世界の片隅に」劇場アニメ制作中、監督は片渕須直 ttp://natalie.mu/comic/news/111925 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/16 09:28
おめでとうございます!
諸星大二郎が芸術選奨を受賞、成果は「瓜子姫の夜〜」 ttp://natalie.mu/comic/news/111975 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/16 09:16
百姓貴族〈3〉〔荒川弘〕
マンガ家になる前は北海道で七年間、農業に従事していたマンガ家・荒川弘。 「働かざるもの食うべからず」&「俺にできる事はおまえにもできる」の家訓のもと、 牛も畑もマンガも全力投球! 今巻も、農家の嫁、牛舎や牧草のこと、収穫祭などたっぷりの農家エピソードに加え、 マンガ家デビュー前、どのようにしてハードな家業とマンガ執筆を両立していたか、 その秘訣がついに明かされる……! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/02 13:47
丸尾末広の新作長編がビームで開幕
期待大! オリジナルの長編は久々のように思います。 楽しみが増えて嬉しいですな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/15 17:41
山岸凉子先生がモーニング初登場!
山岸凉子がモーニング初登場!前中後編を3号連続で掲載 atalie.mu/comic/news/105555 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/15 16:11
進撃の巨人〈12〉〔諫山 創〕
超大型巨人と鎧の巨人の正体が発覚。エレンとユミルは、彼らに連れ去られてしまう。 二人を奪還すべく調査兵団が動き始めるが、エレンとユミルの間に亀裂が走り……!! かつて苦楽を共にした104期の仲間達が、敵味方にわかれて戦うことに! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/15 11:50
瓜子姫の夜・シンデレラの朝〔諸星大二郎〕
古今東西の童話や民話を諸星流にアレンジした、魅惑的なブラック・メルヘン!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/08 14:32
パタリロ!第91巻〔魔夜峰央〕
バ、バンコランは…????? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/24 13:39
あたしンち【19巻】
爆笑!って程の話は無かったけど、読んでて安らぎますね。 寒くなり始めてくる時期に発行されるのが有り難い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/22 22:30
諸星大二郎原画展
先日、観てきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/17 14:30
夢幻紳士 新・怪奇篇〔高橋葉介〕
著者の代表作中の代表作、夢幻魔実也の〈夢幻紳士〉シリーズ、新たなる怪奇夜話。 蝉(せみ)は鳴き、猫ビルは佇む。人形(ロボット)は恋し、髪長姫(ラプンツェル)は閉じ籠る。首は飛び、男と女はぐるぐる追いかけ回り、少女たちは隠れんぼをする。鴉(からす)はあるものをくわえ、夜の悪魔は淫らに振る舞い、男は蟲(むし)に変身し、妻は夢遊病になってしまう。 夢幻紳士があなたを複雑怪奇なストーリーへご案内します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/27 10:51
進撃の巨人〈11〉〔諫山 創〕
ウォール・ローゼ付近に突如現れた巨人の群れ。ユミルの活躍、エレンらの救援により104期の面々は巨人の撃退に成功する。 だが休息も束の間、超大型巨人と鎧の巨人の正体が発覚し……!! 怒りに震えるエレンは巨人と化し、因縁の巨人達に牙をむく! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/11 12:21
高橋葉介 怪奇幻想マンガの第一人者【文藝別冊/KAWADE夢ムック】
“待ってました!”のヨースケ先生大特集。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/30 21:26
とげぬきハトちゃん〔久世番子〕
中学2年生。 自意識高めで 思春期ど真ん中の14歳。 大人と子供の宙ぶらりん。 地味めな女の子・ハトちゃん、 友達の塚ちゃん、宮川さん、 そしてクラスメイト達。 席替えでブルーになったり、 Hな本を自慢げに持ってきたり、 英語の発音を恥ずかしがったり。 そんな中学生達のこそばゆい日常、 覗いてみませんか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/28 11:28
とろける鉄工所〈10〉〔野村宗弘〕
工業高校生溶接科に通う双子が技能五輪大会に出場したり、不渡りのせいで行けなかった社員旅行がついに復活! まさかの沖縄リゾート満喫の旅が実現したり、旗揚げして独立を考えていた北さんが、自分の道を見つめたり……。そして吉っちゃんの片思いにもついに終止符が…!? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/28 10:46
テルマエ・ロマエVI〔ヤマザキマリ〕
さらば、平たい顔族よ! 笑いと涙の大団円! 「マンガ大賞2010」と「第14回手塚治虫文化賞短編賞」をW受賞、2012年1月に驚愕のテレビアニメ化、 2012年4月には実写映画が公開され記録的な大ヒットとなった、超ベストセラー・爆笑コミックが、ついに完結! “風呂"に人生を捧げた我等がヒーロー・ルシウスの、冒険と恋のフィナーレは……!? 日本を越えて世界を沸かした奇跡の傑作、全人類待望の歴史的最終6巻! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/28 10:37
言霊〔山岸凉子〕
爽やかさ溢れるキラキラしてる少女漫画!な感じが良かったです。 瑞々しい果実のような若いプリマ候補の二人が眩しすぎました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/26 15:40
ぼおるぺん 古事記(三)海の巻〔こうの史代〕
大好評コミックスがついに完結! 天孫降臨、ニニギの結婚、海幸彦・山幸彦、海神の宮訪問のエピソードなど、神代最後の時代を描く。 短編漫画「おとうと」、神さま大系図も収録。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/10 17:53
ガラ仮そのものも充分、ギャグでしょー。
「おそろしいアニメ…!」ガラスの仮面がギャグアニメ化 ttp://natalie.mu/comic/news/85514 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/26 21:03
「モテモテ王国」のながいけん、最新作1・2巻が同時発売
うわああああああ!すいません!すいません!さっき知りました! 今週中に本屋行ってきます! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/14 18:01
ストーリィ・テラー〔高橋葉介〕
『高橋葉介×グリム童話』=最高! に決まってるじゃないですか! 最高です! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/01 22:29
高橋葉介 個展 Yosuke Takahashi Exhibition
先日、見てきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/25 20:32
デビュー55周年記念「ちばてつや原画展」
先日、見てきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/24 17:55
ぼおるぺん 古事記(二)地の巻〔こうの史代〕
日本最古の神話・古事記を「絵」で読み解いていく、大好評コミックスの第二巻! 恋と歌、死と生に彩られたオオクニヌシの冒険がついに始まる! 舞台を出雲に移し、因幡の白莵、根の国訪問、妻問い、国譲りのエピソードまで8話を収録。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/11 15:59
よちよち文藝部〔久世番子〕
文学初心者の番子さんを部長に、日本文学・文豪の故きをテキトーに温ね、新しきを知ったかぶるよちよち文藝部、略して「よち文」の活動をエッセイ漫画に。 太宰、漱石、中也、賢治、谷崎…といった超有名文豪とその作品の魅力や驚きのトリビアを、番子部長と担当部員が語り倒します! 「この文豪、結婚してたの!?」「主人公の名前がエロ老人!?」「れもんっていうよりバナナって顔よね~」 などなど、学びながらも爆笑できる新しい文藝コミックエッセイです! 描き下ろし1コマも多数収録。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/06 23:23
暴れん坊本屋さん・完全版「平台の巻」「棚の巻」〔久世番子〕
  あ。暴本の全三巻を上下巻に分けて、そこに「本販通信」と「暴れん坊営業さん」を着けて『完全版』ですが、そーですか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/06 23:22
神田古本まつり
11月3日に行ってきました! (古本まつり行くのが初めてでして) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/06 23:16
テルマエ・ロマエX〔ヤマザキマリ〕
映画も大ヒット!! 文字通り日本全国で待望のテルマエ新刊、ついに発売だあ!! 日本から戻れなくなったルシウス!! 焦りと不安に爆発寸前のルシウス!! 恋に、使命に、馬に翻弄される衝撃の第5弾!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/03 21:30
やったねー!
細野不二彦「ギャラリーフェイク」7年ぶり新作の執筆決定 ttp://natalie.mu/comic/news/77599 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/02 21:16
ベルサイユのばら展【松屋銀座8階イベントスクエア】
「今日はベルサイユのばら展は大変な人ですこと…」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/16 13:46
カッコイイッ!!
石川さゆりジョジョ立ち!荒木飛呂彦がジャケ描き下ろし ttp://natalie.mu/comic/gallery/show/news_id/76376/image_id/146116 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/13 20:38
無惨絵 新英名二十八衆句【花輪和一&丸尾末広】
幻の血まみれ画集、四半世紀近くの時を経て、衝撃の復刻。 丸尾末広、花輪和一、世界に並ぶ者なき孤高の天才絵師ふたりが、腕によりをかけて描き出した、無残の歴史に名を残す二十八名、血塗られた肖像画集。伝説の書として古書価が高騰している画集を、蠱惑的な特別仕様のポスター・ブックとして、待望の、切望の、熱望の、新生。 美しく麗しき悪夢で、貴方の部屋を飾ることのできる時が、ついに。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/30 21:20
いしいひさいち 仁義なきお笑い【文藝別冊】
デビュー40周年記念いしいひさいち大特集。 本人書き下ろし「でっちあげインタビュー」、しりあがり寿、吉田戦車、宮部みゆきらの寄稿、大友克洋インタビューのほか、貴重な資料満載! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/08 15:53
瓶詰の地獄〔丸尾末広〕
夢野久作の代表作完全漫画化についに挑んだ『瓶詰の地獄』から、丸尾テイストが横溢する待望のオリジナル作『かわいそうな姉』まで、世界で彼にしか描き出すことのできない、猟奇と陶酔に満ちた、漆黒の物語の花束。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/30 15:53
「地上最大の手塚治虫」展【世田谷文学館】
やっと行ってきました。「地上最大の手塚治虫」展! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/24 12:58
タイムスリップ―自選作品集 〔山岸凉子〕
ある時、タクシーで目的地へ……。 でも、同じ所を何度も通っている! 著者自身の恐怖体験を語る表題作の他、とにかく怖い話が全六篇。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/09 15:05
ハトシェプスト―古代エジプト王朝唯一人の女ファラオ 〔山岸凉子〕
いままで単行本に収録されずにいた作品のなかから、著者自ら特に愛着を感じている作品を選んだ珠玉の傑作短篇集。 文庫オリジナル ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/08 22:09
血引きの石〔星野之宣〕
日本神話の神、万物の母イザナミが死の女神として現代に甦る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/03 16:30
ぼおるぺん 古事記(一)天の巻〔こうの史代〕
驚くほどに愛らしく、自由で、残酷で、わがままな物語――。 日本最古の神話・古事記がロマンあふれる絵物語になってよみがえる!! 人気漫画家・こうの史代が原文(書き下し文)を生かしながら、物語を「絵」で読み解いていく、まったく新しい古事記本! 第1巻は天地創生、国生み、黄泉の国、天の岩戸、ヤマタノオロチのエピソードなど、盛りだくさんの11話。 イザナキ、イザナミ、アマテラス、スサノオなど有名な神様も続々登場! 「昔からずっと、古事記を絵にしたいと思っていました。魅力的な登場人物、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/02 22:25
大友克洋GENGA展
圧巻でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/21 17:19
夢の中 悪夢の中〔三原順〕
テーブル一杯の食事と騒々しい一家団らんに溢れかえる家族。その中で一人場違いな私は、居心地の悪さと母親の愛情の押しつけに耐え、18年に亘る葛藤の末に理想の結婚を果たした。だが夢に見た幸せな家庭が辿りついた先には…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/13 13:18
残念です…
土田世紀が肝硬変のため逝去、43歳 ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120427-00000026-nataliec-ent ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/27 23:48
大友克洋、再起動。〔BRUTUS 729号〕
早く『大友克洋GENGA展』に行きたいぜっ! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/10 21:40
陽だまりの樹〔手塚治虫〕
動乱の江戸末期、来たるべき近代国家への苦悩と希望を描いた巨編。 時代の流れに翻弄されつつも、自らの使命を全うした武士・伊武谷万次郎と医師・手塚良庵。 二人の男の生き様を軸に、近代国家幕開けまでを作者自らのルーツを折り混ぜながら描いた幕末感動ロマン。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/20 20:44
寂しいなぁ…
けらえいこ「あたしンち」17年10カ月の連載に幕 ttp://natalie.mu/comic/news/65894 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/11 12:48
百姓貴族〈2〉〔荒川弘〕
マンガ家になる前は北海道で七年間、農業に従事していた荒川弘。 今巻も、波瀾万丈の十勝開拓史から荒川家の親父殿の破天荒っぷりまで、抱腹絶倒エピソードが満載! 「家訓・働かざるもの食うべからず」。 笑いあり、トリビアあり、理不尽あり、伝説ありの、最上級霜降り☆農家エッセイ・コミック第二弾!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/08 22:57
キートン先生ー!
「MASTERキートン」の続編が執筆決定!舞台は20年後 ttp://natalie.mu/comic/news/65295 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/29 23:23
丸尾末広が夢野久作「瓶詰の地獄」描く
うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ! 読みたい!読みたい!読みたい!読みたい! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/12 00:09
DDT―僕、耳なし芳一です〔丸尾末広〕
夢野久作、江戸川乱歩を思い起こさせるその独特なストーリーと、高畠華宵にも似た美しくも怪しい絵柄は、ファンを魅了して止まない。 ジャパニーズ・パンク界にも大きな影響を与えた著者の初期代表短編作品が満載。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/08 23:38
新世紀SM画報〔新装版〕出版記念 丸尾末広展
最終日に見てきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/05 14:18
新世紀SM画報〔丸尾末廣〕
朝日ソノラマで2000年に刊行した幻の丸尾作品集が、新装版で復活! 未発表イラスト、原寸大漫画、書下しエッセイ、強烈バトル対談など、丸尾ワールドの決定版! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/31 21:23
諸星大二郎―異界と俗世の狭間から【文藝別冊】
あの手塚治虫から「彼は漫画の天才」と言わしめたという実話をもつ、鬼才漫画家・諸星大二郎を丸ごと一冊大特集。 幻の未発表作『恐るべき丘』完全掲載、仕事場&本棚紹介ほか豪華絢爛! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/29 19:57
テルマエ・ロマエ IV〔ヤマザキマリ〕
空前の快進撃を続ける「テルマエ・ロマエ」!!  風呂限定で闘い続ける男・ルシウスに歓呼の嵐が!!  シリーズ4冊目の今回は、ついにヒロインが登場!! マジか!?  そしてGWにはついに実写映画も公開決定!!  主演は国民全員が納得の阿部寛!! マジか!? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/09 00:13
神は細部に宿るのよ〈2〉〔久世番子〕
パジャマと普段着の境目、季節感が謎の中間服、アクセの大きさと年齢の関係、靴下輪廻、ネットショッピング、古着……。 番子さんが日常的な被服の細部を描く、非オサレ系コミックエッセイ。 オシャレの川上からも川下からも大共感の声多数!  待望の第2巻♪ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/23 16:16
三原順傑作選 ’80s〔三原順〕
名作「はみだしっ子」の完結後、円熟期に入った三原順の、白泉社時代の後期傑作集。 「はみだしっ子」のサイドストーリーともいえる、ジャックとロナルドの友情を描いた「ロング アゴ―」、原発問題とそれにまつわる人間模様を描いた社会派異色作「Die Energie 5.2☆11.8」、そして「自殺」という悪魔の誘惑に取り付かれた人々がテーマのセルフ・マーダー・シリーズ「あなたの子守歌」「朝になるまで」「夕暮れの旅」ほか、個性あふれる珠玉作9篇を収録。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/20 22:19
あたしンち【17巻】
また、今年も新刊はオマケ付きを買ってしまいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/12 21:10
「あたしンち」はどおなるんだ〜ぁ?????
角川、リクルート子会社を80億円で買収 ttp://www.nikkei.com/news/latest/article/g= 96958A9C93819696E3E0E2E6868DE3E0E3E2E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/12 21:10
岸辺露伴 新宿へ行く【GUCCI新宿】
本日見てきました。 無料なので、会社帰りにサクッと見て帰るのもアリかも。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/01 20:26
MASTERキートン 1 完全版
日本人の父とイギリス人の母を持つ、平賀=KEATON・太一は、大学で考古学の講師をしながら、保険のオプ(調査員)をしている。また、英国軍の SAS(英国特殊空挺部隊)で、サバイバル術の教官をしていたという経歴を持つ。 そんなキートンの夢は、考古学者として、幻のドナウ文明を発掘すること。 異色の探偵、ここに登場。 名作との誉れ高い『MASTERキートン』が完全版として復活。 雑誌掲載時の4色2色ページを完全再現したA5判の豪華版。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/26 20:43
SPUR 2011年10月号
やっと買いました!『SPUR 10月号』 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/04 21:26
ギチギチくん〔丸尾末広〕
キュートでかわいいギチギチくんが不思議でエゲツナイ“ギチギチ秘宝”の数々で、わるものをやっつける漫画です。 ギャクとエロも程よく出ていて、恐さと不気味さもイイ案配なので、他の丸尾作品と比べると読みやすい方に入るのかも。 “丸尾先生はこういう漫画も描ける人なのだ”と思いました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/06 21:41
楳図かずおがCDシングルを発表、8月にはアルバムも
楳図かずお先生が、CDシングル「新宿烏」を7月27日にビクターエンタテインメントからリリースされるそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/05 20:22
日本人の知らない日本語〔蛇蔵&海野凪子〕
日本語ってこんなふうになってたのか!? 思わず「ほ~っ!」の日本語、再発見コミックエッセイ登場。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/11 23:24
仁義なき家政夫パタリロ!〔魔夜峰央〕
「家政夫パタリロ!」シリーズの完結巻です。 (8年も続いていたシリーズだったとは…) 「源氏」に比べたら、うまいことキレイに終わっていると思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/04 16:07
バレエ漫画、脈々と【朝日新聞 2011年5月3日朝刊】
インタビュー内容に目新しいものはありませんが、久々の「テレプシ」ネタが嬉しかったので、アップしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/04 15:52
平台がおまちかね〜出版社営業・井辻智紀の業務日誌〜
書店の片隅から平台の本をニヤニヤ見守る謎の人物!? 井辻智紀は老舗出版社・明林書房の新人営業マン。 個性的な書店員&ライバル出版社の営業に鍛えられながら、今日も「ご注文ありがとうございます!」。 一人前の営業マンをめざす井辻くんが、新刊フェアのご案内からポップの暗号解読まで、日々の業務(?)に奔走するハートフル・ミステリ! 「暴れん坊本屋さん」でおなじみの久世番子が「成風堂書店事件メモ」シリーズの大崎梢の人気作をコミック化! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/28 23:19
テルマエ・ロマエ III〔ヤマザキマリ〕
すべての“風呂”は、“ローマ”に通ず。 風呂&古代ローマを巡って、さらなる大冒険は続く…! マンガ大賞&手塚治虫文化賞のW受賞など、ほとんど社会問題化している超ベストセラー・爆笑コミック、全世界待望の最新III巻! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/27 21:14
おろち〔楳図かずお〕
人間の奥底に潜む、暗き情念を…。悲しみ、怒り、限りない不幸、そして死を…。 翻弄される運命に寄り添い、見届ける魂の看護人。その美少女の名は……おろち。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/24 16:28
漂流教室〔楳図かずお〕
隔絶された地で、死の影と戦いながら懸命に生きる少年たちの愛と勇気。 明日なき人類の行く末を警告する、SFロマン。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/23 17:20
パエトーン【山岸凉子】
山岸凉子、原発の是非を世に問う「パエトーン」無料公開 ttp://natalie.mu/comic/news/46853 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/27 17:02
江戸川乱歩×丸尾末広の世界 パノラマ島奇譚【ふれあいエスプ塩竃 アートギャラリー】
1日も早い復興を、再開を、お祈りいたします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/13 15:22
ミステリマガジン 2011年4月号
もちろん、高橋葉介先生の特集目当てで購入しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/01 21:05
天才誕生75周年! 楳図かずお恐怖マンガ展『楳恐―うめこわ』
先日、見てきました。 雨の中を行った甲斐がありました。 (ホントは先週行きたかったんですけど、風邪ひいちゃって…) 展示内容はとても恐くて不気味で正に『楳恐』で最高に良かったです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/13 12:54
鬼子母神〔山岸凉子スペシャルセレクション9〕
愛情(あい)の表現(かたち)は、十人十色......。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/02 23:32
常世長鳴鳥〔山岸凉子スペシャルセレクション7〕
人間(ひと)は自己(おのれ)の器に満たされる愛情を求めて生きている…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/01 20:43
「顔のない女」刊行! 高橋葉介先生サイン会
ふふふ♪いただきました。サイン♪ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/29 20:45
劇画家畜人ヤプー2【復刻版】 悪夢の日本史編
石ノ森章太郎(監修)×沼正三(原作)による戦後最大の奇書『家畜人ヤプー』のコミック化第二巻を復刻(初版は1984年「辰巳出版」より)。 「日本書紀」、「古事記」に登場する天照大神の正体は未来世界からやってきた白人女性であった─日本史を覆す想像力の極地。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/25 21:17
顔のない女〔高橋葉介〕
面白い! “顔のない女”の強烈な個性と存在感にシビれます。 ターゲットを情け容赦無くビシバシ倒していく姿がカッコ良過ぎ! 殺し屋の鑑ですな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/15 16:54
西原理恵子の人生画力対決1〔西原理恵子〕
BookOffにて、やっと購入しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/23 19:17
二日月〔山岸凉子スペシャルセレクション8〕
人生を拓く「鍵(かぎ)」は、あなた自身の掌中(なか)にある……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/07 21:27
平凡倶楽部〔こうの史代〕
平凡で、些細なこともじっと目を凝らして眺めていれば、日々はおかしなことだらけ。 日常を描き続ける漫画家、こうの史代が貴方へ送る小さなお便り。待望の初エッセイ集。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/01 20:19
パタリロ!第85巻〔魔夜峰央〕
「THIS MAN」の顔が怖い〜〜〜〜! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/13 11:32
あたしンち【16巻 限定版】
16巻の限定版、ようやく買えました! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/03 16:06
土田世紀「俺節」定本となって復活!
土田世紀「俺節」定本となって復活!下巻には自伝マンガも ttp://natalie.mu/comic/news/39806 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/30 13:32
テルマエ・ロマエ II〔ヤマザキマリ〕
突如、湧いて出た『風呂漫画』!! 日本中を石鹸……いや席巻し、第2弾!! マンガ大賞2010、手塚治虫文化賞受賞!! 各種媒体で大評判!! 快進撃を続ける異色の風呂漫画『テルマエ・ロマエ』!! さらにパワーアップし、さらに馬鹿馬鹿しくなって2巻登場!! ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/25 20:50
ダ・ヴィンチ 2010年10月号
テレプシ『完』ですか。 第二部が終わりではなく、作品として完結してしまったんですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/11 14:30
神は細部に宿るのよ〈1〉〔久世番子〕
ネームタグの扱い、百貨店フロアの年齢設定、流行の変遷、病院服、ファッション学歴、デニムのすそ上げ、日焼け対策、服vs.バッグ……。 番子さんが被服生活の細部にスポットを当てて、ちまっと描く大共感・非おしゃれ系コミックエッセイ♪ 待望の第1巻!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/17 22:06
ダ・ヴィンチ 2010年9月号
「空美ちゃんでしょ?」 って…。 ホントに「ローラ=空美ちゃん」なの?? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/15 13:38
こうの史代原画展〔リブロ池袋本店〕
こうの先生の原画、初めて見ました。 もう感激。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/26 21:37
ダ・ヴィンチ 2010年8月号
発売日を10日以上過ぎて、やっと読みました。今月のテレプシ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/18 20:56
アニメ/漫画の実写化に驚いた映画ランキング
アニメ/漫画の実写化に驚いた映画ランキング ttp://cache001.ranking.goo.ne.jp/crnk/ranking/024/documentary_anime/ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/11 16:34
日出処の天子〔山岸凉子〕
久々に再読。 やはりおもしろい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/03 22:33
ハライソ 笑う吸血鬼2〔丸尾末広〕
あの暗黒の練夢魔術師・丸尾末広が贈る吸血鬼怪奇幻想譚! 血に狂い、血に踊る、神々しくも悪夢めく吸血鬼たちの退廃的夜行(デカダンスパレード)!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/26 00:06
笑う吸血鬼〔丸尾末広〕
丸尾末広が描く“吸血鬼”の世界。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/25 21:21
丸尾末広先生原画展 〜乱歩パノラマ(エンターブレイン)発売記念〜
リブロ池袋4Fコミックフロア特設会場にて丸尾末広先生の「芋虫」、「踊る一寸法師」の原画約12点を集めた展示を行っていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/21 13:25
キンランドンス 改訂版〔丸尾末広〕
丸尾氏の漫画は買ってすぐ読みたくなって電車内で広げてしまうのですが、これはさすがに家まで我慢しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/22 23:14
ひねもすハトちゃん〔久世番子〕
ドッジボールで最後まで内野に残った日。 一人称を「ぼく」から「オレ」に変えた日。 自分の前世を「戦国の巫女」と設定した日。 そんなちょっぴりイタくてちょっぴり愛おしいハトちゃん&同級生達のイケてない中学生日記♪ 味噌の国出身の久世番子が描く郷土愛エッセイコミック「パンがなければ味噌をお食べ」も収録♪ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/27 16:29
ドラえもんが「週刊朝日」の表紙に!
ドラえもんが「週刊朝日」の表紙に!アニメのキャラクターとしては史上初! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/24 23:44
劇画家畜人ヤプー【復刻版】〔原作/沼正三 作/石ノ森章太郎〕
1971年に「都市出版社」、1983年に改訂を加えて「辰巳出版」から刊行された『劇画家畜人ヤプー』を復刻。 三島由紀夫、澁澤龍彦らが絶賛した戦後最大の奇書『家畜人ヤプー』を石ノ森章太郎がコミック化。 復刻に際し、丸尾末広(漫画家)による解説文を収録。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/21 23:58
<マンガ大賞>「テルマエ・ロマエ」が大賞
「マンガ大賞2010」受賞おめでとうございます! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/17 21:28
テルマエ・ロマエ I〔ヤマザキマリ〕
世界で最も風呂を愛しているのは、日本人とローマ人だ!! 風呂を媒介にして日本と古代ローマを行き来する男・ルシウス!!彼の活躍が熱い!!……風呂だけに。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/14 17:41
諸星大二郎 ナンセンスギャグ漫画集・妙の巻
奇才・諸星大二郎のショートショート!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/14 15:50
諸星大二郎 ナンセンスギャグ漫画集・珍の巻
モロ☆流ナンセンス、此処に極まる!!!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/14 13:49
『あたしンち』公式ファンブック
買ってよかったぁ〜♪最高♪ 未収録分の漫画も面白かったので、いつかカラーで単行本化してほしい! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/08 23:11
ダ・ヴィンチ 2010年4月号
「あ あれって あれって…」 いやはや、長い2ヶ月だったよ。六花ちゃん。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/06 16:42
薔薇色ノ怪物〔丸尾末広〕
今から26年前、衝撃的なデビューで巷の少年少女をアッと言う間に誘惑、魅了した著者の記念すべき初の単行本。 暫く市場から姿を消していた、丸尾ワールドへの入門書とも言うべき「薔薇色ノ怪物」が、新たに作品を加え、改訂版で再発売! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/26 22:50
百姓貴族〈1〉〔荒川弘〕
マンガ家になる前は北海道で七年間、農業に従事していた荒川弘。 牛を飼い、野菜を作り、クマに怯え、エゾシマリスに翻弄される―年中無休で働き、切ない想いも多々あるハードなお仕事。 「水がなければ牛乳を飲めばいいのに」。 なんたって“百姓貴族”ですから!! 知られざる農家の実態を描いた日本初農家エッセイ登場。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/14 22:01
ダ・ヴィンチ 2010年2月号
「あ あれって あれって…」 “あれ”って何??六花ちゃんっ! って、思いましたよ。今月のテレプシ! ンもーー!すっごいイイところで終わるンだもん。 しかも来月は休載って、どういうコトよ?山岸先生? こんなトコで気を持たせるなんて、あんまりよーーーっっっっ!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/09 17:47
さようなら女達〔大島弓子〕
まんが家をめざす女子高生・毬。 まんがのモデルにしていた数学の先生とひょんなことから親しくなり、恋心を抱きはじめるが!? 淡い想いの短編集。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/29 01:39
デビュー40周年記念「萩尾望都 原画展」
美しい原画の数々に圧倒されました。 感無量。 (山岸先生も、これくらいの規模の原画展してくれてもイイのに…。コミック売場の横っちょにアレだけじゃあ…) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/19 16:53
1orW―るーみっくわーるど〔高橋留美子短編集〕
高橋先生の新しめの絵柄の中に「がんばり末世」が入っているのが、なんかスゴイな〜と思いましたね〜。 「がんばり末世」を読んだのは、もう20年以上前じゃないかしら。 もう、懐かし過ぎて懐かし過ぎて…(とほい目) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/13 12:36
サマヨイザクラ 裁判員制度の光と闇〔郷田マモラ〕
2009年からスタートする《裁判員制度》。 それは抽選で決まった一般国民が、殺人などの重大犯罪の裁判の審理に参加する制度である。 フリーターの相羽圭一は、裁判員に選出された。ネットカフェ難民となってしまった人生を変えるべく、圭一は法廷へ!! 《裁判員制度》は、彼の人生にいかなる影響を与えるのか!? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/13 12:31
『ののちゃん』しばらく休載
いしいひさいち氏が病気療養のため朝日新聞『ののちゃん』しばらく休載 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091121-00000001-oric-ent ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/22 00:15
サイン会はいかが?(WINGS COMICS 成風堂書店事件メモ2)
しっかり者の杏子さん&勘が鋭い多絵ちゃんコンビの書店員探偵シリーズ第2弾! 人気ミステリ作家・影平紀真のサイン会をすることになった成風堂。 だが影平は正体不明の読者に嫌がらせを受けていて!? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/19 23:38
炎の筆魂―島本和彦傑作選
ブックオフで『炎の筆魂』と『炎の筆魂 弐之拳』二つ見かけたので購入。 「あしたのガンダム」が読みたかったので、ラッキーでした。 (「あしたのガンダム」は、もう描かないのかなぁ? 予告まで作っておきながら…) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/15 02:22
ダ・ヴィンチ 2009年12月号
やっと読みましたよ。今月のテレプシ! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/12 14:22
出もどり家政婦パタリロ!〔魔夜峰央〕
今月も、またまたミーちゃん月間ですな。 1ヶ月に4冊も発行されるなんて、さすがですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/07 21:02
犬神博士〔丸尾末広〕
闇の魔術を駆使する漆黒の狩人・犬神!! コミック界最強の魔人が描く、超伝奇ロマン大作!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/05 22:31
夢幻紳士 回帰篇〔高橋葉介〕
夢幻魔実也による怪奇物語の名篇を著者がセルフリメイク&セルフリテイク。 絵柄、設定、構成、結末等、すべてが新しい、〈夢幻紳士〉シリーズファン必携の幻想譚十三篇。 書き下ろし八頁を収録。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/03 18:50
月的愛人 LUNATIC LOVER'S〔丸尾末広〕
月明りが脳味噌までさし込む夜、私の中のワタシが呼吸を始める…。 恐怖の中に漂う淫靡な世界を描いた丸尾末広の中期代表作「耳ナシ芳一」を含む珠玉の短編が、装いも新たに蘇る! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/31 23:10
新・ナショナルキッド〔丸尾末広〕
長らく絶版になっていた「国立少年」と「パラノイア・スター」の中から著者自らが作品を厳選。 特異の毒の強いギャグの他、後の代表作品「耳ナシ芳一」「無抵抗都市」へと繋がるストーリー性の強い作品も目をひく傑作短編満載! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/30 22:04
改訂版 少女椿〔丸尾末広〕
14頁の描き下ろしと膨大なる加筆修正により、著者の代表作品がついに復活! 著者の思い入れが窺われるほどに緻密な手直しでより濃厚な仕上がりで、薄幸の少女「みどりちゃん」の頬につたわる涙もグッと心に迫る、これぞ新生「少女椿」也! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/29 22:53
改訂版 夢のQ-SAKU〔丸尾末広〕
暫く市場から姿を消していた、丸尾ワールドへの入門書とも言うべき「夢のQ-SAKU」が「薔薇色ノ怪物」に続き、新たに作品を加えて再発売! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/28 23:17
芋虫〔江戸川乱歩×丸尾末広〕
「夢幻紳士 回帰編」を買い求めに書店に行きましたら、同じ平台に出ていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/25 20:24
あたしンち 【15巻 限定版】
手ぬぐい付きが限定版と知り、予約して購入しました。 この漫画、もう15年になるんですねぇ… かなり長く連載している方なのに、漫画として面白いまんまなのがスゴイ。 たいていはつまらなくなってくるのに(それか自分が飽きてくるか) この調子で連載を続けてほしいです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/23 13:42
ダ・ヴィンチ 2009年10月号
表紙の松山ケンイチくんがカッコイイので購入。 すっかり、あか抜けてカッコいい青年になったけど、まだまだ素顔の部分に素朴さを残してるように見えるし、イイ顔の役者さんになってますよね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/05 16:39
壁男〔諸星大二郎〕
壁の中から人間たちのすることをじっと見ている男がいる──誰が言い出したかわからない噂にとり憑かれた仁科は、壁男との交信を試みるが、彼には惨たらし い結末が!! 以来友人らは壁から目をそむけて暮らす日々だが、たった一人、仁科の恋人だけが、壁男の出現を待ち続けていた…。 表題作のほか八篇の短編を 収録。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/02 22:36
舞踏会へきた悪魔〔手塚治虫〕
革命軍の親玉「ドナウの狐」が舞踏会に乗り込んだ事を警備隊長が皆に伝えた。 母親が革命軍に入ってしまったリリーの元に「ドナウの狐」から殺人予告が入る。 しかし、それはリリーの保険金目当ての叔父が仕組んだものであり、警備隊長に変装した「ドナウの狐」はリリーを優しく励ます。 本物の警備隊長はピエロを演じており、「ドナウの狐」の正体を知っていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/30 18:18
神聖モテモテ王国【新装版 6巻】〔ながいけん〕
ついに完結! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/22 23:15
楳図かずお〔KAWADE夢ムック 文芸別冊〕
楳図先生が好きならば買っておいて損はない一冊。 単行本未収録作品の「歯」が読めただけでも、この本を買って良かったと思ってます。 あ。もちろん、楳図先生の対談や中学生時代の作品集や、江口寿史先生のリメイク作品も読み応え見応えバッチリです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/18 22:48
栞と紙魚子 何かが街にやって来る〔諸星大二郎〕
奇々怪々な人々が棲息し、摩訶不思議な事件が頻発する胃の頭町を舞台に、女子高生コンビの栞と紙魚子が大活躍!! 七つ目の謎が不明な胃之頭七不思議を描いた「烏賊井さんの逡巡」、胃之頭町が泡となって消えてしまうかもしれないという危機が迫る「何かが街にやって来る」、「犬魔の秘宝」「ゼノ奥さんのお茶」等、計6編を収録。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/06 19:26
栞と紙魚子と夜の魚〔諸星大二郎〕
怪しいのは胃之頭町だけじゃない! 紙魚子の実家の古本屋宇論堂には怪しげな奇書珍書がいっぱい…。 最近ご飯を食べなくなった栞の飼い猫ボリスの謎が解けた「雑貨の戦争」、胃之頭町で頻発する家ごと行方不明になる怪事件に栞と紙魚子が挑む「夜の魚」等、全8編を収録。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/05 21:02
栞と紙魚子 殺戮詩集〔諸星大二郎〕
奇々怪々な人々が棲息し、摩訶不思議な事件が頻発する胃の頭町を舞台に、女子高生コンビの栞と紙魚子が大活躍!! 表題作のほか、「ペットの散歩」「長い廊下」「ゼノ奥さん」等計8編を収録。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/04 19:38
栞と紙魚子と青い馬〔諸星大二郎〕
奇々怪々な人々が棲息し、摩訶不思議な事件が頻発する胃の頭町を舞台に、女子高生コンビの栞と紙魚子が大活躍!! 表題作のほか、「本を読む幽霊」「雪の日の同窓会」「空き地の家」等計9編を収録。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/03 23:15
栞と紙魚子の生首事件〔諸星大二郎〕
奇々怪々な人々が棲息し、摩訶不思議な事件が頻発する胃の頭町を舞台に、女子高生コンビの栞と紙魚子が大活躍!! 表題作のほか、「自殺館」「ためらい坂」「ボリスの獲物」等、計10編を収録。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/03 00:00
妖怪変化 京極堂トリビュート
諸星大二郎先生と松苗あけみ先生の作品が読みたかったので、ブックオフにて購入。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/02 12:13
ゆうれい談〔山岸凉子〕
著者自身が実際に見たり、友人のマンガ家やアシスタントたちから聞いた不思議な話、怖い話しの数々を収録。 作られた怪談話とは違う、体験したものだけが語りうる、にじみでるような本物の恐怖がここにあります。 表題作のほか、「読者からのゆうれい談」、「ゆうれいタクシー」、「蓮の糸」、「タイムスリップ」 の5本を収録。 巻末には木原浩勝の解説付き! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/31 22:39
空気の底―The best 16 stories by Osamu Tezuka〔手塚治虫〕
ちっぽけな地球の表面でうごめく人間たちの、欲望や絶望を鋭く切り取った短編シリーズ。 人種差別主義者の白人が、知らぬ間に黒人の臓器を移植され、その証拠を消そうとする話(「ジョーを訪ねた男」)や、人類絶滅後の地球で、自動の生命維持装置だけで赤ん坊から大人に成長したふたりの男女の悲劇を描いた、シリーズ最終話「ふたりは空気の底に」など、文明批判的なテーマの作品が多いシリーズ。 (TezukaOsamu.netより転載) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/29 20:27
『藤子・F・不二雄 大全集』【第1期 全33巻】2009年7月24日、待望の刊行開始!
いよいよ、24日から発売されますね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/20 11:19
神聖モテモテ王国【新装版 5巻】〔ながいけん〕
今回は発売日!本日購入いたしました! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/17 19:02
ダ・ヴィンチ 2009年8月号
「さすが わたしの 千花ちゃん…」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/06 19:16
PLUTO 8―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より〔浦沢直樹×手塚治虫〕
感動的なラストでしたね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/30 19:54
ダーリンの頭ン中 英語と語学〔小栗左多里 トニー・ラズロ/著〕
「ダーリンは外国人」コンビのトニー&さおりコンビが送る、英語と日本語の不思議や違いをわかりやすく面白く描いた、「言葉」エンタテインメント。 あいかわらずの「THE」論争や「V」の発音についてのすったもんだなど、笑いながらしっかり学べる珠玉の一冊。 トニーにまけない語学おたくの人も、是非ご一読を。 英語や日本語の「?」について、トニー&さおりと笑って学べる!「ダ・ヴィンチ」大人気連載の単行本化。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/29 00:01
神聖モテモテ王国【新装版 4巻】〔ながいけん〕
犬に弄ばれるファー様をブロンズ化するなんて、センス良いわ〜。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/26 20:42
神聖モテモテ王国【新装版 3巻】〔ながいけん〕
かっこいいポーズ!の大王が表紙で嬉しい。 最終巻か、5巻はオンナスキーが表紙を飾ってくれることでしょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/26 20:36
人間昆虫記〔手塚治虫〕
女優、デザイナー、そして芥川賞作家と、まるで昆虫が脱皮をくりかえすように次々と華麗な変身を続ける女、十村十枝子。 はたして彼女は神が作りあげた天才なのか、それとも!? ヘビのように貪欲な女の執念を描く野心作! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/13 12:38
本日も異常ナシ―魔夜峰央のまどろみ日記〔魔夜峰央〕
仕事場が鬼門の魔夜先生。仕事場にはありえない不思議現象が勃発。 お札を貼ろうとしたら…!?  その他、佐渡で過ごした幼少期の感動エピソード等、読みごたえたっぷりのエッセイコミック!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/29 15:32
神聖モテモテ王国【新装版】〔ながいけん〕
発売日に買いそびれていたら、一週間と経たないうちに完売したそうな。 先週、ジュンク堂に行ってみたら、このように言われたのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/24 18:09
新選組〔手塚治虫〕
時は幕末、動乱の世。 父の仇を探す深草丘十郎は新選組に入隊、剣の修行にはげんだ。 激変する社会を背景に、近藤勇、沖田総司、坂本龍馬などの剣客との出会いを通じて成長する少年の姿をえがく意欲作。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/22 18:55
ゲッサン 新創刊
池袋の地下で大々的に売り出しておりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/12 20:35
佐藤秀峰先生の公式ウェブサイト
今さらですが、先日から『ブラックジャックによろしく』の作者、佐藤秀峰先生の公式サイトを読みふけっておりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/03 12:24
ブラックジャック〔手塚治虫〕
メス一本で戦い続けたブラックジャックとペン一本で戦い続けた手塚治虫。 ブラックジャックは手塚治虫の生んだキャラクターですが、手塚治虫自身でもあると思います。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/03 00:11
この世界の片隅に〈下〉〔こうの史代〕
昭和の戦中。広島市から軍都呉市に嫁いだすずは、不器用ながら北條家に徐々に溶け込み日々を過ごす。 やがて戦争の暗雲が周囲を色濃く染めていく。 大空襲、原爆投下、終戦。歴史の酷い歯車が一人の女性の小さな世界をゆがませていく。 そして…。読む者の心を揺さぶる最終巻。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/30 00:00
時計仕掛けのりんご〔手塚治虫〕
『The best 5 stories by Osamu Tezuka』と着くだけあって、傑作、名作の多い手塚先生の短編作品の中でも、特に選りすぐりのものが収録されています。 手塚ファンならば一度は読んだ事のある話ばかりだし、ファンの中でも人気のある話ばかり。 露骨にいうと“オイシイとこ取り”な文庫本ですな。 これから手塚先生の短編集を読む方にお薦めしたいです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/29 11:29
生誕80周年記念 特別展「手塚治虫展〜未来へのメッセージ〜」
去年からずっと楽しみにしていた「手塚治虫展〜未来へのメッセージ〜」 見てきました! もう期待以上の展示内容でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/28 19:13
闇の鶯〔諸星大二郎〕
不条理ゆえに美しい 「この世ならぬもの」が誘う世界――。 鬼才・諸星大二郎が描く妖しく濃密な異界録。単行本未収録傑作選。 山中に棲む謎めいた美女の虜になる表題作「闇の鶯」ほか、幻想性あふれる全5作品収録!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/24 19:00
スノウホワイト グリムのような物語〔諸星大二郎〕
「狼と七匹の子やぎ」「白雪姫」「ラプンツェル」など、グリムによって描かれた童話の数々が、奇才・諸星大二郎の手によって新たな命を吹き込まれた! 書き下ろし漫画や著者自身による作品解題も収録。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/23 00:14
トゥルーデおばさん  グリムのような物語〔諸星大二郎〕
「グリム童話」を諸星流にアレンジしたブラックメルヘンの世界があなたを魅了する。「赤ずきん」「ラプンツェル」「ブレーメンの楽隊」ほか雑誌『ネムキ』連載の7作品に番外編「Gの日記」を収録。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/22 00:13
彼方より―諸星大二郎自選短編集
平穏な日常に忍び寄る異界からの来訪者たち。 全ての人類は恍惚のうちにひとつに溶け合ってゆく!! 圧倒的なイマジネーションと知的興奮に震えよ!!  『汝、神になれ鬼になれ』とともに著者厳選の10作品を収録した『諸星大二郎自選短編集II』 四半世紀の精華を凝縮して堂々の文庫化!  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/21 00:51
汝、神になれ鬼になれ―諸星大二郎自選短編集
今なお東北に潜む『隠れキリシタン』。  彼らが秘かに伝える『闇の聖書』とは!? その預言が成就するとき何かが起きる!?  著者自らが選んだ12作品を収録した『諸星大二郎自選短編集I』 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/20 00:16
第13回手塚治虫文化賞〔朝日新聞社主催〕
<手塚治虫文化賞>よしながふみさん「大奥」ほかが受賞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090419-00000013-mai-soci ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/19 13:08
ぼくとフリオと校庭で〔諸星大二郎〕
諸星大二郎が作り出す、抜け出せない不思議世界の迷路。 入り口は、本書収録の10作品の扉から──。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/19 00:06
影一号指令―高橋葉介ベストセレクション
謎の組織”影”機関! 機関員一号に秘命が下った!! 冒険アクションの決定版! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/18 17:02
ジークナオン! ファー様〜〜〜♪
ながい新作タイトル決定&これがモテモテ王国新表紙 http://natalie.mu/comic/news/show/id/15495 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/18 00:01
シュリンクス・パーン―自選作品集〔山岸凉子〕
可憐な妖精シュリンクスに恋をしたパーンは山羊の耳と足をもつ牧神。ギリシャ神話に想を得た表題作「シュリンクス・パーン」ほか山岸ホラーの精髄四篇収録。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/17 20:35
わたしの人形は良い人形―自選作品集〔山岸凉子〕
人形が持主の運命を翻弄するなんて、そんな馬鹿な! 愛らしい日本人形が招く不吉な黒い影の恐怖を描いた表題作ほかホラー傑作選 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/17 00:24
月読―自選作品集〔山岸凉子〕
姉・天照大御神の歓心を買おうと月之男、須佐之男兄弟が見せる嗜虐と被虐の世界を描く表題作「月読」ほか古代に材を得た山岸ワールド五篇 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/16 18:21
夜叉御前―自選作品集〔山岸凉子〕
山深い一軒家で起こる怪奇を描く表題作「夜叉御前」ほか、ギリシャ神話が現代の暗闇の奥底によみがえる恐怖譚「キルケー」など傑作選。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/09 00:03
天人唐草―自選作品集〔山岸凉子〕
時代錯誤なまでに厳格な父にしつけられた娘が、狂気に至るまでの心理を感覚鋭く描く表題作『天人唐草』ほか、著者の代表的名作を四篇収録。 中島らも氏の解説も必読! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/08 18:23
ダ・ヴィンチ 2009年5月号
『殿堂入りプラチナマンガ ランキング150』が面白そうなので、久々にダ・ヴィンチを購入いたしました。 六角さんのインタビューも読みたかったし。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/07 19:23
私家版魚類図譜〔諸星大二郎〕
ようこそ、幻想と怪奇の水族館(アクアリウム)へ。 人魚も、魚人も、“地獄の吸血イカ”も展示中です。 諸星版博物誌・第2弾!描きおろし1編を含む全7編。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/04 17:10
私家版鳥類図譜〔諸星大二郎〕
未来の地下都市で、古代日本で、そして現代のベッドタウンで…… 謎の翼が、あなたを誘う。 幻想漫画の巨匠・諸星大二郎、待望の最新作品集。 描きおろしを含むカラー18ページを収録。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/04 00:19
らんぷの下〔一ノ関圭〕
古本屋で探してもなかなか見つけられなかったので、昨年「モテモテ王国」と一緒にコミックパークさんで購入しました。 (印刷に関してはもう何も言うまい) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/03 00:07
砂の上の楽園〔今 市子〕
表紙が綺麗なので手に取ってみたら、“世にも奇妙な物語”でドラマ化されていた「僕は旅をする」が収録されていたので購入いたしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/30 18:14
るきさん〔高野文子〕
るきさん、憧れの女性のひとりです。 自宅でできる保険の請求のお仕事は一週間で1ヶ月分を片付け、残りの時間は図書館行ったり郵便局に行ったりと、のんびりマイペース。 おっとりしてて頼り無さげに見えるけど、何があっても動じず、世の中や社会に振り回されない人。 今、不景気で大変だけれど、るきさんは全く動じずマイペースに暮らしているんだろうなぁと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/28 17:24
櫻の園〔吉田秋生〕
丘の上の女子高校、桜華学園。春の創立祭で、チェーホフの“櫻の園”を演じる演劇部員たち。 思春期の乙女たちのほのかな心情をセンシティブに綴る必読の連作短編集。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/28 14:52
赤い文化住宅の初子〔松田洋子〕
広島の粗末な文化住宅に住む少女、初子には兄がいる――遊び人の兄しかいない。母は他界し、父は蒸発、自転車も電話もない生活。アルバイトをしてもお金にならず、高校進学はあきらめた。どうにもならない現実の中で、薄幸の少女は淡い恋心を抱く――。 十五歳・初子の痛くて甘い小さな恋の物語。 広島労働者の苦い青春を描いた『PAINT IT BLUE』も収録。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/23 22:51
押し入れ〔山岸凉子〕
「テレプシコーラ 第2部」2巻と、新装版「押し入れ」が3月23日に同時発売されますね。 でも、なんで新装版を出すのかしら? 『メディア』の表紙も綺麗なんだけど、『押し入れ』と言えば、この表紙の画像なんですよね〜。 綺麗で、この見開いている目が恐くてイイんですよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/22 13:22
信じていいのね?
コミックナタリーさんのサイトより ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/22 11:59
人形の墓―美内すずえ作品集
「黒百合の花が咲くとき、誰かが死ぬ」。不吉な“黒百合伝説”の影に脅かされる少女安希子。怨霊と少女の息づまる闘い『黒百合の系図』。 揺れ動く少女達の恐るべき残酷性とロマン傑作四編。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/21 15:15
みすてないでデイジー FOR EVER〔永野のりこ〕
今、本棚の整理してたら出てきましたよ。(間違って売ってしまわないでよかった) もう20年以上前の漫画なのに、まだまだ笑えるのがスゴイ。 10年くらい前にはアニメ化もされていたのね。全く知らなかったわ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/20 13:32
未来歳時記・バイオの黙示録〔諸星大二郎〕
バイオ戦争後、人間の中にヒト以外の遺伝子が発現する者が現れ始めた―。 彼らの多くは“荒れ地”と呼ばれる場所に惹き付けられていく…。 遺伝子混在により起こる、恐怖と笑いの混沌劇、「野菜畑」「養鶏場」「案山子」「百鬼夜行」「シンジュク埠頭」「風が吹くとき」の6作品に、物語を補完する描き下ろし、“幕間劇”5作品を加え待望の単行本化。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/20 10:49
配達あかずきん(WINGS COMICS 成風堂書店事件メモ1)
「本屋の謎は本屋さんが解かなきゃ!」 とある駅ビルの6階にある成風堂書店を舞台に、しっかり者の書店員・杏子さんと勘の良いアルバイト大学生・多絵ちゃんが、書店で起こる謎や事件を鮮やかに解き明かす!! 大崎梢原作の本格書店ミステリ小説を「暴れん坊本屋さん」でおなじみの久世番子が完全コミカライズ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/19 20:54
どろろ〔手塚治虫〕
魔神に身体の48ヶ所を奪われた少年・百鬼丸。 安住の地を求める百鬼丸には、常に妖怪がつきまとうのだった。 彼の刀をねらう奇妙な相棒、どろろをくわえて妖怪退治の旅が始まる。 1967年〜1968年まで週刊少年サンデー(小学館)で連載。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/16 18:46
妖怪ハンター「水の巻」〔諸星大二郎〕
わたつみの神の国より流れ着く妖しき舟。 底なしの冥き淵より、濃霧をまといて古の邪念と妄執が、おぞましき姿で甦る。 稗田礼二郎が禁断の書を紐解く時、神話は民話と交響し、魔の物語が溢れ出す。 妖怪ハンター第三弾は水と雪と官能の物語。 水泡とともに禍々しき神々…浮かぶ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/15 12:16
妖怪ハンター「天の巻」〔諸星大二郎〕
ひさかたの天より降りきたるは、幸神か? 邪神か!? 甦る超古代の神々。日本神話に隠された不死の秘法。禁じられた童歌。暗黒の祭祀。 碩学・稗田礼二郎、生命の木の謎を追う!! 伝奇コミック浪漫「妖怪ハンター」第二弾!! 天空より、古の忌まわしき神々…降臨!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/15 12:12
妖怪ハンター「地の巻」〔諸星大二郎〕
ぬばたまの闇の底どよもす呻き声。冥き世界にうごめく異形の者ども…。 異端の考古学者・稗田礼二郎が暴きだす、触れてはならぬ…暗黒の日本史!! その圧倒的スケールで、漫画界を震撼させた空前絶後の傑作「妖怪ハンター」第一弾!! 幻のミッシング・ピース「死人帰り」も掲載!! 暗黒の邪神、深き底より…まいる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/15 00:02
サンデー50周年記念は奇跡のコラボ「あだち×留美子」
来週の水曜日のサンデーに読み切りで掲載されるそうですな。 久々にサンデーを買ってしまおうかと思いましたが、この大物二人の作品なら単行本化されますよね。きっと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/14 18:34
屋根裏の散歩者〔原作/江戸川乱歩 漫画/長田ノオト〕
乱歩の「屋根裏の散歩者」コミカライズ版。 ブックオフで購入しました。が、立ち読みでも充分だったかも。 乱歩作品に思い入れはないけど、猟奇的な世界が好きで絵柄がお好みであれば、買いだと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/12 20:25
ユリイカ 2009年3月号〔特集*諸星大二郎〕
幻の初期作品『硬貨を入れてからボタンを押して下さい』を読めるだけでも買う価値あり。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/11 00:10
暴れん坊本屋さん〔久世番子〕
今さらですが、「暴れん坊本屋さん」の紹介を。 本屋の舞台裏を赤裸裸に綴っている漫画です。全3巻。 1巻より2巻、2巻より3巻と巻を重ねるごとに面白くなっているエッセイコミックです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/09 14:21
私の血はインクでできているのよ〔久世番子〕
漫画好きなら人ならば、このエッセイコミックの内容に激しく共感し、動揺できると思います。 久世さんの幼少時代に描かれた絵の多くが自分も身に覚えのあるタッチばかりで、“アナタはワタシですかー?”と本に向かって叫びたくなりました。 (しかし、素養のある人はやはり違いますね。高校時代からグンとうまくなっていますし) 体の関節があり得ない方向に曲がっていたり、顔の輪郭線が稚拙なのに、目だけは少女漫画チックに描いてみたり、凝ったデザインの洋服を描いたり、それっぽい設定資料集ばかり作りこんで漫画は1... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/09 12:06
ギラギラ〔滝直毅/原作 土田世紀/作画〕
六本木不死鳥ホスト伝説『ギラギラ』最高! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/08 12:59
きりひと讃歌〔手塚治虫〕
人間が犬の姿へと変わってしまう奇病「モンモウ病」。 この病気にかかわるさまざまな登場人物の行動を通じて、手塚治虫は読者に「人間の尊厳とは何か?」という問いを投げかけている。 『ビッグコミック』(小学館)にて1970年4月10日号から1971年12月25日号まで連載。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2009/03/04 20:07
奇子〔手塚治虫〕
昭和24年、戦争から復員した天外仁朗はGHQの工作員になっていた。ある時、命令で共産主義者の男の殺人(通称:淀山事件)に関与する。その男は、自分の妹の天外志子の恋人であった。 事件関与後、血のついたシャツを仁朗が洗っている時、お涼と、自分の父親と兄嫁との間にできた奇子がそれを見てしまう。 仁朗はお涼を口封じのため殺害し逃亡する。奇子は一族の体面のために急性肺炎で死亡したことにされ、天外家の土蔵の地下室に幽閉されたまま育てられるが… 1972年から1973年まで小学館ビッグコミックに連載。 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/03 20:52
PLUTO 7―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より〔浦沢直樹×手塚治虫〕
ストーリーも前回よりもさらに大きく動き出し、登場人物たちの心情にもそれぞれ丁寧な描写があって、今まで一番読み応えのある巻でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/02 00:27
光る風〔山上たつひこ〕
1970年4月から11月まで週刊『少年マガジン』に連載。 六高寺弦は街でクラスメイトが警察に追われ、射殺されるのを目撃する。 しかも「禁止されている募金運動をした」「呼びかけに応じず逃げ出した」という、たったそれだけの理由で…弦は怒りを覚える。 そして、軍人の父、国防大学の卒業を間近に控えた兄へ反発し、家を飛び出した。 XXXXX年、日本は急速に国家管理が進んでいた。弦が見た社会とは…!? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/28 15:42
銭ゲバ〔ジョージ秋山〕
少年時代に金の絶対的な力を見せつけられた蒲郡風太郎は、金のためなら手段を選ばない大人になる。 そんな彼を人々は「銭ゲバ」と軽蔑したが……。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2009/02/27 20:26
水の中の月〔土田世紀〕
砥ぎ澄まされた感性と熱い情熱で、俊英・土田世紀が描く“3人の未成年の物語” 「やれ煙草だ、アンパンだ、人殺しだって……我ァがら不自由になってぐこいつらより、よっぽど自由だスや」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/25 12:48
ノーサンキューノーサンキュー〔土田世紀〕
熱い筆致で荒ぶる魂を描く土田世紀。小学館・講談社で雑誌発表された、珠玉の短編集。 表題作他『バカ』『HOT MOON』『恋はどうだい?』『キャット空中一時停止』の全5編収録。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/24 12:46
妖怪盗賊マザリシャリフ〔魔夜峰央〕
魔手から妹を助けるため、マザリシャリフは秘宝を集めることに…!? 4コマとストーリーが合体、ギャグとシリアスが交錯する2頭身劇場!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/21 13:50
シオン魔日記〔魔夜峰央〕
1999年、世界を破滅から救う方法は!?  7歳にして天才そして変態のヘブ子と、女嫌いの美少年が繰り広げる、恐怖と笑いの世紀末ギャグ!!  この二人に世界の運命が…!? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/20 22:36
人面瘡―手塚治虫怪奇アンソロジー〔手塚治虫〕
表題作はブラック・ジャックの中でも傑作の一つ「人面瘡」の話です。 大昔に読んだ時は、ふくれ上がった人面瘡が気持ち悪くて暫くは見返すのが恐かったのですが、「新・聊斎志異 お常」に出てきた“笑い死に”の顔の方が何倍も気持ち悪くて恐いです。 “どんな顔だったのでしょう?”“こんな顔だったのでは?”って、オチはもう使い古されているのに、何でこんなに恐いのか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/19 19:11
平成20年度(第12回)文化庁メディア芸術祭
かなり、遅くなりましたが、 『栞と紙魚子』平成20年度(第12回)文化庁メディア芸術祭 マンガ部門「優秀賞」受賞おめでとうございます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/12 23:47
鐘―土田世紀秘蔵作品集〔土田世紀〕
変わり果てた組織に愛想をつかし組を旗上げした武闘派ヤクザの生き様を描く表題作から、ギャグまで、異才のすべてを集めた傑作選。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/05 20:53
楳図かずおさん宅、赤白の壁は適法 東京地裁
楳図かずおさん宅、赤白の壁は適法 東京地裁 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090128-00000562-san-soci ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/28 22:41
柴犬―森田まさのり短編集〔森田まさのり〕
1991年から2004年まで、14年にわたる作者の情熱の旬をぎっしりと凝縮! 今夏、日本中を感動の渦に巻き込んだ表題作をはじめ、俊英・森田まさのりの傑作短編を6作品収録。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/25 12:35
きょうの猫村さん〔ほしよりこ〕
ブックオフで1巻と2巻が105円で売ってたので購入しました。 連載が終了したら買おうかと思ってたんですけど、いい機会なのでね。 ずっと読みたかった漫画だったので、ラッキーでした。(いくらなんでも一冊1200円って、高いよ〜) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/23 18:32
<ガラスの仮面>カリスマ長寿マンガ、4年ぶりに最新43巻発売
〔ガラスの仮面〕カリスマ長寿マンガ、4年ぶりに最新43巻発売 世界のニナガワもメッセージ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/20 20:25
火の鳥〔手塚治虫〕
言わずと知れた手塚治虫の名作『火の鳥』 今さら言うまでもないのでしょうが、どの物語も問答無用の迫力とおもしろさ。 「鳳凰編」「太陽編」「乱世編」「異形編」の4つが特に好きで、もう何度読み返していることか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/16 22:00
アドルフに告ぐ〔手塚治虫〕
第二次世界大戦前後の時代を背景に「アドルフ」というファーストネームを持つ三人の男達(アドルフ・ヒトラー、アドルフ・カウフマン、アドルフ・カミル)の運命と人生を描いた物語。 ここに日本人の峠草平が狂言回しとして加わり、物語は様々な歴史的事件と関わりながら展開していく。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/01/12 16:49
長い道〔こうの史代〕
夫、カイショなし。妻、ノー天気。そんな二人のあったかくておかしくて切なくて心にしみる54のプチ物語。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/09 22:45
こっこさん〔こうの史代〕
小学生の“やよい”が、ある日の帰り道で出会ったのはにわとりの“こっこさん”。 こっこさんとのとの毎日はとっても楽しくてとってもこわい!? 一人と一羽のなんてことない幸せな日々を描いた今年一番のスローライフコミック。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/08 20:29
ツルモク独身寮〔窪之内英策〕
正太の親父さんのように、大晦日に(2008年から2009年)年をまたぐ瞬間にジャンプをして地球上から姿を消し、正月には「母さん、ワシは餅は3個じゃ。2個だと少ないし4個だと多いからのぉ」と言いましょう。 そして親父からビンタを喰らう時には「歯をつぶり、目を食いしばる」ようにしないと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/31 13:23
MW―ムウ〔手塚治虫〕
黒手塚全開の最高傑作『MW―ムウ』を久々に読み返しております。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/28 12:44
ドラえもん(恋愛編)〔藤子・F・不二雄〕
ある人をひそかに好きになる。だれにも幼いころのなつかしい思い出があるはず。 のび太としずちゃんの将来は……!? 『ドラえもん』に登場した純愛あふれる21編を収録。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/10 18:10
ぴっぴら帳 完結編〔こうの史代〕
圧倒的な画力を誇る、寡作の名作家・こうの史代の送るインコ漫画! 芸達者インコ“ぴっぴら”さんとキミちゃんの、面白くもどこか懐かしい生活もとうとう完結。 大増230ページで未収録分を完全収録! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/09 15:07
ぴっぴら帳〔こうの史代〕
インコのぴっぴらサンと飼い主のキミ子さんの日常を綴った傑作4コマ漫画。 “その22”まで吹き出しの文字が手書きなのも、いい味出してます。 「こうの書体」として写研でつくってほしいくらい、読みやすくて綺麗な手書き文字です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/08 15:50
街角花だより〔こうの史代〕
1つの花に想いを託せば、新しい人生までも見えてくる…。花を心から愛している花屋の店長と店を訪れる客たちとのハートフル・ストーリー。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/07 16:19
家畜人ヤプー〔原作/沼正三 作画/江川達也〕
ある夏の午後、ドイツに留学中の瀬部麟一郎と恋人クララの前に突如、奇妙な円盤艇が現れた。中にはポーリーンと名乗る美しき白人女性が一人。二千年後の世界から来たという彼女が語る未来では、日本人が「ヤプー」と呼ばれ、白人の家畜にされているという…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/04 23:51
ミスターレディ〔里中満智子〕
昨日に引き続き、懐かし漫画の紹介を。 この漫画は昭和50年代に『なかよし』に連載されていたもので、当時はクラスメートの持っていた単行本を読んでハマったのでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/03 18:11
さっちん110番〔山田路子〕
魔窟と化していたクローゼットを片付けていたら出てきました。 『うわさの姫子』『あさりちゃん』『ちゃお!ユキとケイ』と一緒に。 (ビックリしたわ〜。処分してしまったかと思っていたら…) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/02 15:59
tezuka gene Light in the Darkness 手塚治虫の遺伝子 闇の中の光
“大規模企画展”と謳うならば、もっと大きめの会場で展示会をやってくれてもよかったんじゃないかなぁ…と思いましたが、手塚ファンならば楽しめる内容だと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/06 23:17
夜叉の瞳〔高橋留美子〕
前に出た「人魚の森」や「人魚の傷」のような装丁で発行されるかと思っていたのですが、それが残念。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/22 17:50
クレプスキュール〔魔夜峰央〕
ふつうの人間には見えない、いろいろなものが見える邪眼の持ち主、浅野君は、私立高校の生徒として平凡な学園生活を行っているが、ひとたび事件が起これば邪眼によってトラブルを解決する。 トラブルにはたいてい美しいヒロインが絡むものだが、浅野君の素晴らしい能力とは裏腹に、恋が成就することはない…、がんばれ!浅野君! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/04 18:34
ダ・ヴィンチ 2008年10月号
今月は立ち読みで済ませようと思っていたのに、表紙のスガさんがあまりに格好良かったので購入してしまいました。 中の写真も最高ですね。 (しかし、ダ・ヴィンチは紙質落としたね〜〜。値段そのままに紙質を落とすなら、ページ数減らしてもイイんじゃないか?) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/09 10:51
専務の犬―高橋留美子傑作集(BIG COMICS SPECIAL)
高橋留美子が「ビッグコミックオリジナル」に年1作のペースで発表している短編シリーズ。第2弾。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/08 23:24
Pの悲劇―高橋留美子傑作集(BIG COMICS SPECIAL)
高橋留美子が「ビッグコミックオリジナル」に年1作のペースで発表している短編シリーズ。第一弾。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/08 12:12
オッケー―シロ犬 イチローをめぐる冒険〈1〉〔いのうえさきこ〕
これはジュンク堂で、定価で買い求めました。 シロ犬イチローの4コマ漫画を読みたいがために、いちいちTVぴあを購入している友人がおります。 毎週買うだけの面白さがあるかどうかはさておき、4コマ漫画なんで立ち読みでも充分楽しめます。 (たまに、わかりにくいなぁと思う漫画もあるにはある) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/19 11:26
スキ!がお仕事! ナリワイタイムス 〔いのうえさきこ〕
ブックオフで購入しました。 発売当時、本屋で立ち読んだ時は手書き文字が細かくて少々読みずらいと思ってしまったのですが、今回はスラスラ読めました。 やはり、今、仕事のことで行きづまっているから? それとも、105円で買えたから、より愛おしさが増したせい? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/18 12:41
赤い花束―高橋留美子傑作集(BIG COMICS SPECIAL)
高橋留美子が「ビッグコミックオリジナル」に年1作のペースで発表している短編シリーズ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/17 12:43
パタリロ源氏物語!第5巻〔魔夜峰央〕
源氏物語を全て漫画化してくれるかと期待していたのですが、この巻が最終巻なのですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/16 00:27
人魚の森〔高橋留美子〕
久々に再読しております。 この漫画を読むと、切り身の魚が食べたくなってくる。 (メカジキとかブリとか) 夕餉にメカジキの照り焼きなぞ出た日には、食後“なりそこない”になったらどうしよう…とドキドキしたり、“うまい。こんなうまい魚は初めてじゃ”と真魚のように思いながら食べたりもする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/10 00:59
高橋留美子展 It's a Rumic World
観てきましたよ!『高橋留美子展 It's a Rumic World』 平日の遅い時間でしたが、さすがに混んでました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/09 13:20
ダ・ヴィンチ9月号
山岸先生の「テレプシ」以外、目玉も読むトコもないのに毎号買ってしまう…。 (宮部みゆき特集は良かったね。久々にいい特集だと思った) 今月発売の文庫や漫画本の発売日が事前に分かるのは便利でいいんだけどね。 小説とかハードカバーなどで出される単行本の発売日が出てないのが不便だね。 最後の方にカラーで出てるのがあるけど、とっく発売されているものだったりするし。 ダ・ヴィンチも発行してかれこれ10年以上にはなるのに、そういう部分が変わらないよね。 (てか、書評誌としてドンドンつまらなくなって... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/07 09:51
PLUTO 6―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より〔浦沢直樹×手塚治虫〕
巨匠・手塚治虫の代表作に、現代を代表する漫画家・浦沢直樹が挑む! 『鉄腕アトム』の名作エピソード「地上最大のロボット」をモチーフにした話題作。 漫画界の二大巨匠がタッグを組んだ、近未来SFサスペンス。 人間の痕跡がない殺人事件、残された謎のメッセージ…その先にあるものとは!?  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/30 22:27
親バカの品格〔魔夜峰央〕
永遠の28歳・ミーちゃんこと魔夜峰央先生の親バカシリーズの最終巻。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/25 08:58
番線〜本にまつわるエトセトラ〜〔久世番子〕
『暴れん坊本屋さん』が終わってしまって「久世さん、本関係の漫画もう書かないのかな〜。寂しい」と思っているところに『番線』発売は嬉しかったですわ。 『暴れん坊本屋さん』は書店業界についての楽しいエッセイコミックで、『番線』はまさに「本に関するあれこれ」なエッセイコミック。 (『番線』はや○いネタもキツイのは無いので、苦手な人でも安心して楽しめると思います) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/24 13:16
この世界の片隅に〈中〉〔こうの史代〕
中身もいいけど、この表紙の絵も素晴らしいね。目が洗われるよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/14 16:14
悪魔の花嫁 最終章〔1〕〔池田悦子/著 あしべ ゆうほ/作画〕
先日、単行本を購入しましたよ。 ザラザラしている紙質の雑誌では(まだフツーに見えた)絵も、印刷のキレイな単行本では絵の白さがハッキリクッキリとわかってしまいますね。 背景も白っぽいし、美奈子もヴィーナスも綺麗じゃないし…。 それにここ迄、アッサリした絵柄だったかしら? ヘタと迄は言いませんが、画力が落ちたなと思わずにはいられませんね。 白さが“美しさの基準”になるのは、歯と洗濯物だけですよ! あの美しくも魔と闇の魅力に溢れた絵は何処に行ったのか?? (あと、アシスタントももっと... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/25 22:07
チャッピーとゆかいな下僕ども 大増補版〔ながいけん〕
『神聖モテモテ王国』の七巻を読んでいたら、こちらも読みたくなったので熟読中。 どれもこれも面白いんだけど、特に読み返し率の高いのが、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/20 18:07
神聖モテモテ王国(7)〔ながい けん〕
コミックパークさんより到着しました。『神聖モテモテ王国 第7巻』 しかし、中身の印刷がねー。想像以上のモアレっぷりでびっくり(苦笑) (ウチの会社のスキャナで取った画像だって、もうちょいマシだよー) “あぁ。オンデマンド印刷だなぁ”と感心しきりでした。 えーと、印刷の仕上がりや質のわりに高いと思うんだけど、内容には満足。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/18 09:54
この世界の片隅に〈上〉〔こうの史代〕
「夕凪の街 桜の国」の第2弾ともいうべき本作。 戦中の広島県の軍都、呉を舞台にした家族ドラマ。 主人公、すずは広島市から呉へ嫁ぎ、新しい家族、新しい街、新しい世界に戸惑う。 しかし、一日一日を確かに健気に生きていく…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/06 15:40
さんさん録〔こうの史代〕
妻に先立たれた男、参平に遺された一冊の分厚いノート。 それは、妻・おつうが記した生活レシピ満載の『奥田家の記録』だった。 専業主夫として第二の人生をスタートさせた、さんさんの未来は、ほろ苦くも面白い! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/30 10:24
羽衣ミシン〔小玉ユキ〕
工事中の橋に着いていたロープに足をからませた白鳥を助けた大学生・陽一(ぽちゃ期の香取慎吾似)の部屋に、その夜、見知らぬ女のコが訪ねてくる。 その女のコは美羽と名乗り〈今朝、命を救っていただいた白鳥です〉と自称し、機織りならぬミシンでスカーフやコサージュなどを巧みに縫い上げ、陽一の幼なじみの経営するネットショップの売り上げに貢献する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/25 12:49
家族八景〔清原なつの/漫画 筒井康隆/原作〕
七瀬三部作の第一作目の『家族八景』のコミック版です。 小説のコミカライズって残念な作品が少なくないものですが、これは買って正解。最高でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/14 12:57
牧神の午後〔山岸凉子〕
実在の人物をモデルにしたバレエ漫画「牧神の午後(ニジンスキー)」、「黒鳥(バランシンの3度めの妻・マリア・トールチーフ)」の2編が収められています。 「牧神の午後」も「黒鳥」どちらも別の単行本で持っているのですが、続けて読むとまた新しい感動が生まれるものですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/30 18:14
パノラマ島綺譚〔江戸川乱歩×丸尾末広〕
ド真ん中大ヒット! どのページも美しい。見ているとクラクラしてくる。 黒と白だけで「乱歩の書くパノラマ」を表現できる画力を持つ漫画家ってそうはいないでしょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/15 17:04
ダヴィンチ 2008年4月号
『ローザンヌに挑戦します』 六花ちゃん…! よくぞ言ってくれた! ベタ過ぎて言いたくないけど、かっこいいよ。 六花ちゃんの凛とした美しさと強さが眩しい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/07 16:10
ほんの一冊〔いしいひさいち〕
いしいひさいち先生の書評集。 紹介している本の内容にマッチした4コマ漫画も面白いし、短い文章で本の面白さを的確にレビューしてくれていてすごく参考になりました。 さっそく載っている本を三冊ほど購入してしまいました。 新聞などに出ているようなカッチリした書評が好みの方には向いていない本ですが、堅苦しくなる楽しめる一冊かと思います。 書評の他にも『私には向かない職業』(『ののちゃん』の藤原先生が主人公の4コマ漫画)も読めてお得感もばっちり。 (『ののちゃん』といえば、あの縦長の単行本はも... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/21 11:25
パーマネント野ばら〔西原理恵子〕
先日、BookOffで200円で購入しました。 「パーマネント野ばら」と一緒に、いしいひさいち先生の「ほんの一冊」、佐伯チズ先生の「美肌の花道」、いのうえさきこ先生の「たおれるときは前のめり」も各200円で購入。 全4冊。合計で800円。 幸せ〜〜♪ BookOffで面白い本をまとめて購入できた時って、すごくスッキリする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/20 12:27
ギャラリーフェイク〔細野不二彦〕
先日観た『レンブラントの夜警』に触発され、久々に『ギャラリーフェイク』全32巻を読み返しております。 何回読んでもおもしろいわ。この漫画。 この漫画のお陰で、フェルメールとか若中など、流行りだす前から知る事ができたし、あまり好きじゃなかった画家の絵(クリムトとかモジリアニとか)も好きになれたし、もう感謝しつくせない。 ダヴィンチやゴッホのように大メジャーな画家だけでなく、日本ではあまりポピュラーではない作家について描いてくれている漫画もおもしろいものが多いです。 (ウィリアム・ブレイクを... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/17 14:36
悪魔の花嫁
『悪魔の花嫁』、ミステリーボニータで夏あたりから連載再開されているんですね。 今月発売の1月号はフィギュアスケートを舞台にした話になっているようで、冒頭の部分だけサラッと見てみました。 あとは単行本か文庫になった時の楽しみにとっておきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/13 13:06
ダヴィンチ12月号
「テレプシコーラ」第2部!いよいよ始まりましたねー! (長い数カ月だったわ…) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/11 13:27
ダヴィンチ9月号
6日、ダヴィンチ9月号を購入。 山岸先生の「ヴィリ」の最終回が、あまりに呆気なく終わってしまったので、拍子抜けしてしまいました。 “秋からテレプシの第二部が始まるから、駆け足で終わらせた”という感じがいなめないんですよね〜。 前回までは、主人公のレナ先生の心理描写や脇の人物の動きを丁寧に描いていただけに、あともう1話ほしいなと思いました。 山岸節が炸裂する“やり切れないラスト”になるかと思いきや、ハッピーエンドで終わってくれたので、アレはアレでよかったのかなー。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/08 14:26
コミック幽― 怪談マンガアンソロジー
オール初単行本化!豪華執筆陣による怪談マンガアンソロジー 『コミック幽』 ときにあでやかに、ときに飄々と、そして怖ろしく…… 日常に潜む怪異を、ベテランから新鋭までの実力マンガ家が描き出した怪談マンガ集。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/13 14:34
夕凪の街 桜の国〔こうの史代〕
「広島」ではなく「ヒロシマ」の話。 新しい視点から広島の原爆の悲劇を描いた名作です。 こう書いてしまうと「え………………………………」と、腰がひけてしまう方も少なくないように思いますが、“とにかく読んで!すごくいいから!”としか言えないんだな。 (語彙が貧困で情けなくなるな) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/21 12:27
ドラえもん…あんなこと♪いいなっ♪
「ドラえもん」最終話、勝手に作る http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070530-05276263-jijp-soci.view-001 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/30 12:00
「舞姫 テレプシコーラ」第11回手塚治虫文化賞受賞
山岸凉子先生『舞姫 テレプシコーラ』第11回 手塚治虫文化賞 受賞おめでとうございます! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/11 10:00
パラレル同窓会〔藤子・F・不二雄〈異色短編集〉4〕
『パラレル同窓会』藤子・F・不二雄の異色短編集(全14話) この短編集も名作、傑作揃いです。 奇妙な“カメラ”が巻き起こす不思議な話が多く、全編カメラシリーズで統一しても良かったのでは?と思いました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/06 00:13
箱船はいっぱい〔藤子・F・不二雄〈異色短編集〉3〕
『箱舟はいっぱい』藤子・F・不二雄の異色短編集(全12話) 〈異色短編集〉全4巻の中で一番気に入っています。 「イヤなイヤなイヤな奴」「どことなくなんとなく」「カンビュセスの籤」「あのバカは荒野をめざす」など、いずれも劣らぬ名作揃いですが、中でも一番の名作は「ノスタル爺」かと。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/05 12:44
気楽に殺ろうよ〔藤子・F・不二雄〈異色短編集〉2〕
『気楽に殺ろうよ』藤子・F・不二雄の異色短編集(全13話) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/04 14:20
ミノタウロスの皿〔藤子・F・不二雄〈異色短編集〉1
『ミノタウロスの皿』 藤子・F・不二雄の異色短編集(全13話) 完成されたペンタッチで、藤子F氏ならではのSF設定と鋭い風刺精神が存分に発揮された“ブラックでダーク”なのにユーモアのある摩訶不思議な世界が繰り広げられています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/04 01:07
不安の立像〔諸星大二郎〕
『不安の立像』は、諸星大二郎氏の傑作短編集です。 世にも奇妙な物語でドラマ化された「復讐クラブ」が読みたくて購入しました。 有名な話ですが、一応あらすじを。 「復讐クラブ」は自分の代わりに日頃の恨み、鬱憤を晴らしてくれる。追加注文も可能だが、その代償に他人の“復讐”も引き受けなければならない。 お風呂で足を滑らせて転倒するシーン以外は“ほぼ原作”と同じで吃驚。 橋爪さんの演技も光ってたし、原作もドラマもどちらも良作ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/01 11:34
洗礼「あの人の大好きなのりまきを二人で…」
楳図かずお先生の名作『洗礼』の名セリフの一つです(笑) 主人公のさくらが先生の好物をこしらえて家に行く時のセリフなんですけど、「何で“のりまき”なんだよ〜〜」って、何回読んでも笑える! もの凄い重々しい表情で「のりまき」とか言うから、オカシイったらない! 名セリフの多い『洗礼』ですが、「のりまき」はこの中でもダントツの素晴らしさ! ビバ!のりまき!(^0^) スープでかんぱい! ほほほほほほほ! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/27 12:16
純情クレイジーフルーツ〔松苗あけみ〕
(暑苦しい作品の紹介が続いたので、少女漫画の話なぞを) 『純情クレイジーフルーツ』は女子高が舞台の大傑作少女漫画です。 丸ノ内女学園に通う、実子・みよちゃん・沢渡くん・桃苗の仲良し面白4人組とその仲間達が送る、スイートでキュートでポップ♪なカワイイ話の数々は何年経っても色褪せない、何回読んでも飽きない面白さです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/25 11:18
『俺節』…復刻万歳!
復刊ドットコムから『俺節』の復刊のお知らせメールが来ました。 コミックパークから『俺節 全9巻』 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/14 16:59
まだ買い足りない…
2月、3月と残業が続いて忙しかったせいか、ネットと書店で買いまくってしまった。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2007/04/12 14:38
万俵大介がメイド喫茶にーー!(笑)
今月号の「ダヴィンチ」223ページの古屋兎丸さんの4コマ漫画に、万俵大介がゲスト出演してるんですよ。 メイド喫茶に癒しを求めて来たようなのですが、メイド相手に金融界のゆくえを聞いてるし…。 大介はどんな時でもどんな場所でも“銀行第一”の男でした。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/07 18:10
あさりちゃん
傍若無人に【てんとう虫コミックス】ネタで行きます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/23 14:29
うわさの姫子 その2
引き続き「うわさの姫子」ネタで参ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/22 12:27
うわさの姫子
つい先日、友人と漫画ネタで熱く語り倒しており、最後の方に“初めて買った漫画本は何か?”というネタが出て、そこに「うわさの姫子」(爆笑!)の名がっ! ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/21 15:40
神聖モテモテ王国〔ながいけん〕
超傑作ギャグ漫画『神聖モテモテ王国』 (小学館様、未収録分も合わせてどうか文庫化を!) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/12 14:05
手塚治虫…一冊読み出すと止まらない
山岸作品にもハマっていると同時に手塚治虫の怪奇短編集にもハマっています。 未熟者の自分は、どちらの漫画からも“人間”ってーものが深く学べます。 講談社文庫の『恐怖短編集4』に入っている「アトムの最後」は何度読んでも後味が悪い。 大昔に読んで、その当時はエライ衝撃を受けたものです。 (アトムが、自分の元に助けを求めに来た男女が信頼に能いするかどうかを見極めようとするシーンは好きです) 講談社文庫の恐怖短編集は1〜7に収録されている作品群は、他の出版者の短編集とかぶっているものもありますが... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/04 14:10
山岸凉子作品の集め方…一冊読み出すと止まらない
ダヴィンチの『舞姫−テレプシコーラ』にハマって、遅ればせながら山岸作品の魅力に気が着き、昨年の11月から山岸作品を買い漁っています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/31 12:58
美内すずえオフィシャルサイト…最高!
美内すずえ オフィシャルサイトが面白いと、あるサイトの管理人さんが紹介していたので、早速見てきました。 もう昭和の匂いがプンプンするサイトでした(いい意味でね) 読者の質問に「ガラスの仮面」のキャラが答えてくれる「インタビュールーム」が本当にケッサク! 月影先生が素敵すぎる…♪ 北島マヤ、亜弓様、真澄さんなどの主要キャラはもちろん、乙部のりえのインタビューまで出ていたのが個人的には大ヒット! (他のサブキャラに思い出せないのもあって、単行本を売ってしまったのが悔やまれる…。) 「イン... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/19 12:38
池袋ジュンク堂
一昨日、ジュンク堂で山岸凉子の文庫をまとめ買いし、リブロでテレビ雑誌を2冊購入。 今月は雑誌と本の購入で、かなりの出費ですが、楽しみが増えて嬉しい♪ テレビ誌は、SMAPの表紙のは全部購入。 金田一関係は雑誌2冊(別冊宝島とキネ旬) 山岸凉子の文庫はBOOKOFFで3冊、ジュンク堂で5冊(神かくし、鬼、白眼子などなど) 『鬼』を朝の通勤電車内で読んだ時は、ただただ暗く哀しい気持ちになっただけなのに、昼食あとに読み返したら気持ち悪くなってきた… ※読んだ事のない方にはサッパリワカラナイ... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/21 13:35
○ンコ盛り
 先日、本屋でぶらぶらしていたら、平台にあった西原理恵子さんの新刊『ああ息子』の帯の“テンコ盛り”が“○ンコ盛り”見えて、エライ驚きました。 “テンコ盛り”なんですねぇ〜。ハハハ…。 (だってタイトルが『ああ息子』だし〜〜) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/01/20 11:57
『あたしんち』11巻!
『あたしンち』は本当に面白いし可愛い漫画だと思う。 単行本の帯に“心の実家”と書いてあるけど、同感です。 読んだ事のない方は必読! (これからも連載が続きますように!) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/11/03 00:43

トップへ | みんなの「漫画」ブログ

Le passe-temps 漫画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる