アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ

タイトル 日 時
未知との遭遇・デジタル特別版〔1977〕
未知との遭遇・デジタル特別版〔1977〕 テレ東で深夜放送されていたのを観ました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/17 17:28
STARWARS/最後のジェダイ〔2017〕
STARWARS/最後のジェダイ〔2017〕 んもーーー!!!!! 話がとっ散らかり過ぎ!!!!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/16 15:09
まともな男〔2015〕
まともな男〔2015〕 休暇で来たスキー場。預かっている上司の娘の身に、ある悲痛な事件が起こる。 主人公のトーマスは保護者として穏便に済ませようとするが、事態はどんどん悪い方向へ進んでゆく……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/09 16:42
BRUTUS 2017年12月1日号[いまさら観てないとは言えない映画。]
BRUTUS 2017年12月1日号[いまさら観てないとは言えない映画。] なかなか読み応えありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/26 17:03
悪魔のような女〔1955〕
悪魔のような女〔1955〕 パリ郊外の寄宿学校校長のミシェルは、病弱な妻クリスティーナがありながら、同校の女教師ニコールと愛人関係にあった。 粗暴なミシェルに我慢が出来なくなったニコールとクリスティーナは結託し、ミシェルを殺害して敷地内のプールに遺体を沈める。 その後、ある理由でプールの水を抜かねばならなくなった時、沈めたはずのミシェルの遺体が無くなっていた。 それからというものの、2人の周囲には、ミシェルがあたかも生きているかのような物証が次々と判明し、ついには警察の介入を招いてしまう…。 本作は、作中で「作... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/25 17:10
おめでとうございます!
元SMAP3人に斎藤工が「オファーお待ちしてます」、GQアワード授賞式開催 ttp://natalie.mu/eiga/news/257850 案の定、地上波のいくつかのTV局では『新しい地図』の三人の存在をなかったことにして放送していたトコもあったようですね。 まぁ、『新しい地図』の3人以外の受賞者に全く触れてない局もあったようで、それもどうか?と思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/23 15:29
ドリーム〔2016〕
ドリーム〔2016〕 1961年、ヴァージニア州ハンプトン。ソ連との熾烈な宇宙開発競争を繰り広げるNASAのラングレー研究所には、ロケットの打ち上げに必要不可欠な“計算”を行うために、優秀な頭脳を持つ黒人女性のグループがあった。 そのひとり、キャサリンは数学の天才的な実力を見込まれ、宇宙特別研究本部のメンバーに抜擢されるが、白人男性だけのオフィス環境は劣悪そのもの。同僚のドロシーとメアリーも、それぞれ理不尽なキャリアの壁に直面することに。 それでも仕事と家庭を両立させながら夢を追い求めることを諦めなかった3人... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/19 15:13
僕のワンダフル・ライフ〔2016〕
僕のワンダフル・ライフ〔2016〕 オチがわかってるのに号泣しました! やっぱ号泣しました! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/19 15:04
ひなぎく〔1966〕
ひなぎく〔1966〕 イメージフォーラムにて「チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグ」鑑賞。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/19 14:07
AERA〔2017年11月13日号〕
AERA〔2017年11月13日号〕 表紙がハリソン・フォードで、特集が「72時間ホンネテレビの舞台裏」で、しかも11月13日号となれば、もう買わねばなりますまい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/12 10:35
ゴッホ〜最期の手紙〜〔2017〕
ゴッホ〜最期の手紙〜〔2017〕 2015年にこの作品の情報を知ってから、日本公開を待ちわびておりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/11 17:32
スイス・アーミー・マン〔2016〕
スイス・アーミー・マン〔2016〕 無人島で助けを求める孤独な青年ハンク。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体が流れ着く。 ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。 ハンクは意を決し、その死体にまたがるとジェットスキーのように発進! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/29 13:21
パターソン〔2016〕
パターソン〔2016〕 アダム・ドライバーが“カイロ・レン”に、やっと、見えなくなった『パターソン』。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/29 13:06
世界のミフネと呼ばれた男 三船敏郎映画デビュー70周年記念展
世界のミフネと呼ばれた男 三船敏郎映画デビュー70周年記念展 27日の金曜に観てきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/28 21:47
ブレードランナー 2049〔2017〕
ブレードランナー 2049〔2017〕 正直、あんまし期待していなかったのですが、良い続編でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/27 19:07
ブレードランナー ファイナル・カット〔2007〕
ブレードランナー ファイナル・カット〔2007〕 『丸の内ピカデリー爆音映画祭』にて、観賞してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/20 22:04
女神の見えざる手〔2016〕
女神の見えざる手〔2016〕 敏腕ロビイスト、エリザベス・スローンは、銃所持を後押しする仕事を断って、大会社から銃規制派の小さな会社に移る。 卓越したアイデアと決断力で、困難と思われていた仕事がうまくいく可能性が見えてきたが、彼女のプライベートが暴露され、さらに思いも寄らぬ事件が起こり……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/20 17:11
猿の名画
猿の名画 猿の名画の数々。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/15 16:55
エイリアン2〔1986〕
エイリアン2〔1986〕 『エイリアン1』はSFホラー映画で、『エイリアン2』はSFアクション映画って、感じがします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/15 16:18
エイリアン〔1979〕
エイリアン〔1979〕 午後ローの録画分をやっと観ました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/15 16:13
野良犬〔1949〕
野良犬〔1949〕 終戦直後の東京を舞台に、拳銃を盗まれた若い刑事がベテラン刑事と共に犯人を追い求める姿を描いた、黒澤監督初の犯罪サスペンス映画。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/14 16:43
DARK STAR/H・R・ギーガーの世界〔2014〕
DARK STAR/H・R・ギーガーの世界〔2014〕 『エイリアン』の造形で、第52回アカデミー賞視覚効果賞を受賞し、数々のアーティストのアルバムジャケットのビジュアルを担当した画家・デザイナーのH・R・ギーガー。 個性豊かな作品が誕生した自宅やアトリエに潜入するほか、父親にもらった頭蓋骨や博物館で感じたミイラの恐怖、3人の女性との出会い、さらには『エイリアン』誕生の逸話などが紹介される。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/30 21:30
ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣〔2016〕
ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣〔2016〕 19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなるも、人気のピークで電撃退団。 バレエ界きっての異端児の知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/30 18:18
ダンケルク〔2017〕
ダンケルク〔2017〕 1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。 ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミーら若い兵士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。 一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソンは息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイロットのファリアが、数的に不利ながらも出撃する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/16 12:13
よう来てくれたのう…
よう来てくれたのう… 先日の9月15日に来てくれとりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/16 11:30
遅くなりましたが…
俳優・土屋嘉男さん死去 『ゴジラ』シリーズや黒澤映画で活躍 ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000026-flix-movi ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/06 22:06
いつも心はジャイアント〔2016〕
いつも心はジャイアント〔2016〕 頭の骨が変形する難病を患う青年リカルドには父がおらず、精神を病んでしまった母も自分とは別の施設で生活をしている。 親子一緒に暮らす事を望むリカルドは、いつしか自分が巨人になって母を迎えに行く不思議な世界を空想するようになっていた。 ふさぎ込みがちの彼だったが、ペタンクという球技と出会い人生が一変する。試合で勝つことができれば、今は会えない母にも元気を与えることができると考えたリカルドは、夢中でペタンクに打ち込んでいく。 特異な見た目のせいで差別を受け続けてきたが、共に暮らす施設の仲間や... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/02 17:26
戦争のはらわた〔1977〕
戦争のはらわた〔1977〕 1943年、ドイツとソ連軍が死闘を繰り広げたロシア戦線。一時はスターリングラードまで侵攻したドイツ軍はソ連軍の猛反撃により劣勢を極めていた。 この前線に着任したシュトランスキー大尉はドイツ軍最高の勲章「鉄十字章」の獲得に異常な執念を燃やす。 その部下の第2小隊を率いるシュタイナー伍長は兵士たちから厚い信頼を寄せられる、卓越した戦闘能力を持つ男。 絶望的な状況下、ドイツ軍の男たちの悲痛な運命が展開される。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/01 18:22
おしゃれ泥棒〔1966〕
おしゃれ泥棒〔1966〕 午前十時の映画祭にて鑑賞してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/26 16:10
自虐の詩〔2007〕
自虐の詩〔2007〕 午後ローの「夏休み映画SP」として放送されてました。 「夏休み映画SP」だっつーのに、8月14日に映画『自虐の詩』をぶっこんでくる、テレビ東京のこういうトコ好きです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/20 16:55
この世界の片隅に 劇場アニメ絵コンテ集
この世界の片隅に 劇場アニメ絵コンテ集 しみじみニヤニヤしながら読み進めとります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/20 16:25
昼下がりの情事〔1957〕
昼下がりの情事〔1957〕 『ローマの休日』でオードリーに目覚め、そして『昼下がりの情事』で完全にオードリーに墜ちました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/19 17:02
ありがとう、うちを見つけてくれて 「この世界の片隅に」公式ファンブック
ありがとう、うちを見つけてくれて 「この世界の片隅に」公式ファンブック このファンブックに関しても、言いたいことがあり過ぎてあり過ぎて、まとまりません! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/16 15:12
"この世界の片隅に"コトリンゴの映画音楽
"この世界の片隅に"コトリンゴの映画音楽 "この世界の片隅に"コトリンゴの映画音楽 ttp://www4.nhk.or.jp/P4454/# ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/16 14:55
この世界の片隅に〔2016〕
この世界の片隅に〔2016〕 行って来ました。テアトル新宿さんに。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/15 19:20
ローサは密告された【原題:MA' ROSA】〔2016〕
ローサは密告された【原題:MA' ROSA】〔2016〕 マニラのスラム街で、小さな雑貨店を夫婦で営みながら、4人の子供を育てるローサ。 ローサは地元の人気者だったが、家計のために少量の麻薬を扱っていたことが原因で、夫と共に逮捕されてしまう。 子供たちは、腐敗した警察から両親を取り戻そうと力を尽くすが……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/14 21:38
裁き【原題:COURT】〔2014〕
裁き【原題:COURT】〔2014〕 ある下水清掃人の死体が、ムンバイのマンホールの中で発見された。ほどなく、年老いた民謡歌手カンブレが逮捕される。 彼の扇動的な歌が、下水清掃人を自殺へと駆り立てたという容疑だった。不条理にも被告人となった彼の裁判が下級裁判所で始まる。 理論的で人権を尊重する若手弁護士、100年以上前の法律を持ち出して刑の確定を急ぐ検察官、何とか公正に事を運ぼうとする裁判官、そして偽証をする目撃者や無関心な被害者の未亡人といった証人たち。 インドの複雑な社会環境の中で、階級、宗教、言語、民族など、あら... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/14 21:35
鬼の棲む舘〔1969〕
鬼の棲む舘〔1969〕 南北朝の戦乱時代。村で普通に暮らしていた男、太郎は、白拍子の愛染に心を奪われて妻を捨てて遁走し、山奥の無人寺に住みついて盗賊と化していた。 そこに太郎を連れ戻そうとする彼の妻、楓がやってきて3人は同居するようになる。 そんなある日、高野山の上人が寺を訪れるが、彼は出家する前に愛染と関係があった………。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/11 15:56
ザ・ドア 交差する世界〔2009〕
ザ・ドア 交差する世界〔2009〕 画家である主人公のダヴィッドが近隣に住む愛人と情事に及んでいる最中に、虫取りに夢中になっていた娘が不慮の事故で溺死してしまう。 5年後、妻には捨てられ、何もかも無くしたダヴィッドは自殺を図るも失敗に終わる。 絶望したダヴィッドは街を彷徨っているうちに奇妙なトンネルに入って行き、その奥のドア開けると、娘が死亡した“5年前の世界”にたどり着いていた。 ダヴィッドは娘を助けるが、“5年前の自分”が自宅に戻って来て鉢合わせになり、もみ合っているうちに主人公は“5年前の自分”を殺してしまう。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/06 16:52
心が叫びたがってるんだ〔2015〕
心が叫びたがってるんだ〔2015〕 先日、観ました。 (地上波初登場の録画を) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/06 11:16
きたーーーーーーーっっっっっ!!!!!
きたーーーーーーーっっっっっ!!!!! すずさんからのお葉書。 8月3日に到着しておりました。 (なかなか来ないから、記入ミスしたんかと焦ったわ〜!) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/05 13:59
雲のむこう、約束の場所〔2004〕
雲のむこう、約束の場所〔2004〕 切ない青春物語かと思いきや、なかなか壮大な設定の物語で、ちょっとビックリしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/30 16:30
ボン・ボヤージュ〜家族旅行は大暴走〜【原題:A FOND/FULL SPEED】〔2016〕
ボン・ボヤージュ〜家族旅行は大暴走〜【原題:A FOND/FULL SPEED】〔2016〕 タイトル通りの映画でした。 夏のバカンスへ向かう主人公一家の乗る新車は最新設備搭載のはずがシステムエラーを起こし、減速も停車もできず、時速160キロのフルスピードで暴走します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/23 14:16
ヒトラーへの285枚の葉書【原題:Alone in Berlin】〔2016〕
ヒトラーへの285枚の葉書【原題:Alone in Berlin】〔2016〕 ドイツ人作家ハンス・ファラダがゲシュタポの文書記録をもとに執筆した小説「ベルリンに一人死す」を映画化し、ペンと葉書を武器にナチス政権に抵抗したドイツ人夫婦の運命を描いたドラマ。 1940年6月、ベルリンで暮らす労働者階級の夫婦オットーとアンナのもとに、最愛の息子ハンスが戦死したとの報せが届く。 夫婦で悲しみに暮れていたある日、オットーはヒトラーに対する批判を綴ったポストカードを、密かに街中に置く。 ささやかな活動を続けることで魂が解放されていく2人だったが、やがてゲシュタポの捜査の手が... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/22 16:50
思い出のマーニー〔2014〕
思い出のマーニー〔2014〕 金ローの録画分を先ほどまで観ておりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/17 16:24
この世界の片隅に〔2016〕
この世界の片隅に〔2016〕 先日、久々に行って来ました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/16 14:53
JOHN WICK:CHAPTER2〔2017〕
JOHN WICK:CHAPTER2〔2017〕 予告編がすごく良かったのと、前作は未鑑賞ですが、観ていなくても特に問題はなさそうだと思い、先日観てきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/16 14:31
パレードへようこそ〔2014〕【原題:Pride】
パレードへようこそ〔2014〕【原題:Pride】 マーガレット・サッチャー政権下の1984年夏、ロンドン。炭鉱労働者のストライキの報道を見たマークは、彼らを救済すべく仲間たちと募金活動をすることに。 しかし、ゲイとレズビアンの活動家グループであるマークたちが必死でかき集めた支援金を受け入れる炭鉱団体はなかった。 それでもマークたちはめげず、労働者たちに直接寄付金を渡すためロンドンからウェールズへ向かう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/02 16:43
TAP -THE LAST SHOW-〔2017〕
TAP -THE LAST SHOW-〔2017〕 良い前評判が届いていたし、水谷さんの初監督作品でもありますし、“これは是非観なくては!”と思いつつ、7月1日にようやく観られました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/01 16:38
アルバート氏の人生〔2011〕【原題:Albert Nobbs】
アルバート氏の人生〔2011〕【原題:Albert Nobbs】 19世紀アイルランド。モリソンズホテルでウェイターとして働くアルバートには、誰にも言えない重大な秘密があった。 それは、“彼"が14歳の時からずっと、貧しく孤独な生活から逃れるため、男性になりすまして生きてきた“女性"であるという事実だった…。 誰にも真実を打ち明けることなく、40年以上もたった独りで生きてきたアルバートだったが、ある日、ホテルにやってきたハンサムなペンキ屋ヒューバートに出会ったことで、固く閉ざされていた心の扉が開き出す…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/25 17:17
あしたのパスタはアルデンテ〔2010〕【原題:Mine vaganti】
南イタリアの古都レッチェで老舗パスタ会社の経営者の次男トンマーゾが長男の社長就任祝いのために、ローマから帰郷する。 就任祝いの食事会の前に、長男にだけは自分が「ゲイ」であることを打ち明ける。 トンマーゾは食事会で、家族みんなに自分が「ゲイ」だと告白して勘当されることを期待し、即出て行けるように荷物をまとめ、ローマで待つ恋人にも連絡し、準備万端整える。 しかし、その食事会で長男が自分が「ゲイ」であることを先に告白し、その場は凍りつく。 長男に先を越されて、何も言えなくなってしまったトン... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/25 16:18
ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー〔2015〕
映画『十戒』でモーゼが海を割り奇跡を起こす名シーン。ヒッチコックの『鳥』で逃げ惑う人々を鳥たちが襲うシーン。青春映画『卒業』でミセス・ロビンソンが自宅に呼びベンジャミンを誘惑するあのシーン…。 ハリウッド全盛期に誕生した数多くの名シーンのもとにはハロルドの絵コンテとリリアンの映画リサーチがあった。 映画をこよなく愛し、ハリウッドの巨匠たちからも愛された絵コンテ作家ハロルドと映画リサーチャーのリリアン。 愛と情熱だけでなく、創造性とアイディアを分かち合った知られざる夫婦の心温まる感動的な... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/24 15:27
突然炎のごとく〔1962〕
午前十時の映画祭にて、本日鑑賞してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/16 16:12
FRANTIC〔1988〕
パリで開かれた学会に出席した米人医師とその妻。しかし、妻が突然何者かに誘拐されてしまったことから、医師は言葉の通じないパリを奔走し、妻の行方を追う……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/11 16:01
怪物はささやく〔2016〕
難病を抱えた母とふたりで暮らす13歳の少年、コナー。裏窓から教会の墓地が見える家に住むコナーは、毎晩のようにひどい悪夢にうなされていた。 そんなある夜、コナーのもとに怪物が姿を現し、コナーがひた隠しにするある“真実“を告白するよう強要する…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/09 21:46
ジェーン・ドウの解剖〔2016〕
身元不明の女性「ジェーン・ドウ」(※身元不明の男性の場合はジョン・ドウ)の検死を行うことになった検死官の親子が、解剖を進めるうちに怪奇現象に襲われるホラー。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/03 15:47
Viva!公務員〔2015〕
幼いころからの夢をかなえてケッコは公務員になった。安定した職。親がかりで生活費はゼロ。ママが美味しい食事をつくってくれ、身の回りの面倒もみてくれるから、恋人との結婚は先送りして、お気楽な独身生活を楽しんでいた。 ところが、政府が公務員削減に乗り出し、ケッコも対象となり、早期退職か移動かの選択を迫られる。 リストラ担当のシローニはケッコをイタリア各地に始まり、外国にまで移動させ、遂には厳寒のノルウェーの離島にまで送り込む。 ところが、ケッコはめげるどころか、離島の観測所の研究員ヴァレリア... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/28 15:53
アンタッチャブル〔1987〕
下画像のアンディ・ガルシア演じるストーンの最高なシーン目当てに、『午前十時の映画祭』にて鑑賞してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/28 14:51
美女と野獣〔2014〕
先日の金ローを録画して、先ほどまで鑑賞しておりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/21 17:00
無限の住人〔2017〕
なかなか見応えのある「チャンバラ映画」でした。 主人公演じる木村の殺陣が巧いのかどうか判断はつきかねますが、動きが凄く速かったし、時代劇経験もあるので、刀の扱いも“場数を踏んでいる”ように見えたのが良かったです。。 (まぁ、冒頭とクライマックスのチャンバラシーンに関しては、編集の妙って〜のもあるのかなぁ) 何故ゆえに、あちこちでクソミソなレビューが上がるのかが謎です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/20 17:51
潜入者〔2016〕
麻薬王パブロ・エスコバルの組織に約5年間潜入捜査をしたロバート・メイザーの回顧録(原作:『The Infiltrator』)をベースにした犯罪サスペンス。 1980 年代、コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルは史上最大級の犯罪帝国を築き、アメリカに流入するドラッグの大半が彼の組織を経由したものと言われていた。 アメリカ政府はこの事態を憂慮し、大規模な潜入捜査作戦を計画。ベテラン捜査官ロバート・メイザーを架空の大富豪に仕立てあげ、財力で組織に取り入り、内部から組織を崩壊させようとする。 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/14 14:26
これは絶対!観たい!!!!
戦争映画史上の最高峰サム・ペキンパー監督の『戦争のはらわた』がデジタル・リマスターで日本初上映が決定!【公開40周年記念】 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/13 16:55
蠅の王「原題:Lord of the Flies」〔1963〕
時代は核戦争が起こる近未来。 陸軍幼年学校の生徒たちを乗せた飛行機が墜落した。 とりあえず一命を取り留めた24人の少年たちは、近くの無人島へ漂着する。 しかし彼らは、世間から隔絶されたこの島で、己の内に秘めた野性に目覚め、やがて理性と秩序を失ってゆく…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/06 18:48
パリは燃えているか〔1966〕
1944年8月、第2次世界大戦の連合軍の反撃作戦が始まっていた頃、フランスとアメリカの両師団がパリ進撃開始の命令を待っていた。一方、独軍のコルティッツ将軍は連合軍の進攻と同時に、パリを破壊せよという総統命令を受けていた。 そんな中、“連合軍はパリを迂回して進攻する"というメッセージがレジスタンス派に届き、自由フランス軍の首領ロル大佐は自力でパリを奪回しようと決意する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/03 18:13
ショーシャンクの空に〔1994〕
ショーシャンク刑務所に、若き銀行の副頭取だったアンディ・デュフレーンが、妻と間男を殺害した罪で入所してきた。 最初は刑務所の「しきたり」にも逆らい孤立していたアンディだったが、刑務所内の古株で“調達係”のレッドは彼に他の受刑者達とは違う何かを感じていた。 そんなアンディが入所した2年後のあるとき、アンディは監視役のハドレー主任が抱えていた遺産相続問題を解決する事の報酬として、受刑者仲間たちへのビールを獲得する。この一件を機に、アンディは刑務所職員からも受刑者仲間からも、一目置かれる存在に... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/02 18:03
メリー・ウィドウ(The Merry Widow)〔1934〕
パリに暮らす小公国の大富豪未亡人・ソニア。遺産目当ての外国人と再婚されたら一大事と、公国の大使は一計を講じ…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/23 21:33
天国は待ってくれる〔1943〕
『天国は待ってくれる』(原題:Heaven Can Wait)1943年製作のアメリカ映画。 エルンスト・ルビッチ監督によるソフィスティケイテッド・コメディの一作で、同監督初のカラー映画(テクニカラー)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/23 21:31
ルビッチ・タッチII【シネマヴェーラ渋谷】
『ルビッチ・タッチII』観て来ました! ずっと初日を楽しみにしていた『天国は待ってくれる』と『メリー・ウィドウ』の二作を堪能。 無駄に長い予告編もなく、スッと本編に入ってくれるのが良かったです。 (しかし、次の上映作品が始まるまでの時間が短いのが…) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/23 16:26
ファイナル・デスティネーション〔2000〕
パリへ修学旅行に向かう高校生のアレックス・ブラウニングは、飛行機が大爆発する夢を見て騒ぎを起こし、離陸前に飛行機を降ろされてしまう。 巻き添えをくった友人や教師らを残して離陸した飛行機はアレックスの夢のとおり空中で爆発、運良く生き残ったかに思われた彼らにも再び死の恐怖が……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/16 15:05
ダイ・ハード〔1988〕
ビルを舞台にした1980年代の傑作映画。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/16 10:54
タワーリング・インフェルノ〔1974〕
ビルを舞台にした1970年代の傑作映画。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/16 10:53
午後8時の訪問者〔2016〕
若い医師ジェニーが診療時間を大幅に過ぎてから鳴らされたドアベルに応対しなかった翌日、近所で身元不明の少女の遺体が発見される。 診療所の監視カメラにはその少女が助けを求める姿が映し出されていた。自分が診療しなかったせいで少女が死んだのではないかという思いにさいなまれるジェニーは、少女の生前の足取りを調べ始める。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/09 14:44
わたしは、ダニエル・ブレイク〔2016〕
59歳のダニエルは、イギリス・ニューカッスルで大工の仕事に就いていたが、心臓の病でドクターストップがかかる。 失職した彼は国の援助の手続きを進めようとするが、あまりにもややこしい制度を前に途方に暮れる。 そんな中、ダニエルは二人の子供を持つシングルマザーのケイティと出会う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/09 13:11
秒速5センチメートル〔2007〕
山崎まさよしさんの歌「One more time, One more chance」が作品にハマり過ぎて泣いてしまい、エンディングのスタッフロールのトコで“アフレコ演出:三ツ矢雄二”の名を見て、ニヤリとしてしまいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/02 17:52
乱〔1985〕【4K上映】
年度始めに相応しい映画をと思い、楽しみにしておりました。 (やはり、初日の初回は満席でした) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/02 14:16
この世界の片隅に〔2016〕
『この世界の片隅に』観てきました!4回目! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/26 10:58
人類遺産 HOMO SAPIENS〔2016〕
先日、観てきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/20 15:32
哭声/コクソン〔2016〕
「韓国版エクソシスト」な映画でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/13 17:27
相棒-劇場版IV〔2017〕
映画版のキャストを見た瞬間、犯人(大ボス)は誰なのかわかりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/11 17:46
ラ・ラ・ランド La La Land〔2016〕
先日、2回目を観てきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/11 10:28
アナと雪の女王〔2013〕
地上波初登場とのことで、録画して観ました。 (嫌な予感と悪寒がガンガンしたので、録画で正解でした) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/06 21:26
言の葉の庭〔2013〕
靴職人を目指す高校生・タカオは、雨の朝は学校をさぼり、日本庭園で靴のスケッチを描いている。そこで出会った、謎めいた年上の女性・ユキノ。 やがて二人は約束もないまま雨の日だけの逢瀬を重ねるようになり、心を通わせていくが、梅雨は明けようとしていた…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/04 17:38
おめでとうございます!
【第40回日本アカデミー賞】最優秀賞アニメ賞は「この世界の片隅に」 片渕監督「諦めなくてよかった」 ttp://eiga.com/news/20170303/32/ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/04 16:25
アウトブレイク〔1995〕
アフリカから持ち込まれた非常に致死性の高いウイルスによる未曾有の「バイオハザード(微生物災害)」に立ち向かう人々を描いたサスペンス映画。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/26 21:16
1997年に亡くなった三大映画スター 没後20年 三船敏郎・勝新太郎・中村錦之助【新文芸坐】
先日、三船敏郎主演の『用心棒』と『生きものの記録』を鑑賞してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/26 17:48
生きものの記録〔1955〕
鋳物工場の経営者・中島は、あるときから原水爆に異様な関心を示すようになり、全財産を処分して家族全員でブラジルへの移住を企てるが、反対する家族の者たちは裁判所に彼を準禁治産者とする申請を申し立てる。 やがて申請は承認され、そのショックと疲労などで中島は狂乱の行動に出てしまう…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/26 15:11
ラ・ラ・ランド La La Land〔2016〕
予告編で味わったライブ感と高揚感を信じ、ライブやコンサートを観に行くような気持ちで劇場に向かいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/24 14:37
ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映「アニメーションの神様、その美しき世界」【イメージフォーラム】
やっと観てきました。 緻密で温かみのある映像をデジタルリマスターで堪能できました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/18 09:33
ルワンダの涙 Shooting Dogs〔2005〕
1994年にルワンダ共和国で起きた大虐殺の模様を、現地で取材したBBC記者の実体験をベースに映画化。 フツ族によるツチ族虐殺事件が勃発し、学校は一夜にして難民の避難所に。 国連軍が諦めて手を引いた時、英国人教師と神父は大きな選択を迫られる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/12 16:17
シークレット・ウインドウ〔2004〕
人気作家モート・レイニーの前に突然現れた謎の男シューターと、身に覚えのない盗作疑惑。 そしてシューターの正体を探る者、彼の姿を見た者たちが次々と命を落としていく…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/05 15:13
エゴン・シーレ 死と乙女〔2016〕
主演俳優がエゴン・シーレと似ているように見えたし、制作国がオーストリアですから、期待して観に行ったのですが、映画として見せ場も盛り上がりも無い残念な作品でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/04 17:36
アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男〔2016〕
1950年代後半のフランクフルト、検事長フリッツ・バウアーは、ナチスによる戦争犯罪の告発に奔走していたが、捜査は難航していた。 ある日、ホロコーストに深く関わった親衛隊中佐アドルフ・アイヒマン潜伏に関する情報を入手。 バウアーは、ナチス残党がいるドイツの捜査機関ではなく、イスラエルの諜報機関モサドに情報提供しアイヒマンを追い詰める。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/04 17:32
奇跡の人 The Miracle Worker〔1962〕
言わずと知れた名作。 本日、午前十時の映画祭にて鑑賞してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/02 17:20
この世界の片隅に〔2016〕
入場者特典のポストカードが欲しかったのと、1月中にまた観ておきたいと思い、テアトル新宿まで出かけました。 開場が9時なのに20分前には入口前に列ができており、劇場内は満席で“今日が初日なのか?”と思うほどでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/29 12:45
ヒトラーの忘れもの LAND OF MINE〔2015〕
ろくな訓練も受けぬまま何万もの地雷が埋められているの浜辺へ駆り出された10数名のドイツ人少年兵と、彼らの監督を務めるデンマーク人軍曹の物語。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/27 21:36
沈黙 −サイレンス−〔2016〕
本日初日、観てきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/21 18:42
ヒッチコック/トリュフォー〔2015〕
“映画の教科書”と呼ばれる書籍『定本 映画術 ヒッチコック/トリュフォー』を紐解くドキュメンタリー。 トリュフォーによるヒッチコックのインタビューの音声と、現代のフィルムメーカーたちのインタビューを交え、ヒッチコックの映画術をよみがえらせる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/07 22:02
この世界の片隅に〔2016〕
2016年最後を飾るに相応しい映画。 (今年は公私共にろくでもない1年だったので、せめて映画だけは綺麗な作品で占めたいと) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/29 18:56
めまい〔1958〕
かつて同僚を転落死させてしまったトラウマから極度の高所恐怖症を患う元刑事ジョンの前に、ある日旧友が現れる。 昼間から夢遊病者のように不可解な行動を取る旧友の妻マドレイヌの調査を依頼され、ジョンは早速彼女の尾行を始める。 そんなある日、彼の目前でマドレイヌは海に身を投げてしまい……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/29 18:35
Don't Breathe〔2016〕
養育放棄の両親と暮らす不良少女ロッキーはいつの日か共にここから抜け出そうと妹に約束していたが、そのために必要な逃走資金を得られるあてはなかった。 ボーイフレンドのマニーから地下室に金庫を持っているらしい視覚障害者宅への強盗を持ちかけられた彼女はマニーと友人のアレックスの3人で真夜中に盲目の男性の屋敷に押し入るが、そこで彼らは実はこの男が超人的聴覚を用いて自宅への侵入者を仕留めていく連続殺人者だったと知る。 果たしてロッキーとアレックスは、即座にマニーを殺害した盲者の追撃を回避して悟られる... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/17 15:20
地下水道〔1956〕
ワルシャワ蜂起の敗北を描いた、アンジェイ・ワイダ監督の「抵抗三部作」第2作。 ドイツ軍に占領された旧市街をポーランド軍中隊が行軍する。度重なる攻撃でついに進退きわまった隊員たちは、下水道を使って撤退するべくマンホールを降りてゆくが…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/14 21:08
暴走機関車〔1985〕
黒澤明監督の原案を元に映画化されたパニックアクション大作。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/11 16:35
犬神家の一族〔1976〕
本日より開催の【角川映画祭 アンコール上映】にて鑑賞いたしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/10 18:19
クリスマス・ツリー〔1968〕
監督テレンス・ヤング、主演ウィリアム・ホールデンによる感動作。 バカンスで滞在していた島で、放射能による事故で不治の病に犯されてしまった10歳の少年パスカル。 余命わずかと宣告された息子には真実を伝えず、父親や周囲の大人は笑顔あふれる幸せな日々を送らせようと、ひたすら最高の愛を注ぐ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/04 17:00
シークレット・オブ・モンスター〔2015〕
2016年度最大の期待ハズレ映画でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/03 16:06
灰とダイヤモンド〔1958〕
第二次世界大戦末期、ポーランド。反ソ派テロリストのマチェックは、ソ連から来た共産地区委員長暗殺の指令を受ける。 しかし、誤って別の男二人を殺してしまう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/27 17:08
モンパルナスの灯〔1958〕
画家アメデオ・モディリアーニの伝記映画。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/27 13:49
映画館初鑑賞!
モンパルナスの灯〔1958〕 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/26 18:24
手紙は憶えている〔2015〕
70年前、家族を殺したナチスを探せ。 容疑者は4人。手がかりは1通の手紙のみ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/19 15:40
この世界の片隅に〔2016〕
本日初日、池袋HUMAXにて鑑賞いたしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/12 17:02
ボクの妻と結婚してください。〔2016〕
映画『死ぬまでにしたい10のこと』の男性版。 と、予告篇を見た時に思いました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/29 11:50
エクス・マキナ〔2015〕
可憐で美しく優れた人工知能を持つ女性型アンドロイドと青年プログラマーの恋の行方は……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/22 17:21
七人の侍【4K上映】
先日『午前十時の映画祭』で観てきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/22 15:51
ボーン・アイデンティティー〔2002〕
“ボーン・アイデンティティー? “骨の自己同一性”って、何やねん???” と、タイトルを大勘違いしていたあの日。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/16 16:07
「顔圧」ってーーー!!!!
「顔圧」って造語、ニコケイ様にしか使えないッスね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/16 13:40
ルパン三世 カリオストロの城〔1979〕
久々に観ました。 面白かったです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/16 13:23
角川映画の40年【東京国立近代美術館 フィルムセンター】
先日、観てきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/15 17:06
イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優〔2015〕
「カサブランカ」「ガス燈」「オリエント急行殺人事件」「秋のソナタ」など、数々の傑作で知られるスウェーデン出身の名女優イングリッド・バーグマンのドキュメンタリー。 知性あふれる美貌と卓越した演技力でハリウッド黄金期に活躍し、アカデミー賞に7度ノミネートされ、3度の受賞を果たしたバーグマン。 世界中の人々を魅了する一方で、プライベートでは不倫騒動や3度の結婚などスキャンダルも多く、波乱万丈の人生を送った。 父親の影響でカメラ好きだったバーグマンが肌身離さず持ち歩いていたカメラで撮影された貴... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/01 15:34
グレース・ケリー展〜モナコ公妃が魅せる永遠のエレガンス〜【松屋銀座】
全てが美し過ぎて、溜息しか出ませんでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/25 13:37
リトル・ボーイ 小さなボクと戦争〔2015〕
第2次世界大戦の最中、カリフォルニア州の漁村で暮らす8歳の少年ペッパーは、村で一番背が低いことから周囲に“リトル・ボーイ”と言われていた。 そんなペッパーは、父親ジェイムズのようになりたいと思っていた。 ある日、扁平足で入隊できない兄に代わり父が徴兵されてしまい……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/24 14:53
シン・ゴジラ〔2016〕
遅ればせながら、やっと観てきました。 予想していたよりすごく迫力あって面白かったです。 ロングランになったのも納得できました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/19 15:29
ゴジラ〔1954〕
巨大怪獣ゴジラが登場するゴジラシリーズ第1作。日本の怪獣映画の元祖。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/17 17:53
セルラー〔2004〕
見知らぬ男性の携帯へ繋がったSOSの電話を唯一の命綱に繰り広げられるサスペンス・スリラー。 監禁された女性に迫り来る危機と、彼女からの電話を受けた青年が救出へ向け奔走する姿を緊迫感溢れるタッチで描く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/11 15:38
生きる〔1952〕
無気力な日々を過ごしてきた公務員の渡辺は、ガンで後半年の命と悟り、恐れおののき、嘆き悲しみ激しい葛藤をした末、市役所に懇願する人々の願にこたえて公園を作ろうと努力していく……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/10 21:31
グランド・イリュージョン〔2013〕
マジシャンとして一流の腕を持つアトラスは、フォー・ホースメンというスーパーイリュージョニストグループを束ねていた。 彼らはマジックショーの中で、ラスベガスから一歩も動くことなく、パリにある銀行から金を奪ってみせた。この件を受けて、次の計画を彼らが実行する前に食い止めようとFBI特別捜査官のディランが捜査を始めるものの……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/04 17:57
CAROL〔2015〕
1952年のニューヨーク。デパートでアルバイトをするテレーズは、娘へのプレゼントを探すキャロルに応対する。 優雅で気品に満ちた美しさを誇るも、謎めいたムードもある彼女に魅了されたテレーズ。 彼女にクリスマスカードを送ったのを契機に、二人は会っては話をする仲になる。 娘の親権をめぐって離婚訴訟中の夫と争うキャロルと恋人からの求婚に思い悩むテレーズ。 そんな中、彼女たちは旅行に出掛けるが……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/03 16:01
ファイナル・カウントダウン〔1980〕
1980年12月7日、ハワイ沖を航行していた原子力空母ニミッツが突然タイム・スリップ。 一瞬の後、1941年12月7日、日本軍による真珠湾攻撃の現場に迷い込んでしまう。 まさに日本軍が奇襲をかける寸前だと知った乗組員たちは最新鋭戦闘機F14によるゼロ戦との戦闘に突入するが…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/28 16:06
The Getaway〔1972〕
銀行強盗のドク・マッコイは、テキサスの刑務所から予定より早く出所した。妻のキャロルに頼んで悪徳政治家ジャック・ベニオンと裏取引したのだ。その条件はもちろん銀行を襲うことと、多額の報酬。 ドクは綿密な計画を立て、キャロルとジャックが手配した仲間2人とともに銀行を襲った。 目的は果たしたものの、逃亡途中でジャックの罠にはまり、警察とジャック一味から追われる身に。 果たしてドクの運命は……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/27 15:36
日本のいちばん長い日〔2015〕
期待せずに観ましたが、期待を下回りました。 (鑑賞前にFBなどで2015年度版のレビューをチラホラ観てしまった影響もありますが、期待値を下げればイイだろうと安直に考えていた自分が愚かだった)       ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/21 17:50
野獣死すべし〔1980〕
先日、角川シネマ新宿にて鑑賞いたしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/20 17:56
ストリート・オーケストラ〔2015〕
バイオリニストのラエルチはサンパウロ交響楽団の最終審査に落ちてしまい、仕送りや家賃のためにスラム街の学校でバイオリンを教えることにする。 しかし教室は屋根もなく、生徒は意欲的なサムエルを除いて問題児ばかり。 ある日、ギャングに脅されたラエルチが見事な演奏で彼らを黙らせたことから、生徒たちも音楽の力を実感し、熱心に取り組むようになるが……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/13 21:26
犬神家の一族〔1976〕
先日、角川シネマ新宿「角川映画祭」にて鑑賞してきました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/31 16:58
角川映画祭【角川シネマ新宿 2016年7月30日〜9月2日】
『読んでから見るか、見てから読むか』 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/30 16:55
映画 日本刀 〜刀剣の世界〜〔2016〕
映画史上初の刀剣ドキュメンタリー。それは、名刀と匠の共演乱舞―。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/24 13:33
ジョニーは戦場へ行った〔1971〕
ダルトン・トランボ原作小説を映画化。 第一次世界大戦下を背景に、戦場で両手足・耳・目・口を失った男が出征前を回想し、静かに反戦を訴える作品。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/24 13:29
トランボ ハリウッドに最も嫌われた男〔2015〕
『ローマの休日』『ジョニーは戦場へ行った』などの名作を手掛けてきた脚本家ダルトン・トランボの半生を描く伝記映画。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/23 17:42
シング・ストリート 未来へのうた〔2015〕
「はじまりのうた」「ONCE ダブリンの街角で」のジョン・カーニー監督の半自伝的作品で、好きな女の子を振り向かせるためにバンドを組んだ少年の恋と友情を、1980年代ブリティッシュサウンドに乗せて描いた青春ドラマ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/16 09:00
AMADEUS〔1984〕
1823年11月のある晩、ウィーンの街でひとりの老人が発狂して自殺を図り、病院へ運ばれた。 この老人は、かつてウィーンで最も尊敬された宮廷音楽家、アントニオ・サリエリ。 数週間後、サリエリの告白を聞くために若年の神父・フォーグラーが病室を訪れた。やがて、サリエリの回想が始まった…。 イタリアに生まれたサリエリは、作曲家として優れた才能を持っていた。やがて音楽の都ウィーンへ赴き、皇帝ヨーゼフ2世付きの宮廷音楽家になった。 そんな順調なサリエリの人生も、天才ヴォルフガング・アマデウス... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/15 21:07
写真展『映画館』映写技師/写真家 中馬聰の仕事【東京国立近代美術館 フィルムセンター】
何とかギリギリ間に合いました。 期待通りのいい写真展でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/08 21:39
DEADPOOL〔2016〕
あー♪楽しかった♪ “俺ちゃん”の悪ノリと暴れっぷりとエグさを堪能いたしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/04 21:27
楽しみです。
チェコの鬼才ヤン・シュヴァンクマイエル監督の最新作へのクラウドファンディングが日本語もつけて最終募集中! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/03 13:31
アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅〔2016〕
本日観てきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/02 17:11
レジェンド 狂気の美学〔2015〕
1960年代のイギリス・ロンドンで暗躍した実在の双子のギャングを、トム・ハーディが一人二役で演じるクライムサスペンス。 裏社会のみならず有力者ともつながりを持ったクレイ兄弟が、その名をとどろかせながらも次第に破たんしていくさまを映し出す。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/02 15:51
帰ってきたヒトラー〔2015〕
ヒトラーが現代によみがえり、モノマネ芸人として大スターになるというドイツのベストセラー小説の映画作品。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/23 17:55
椿三十郎〔1962〕
黒澤×三船の大傑作時代劇『用心棒』の続編的映画『椿三十郎』 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/13 21:31
用心棒〔1961〕
言わずと知れた黒澤×三船の大傑作時代劇。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/13 21:30
最高で最強の二本立て!
本日、新文芸坐にて『用心棒』と『椿三十郎』を鑑賞してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/12 17:11
Nikita〔1990〕
パリを舞台に、警官3人を殺害し終身刑を言い渡された不良娘ニキータが政府の秘密機関に見出され、暗殺者としての道を歩む。次々と下される暗殺指令を着実にこなしていく血みどろの日々。 しかし、出口のない暗黒の世界で真実の愛を知ったとき、彼女の中で何かが変わり始めた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/05 15:51
HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス〔2016〕
あ〜♪面白かった♪ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/28 16:35
マイ・フェア・レディ/My Fair Lady〔1964〕
おどり♪あ〜かそ〜〜〜♪ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/21 16:47
THE EXORCIST〔1973〕
言わずとしれた、オカルト映画の超有名作品。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/15 16:03
HK/変態仮面〔2013〕
7日深夜にTOKYO MX2で放送された『HK/変態仮面』を鑑賞しておりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/08 18:50
マジカル・ガール〔2014〕
失業中であるうえに、娘のアリシアが白血病で余命いくばくもないという過酷な状況に置かれているルイス。 ある日、彼は日本製アニメ「魔法少女ユキコ」の大ファンである娘が、キャラクターのコスチュームを着て踊りたいと願っているのを知る。 父親としてアリシアの望みをかなえるべく、高価なコスチュームを手に入れようと奔走するルイス。 しかし、そんな彼の決意と行動が、元教師ダミアンと心に闇を抱えている女性バルバラを巻き込み、悲愴な事件を招くことになる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/06 18:41
アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち〔2015〕
1961年、ホロコーストに関与し、数多くのユダヤ人を強制収容所に送り込んだ元ナチス親衛隊将校アドルフ・アイヒマンの裁判が行われることになった。 テレビプロデューサーのミルトン・フルックマンと、撮影監督レオ・フルヴィッツはこのニュースに関心を持つ。彼らは裁判の模様を放映しようと意気込み……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/06 17:48
旅情〔1955〕
アメリカ人秘書のジェーン・ハドソンは、38歳の独身女性。彼女は長期休暇をとり、夢であった欧州旅行へと出かけることに。 そして彼女は、ロンドンとパリを経て、ヴェネツィアへとやってくる。 ひとりで観光地を巡るジェーンは、サン・マルコ広場のカフェで、彼女を見つめる中年の男レナートの存在に気づく。 その後、通りすがりの骨董店に入ると、店の主人はその中年の男だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/02 15:12
スポットライト 世紀のスクープ〔2015〕
アメリカの新聞「The Boston Globe」の記者たちが、カトリック教会の醜聞を暴いた実話を基に描くスリリングな社会派ドラマ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/23 16:42
羅生門〔1950〕
平安時代、羅生門の下で雨宿りをする下男相手に、旅法師と杣売りが奇妙な話を語り始める。 京の都で悪名高き盗賊の多襄丸が山中で侍夫婦の妻を襲い、夫を殺害したという。 だが、検非違使による調査が始まると、盗賊と妻の証言はまったく異なっていた……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/18 17:56
リリーのすべて(原題:The Danish Girl)〔2015〕
世界初の性別適合手術を受けたデンマーク人画家リリー・エルベと、その妻ゲルダとの愛を描いた伝記ドラマ。 1926年デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、同じく画家の妻ゲルダに女性モデルの代役を依頼される。 その際に、自身の内面にある女性の存在を感じ取る。 それ以来リリーという女性として生活していく比率が増していくアイナーは、心と体の不一致に悩むことに。 当初はそんな夫の様子に困惑するゲルダだったが、次第に理解を深め……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/10 11:40
ティファニーで朝食を〔1961〕
先日『午前十時の映画祭』にて鑑賞してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/10 10:58
サウルの息子〔2015〕
1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。 ハンガリー系のユダヤ人、サウルは、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊・ゾンダーコマンドとしてガス室で働いている。 ある日、サウルはガス室で生き残った息子とおぼしき少年を発見。その少年はすぐさま殺されてしまうが、サウルはラビ(=ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義に則って手厚く埋葬してやろうと収容所内を奔走する……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/26 17:47
アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー〔2015〕
1950年代からインテリア・デザイナーとして活躍し、94歳にしてニューヨークのカルチャーシーンに影響を与える実業家アイリス・アプフェル。 美術館やホワイトハウスの内装を任されるなど、数々の成功を収めてきたその秘訣に迫るドキュメンタリー。 展覧会などでのディスプレイ企画や、売り切れ続出のTVショッピングの舞台裏にも潜入する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/19 16:15
長ぐつをはいたネコ〔2011〕
捨て猫だったプスは、孤児院で幸せに暮らしていたが、ある日、兄弟分のハンプティ・ダンプティを助けようとして無実の罪を着せられてしまう。故郷を追われ、お尋ねものとなったプスは、とある街で久しぶりにハンプティと再会。 二人は失われた絆を取り戻すため、謎の美女猫キティも加え、伝説の金の卵を求める大冒険へと旅立つ。 だが魔法の豆が天国への扉を開いたとき、そこには、未知なる危機の連続と、恐ろしい陰謀が待ち受けていた! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/06 10:19
東京物語〔1953〕
尾道に住む老夫婦、周吉ととみが東京で暮らす子供達を訪れるために上京する。 子供達は久しぶりの再会で2人を歓迎するが、それぞれ家庭の都合もあり、構ってばかりはいられない。 結局、戦死した次男の嫁、紀子が2人の世話をすることになる。 老夫婦は子供達がすっかり変わってしまったことに気づくのであった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/05 17:51
鳥〔1963〕
ある日、鳥の大群に襲われるお話。 生物ものパニック映画の原点。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/28 17:04
オデッセイ【THE MARTIAN】〔2015〕
火星に取り残された宇宙飛行士の物語。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/14 14:21
雪之丞変化〔1963〕
冤罪で父親を殺された美貌の武士・雪之丞は復讐を決意。 上方歌舞伎の女形に扮し、正義の盗賊・闇太郎の助けを借りて、父の敵・土部三斉への復讐を遂げていく。 長崎から花の大江戸に舞台に繰り広げる時代劇大作。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/11 17:40
炎上〔1958〕
昭和19年春、溝口吾一は田山道詮老師が住職を務める京都の驟閣寺に、徒弟(とてい)として住み込むようになった。 吾一にとって驟閣はこの世で最も美しいものであり、信仰に近いまでの憧憬の念を抱いていた。 だが戦後、観光地と化した寺の経済は潤い、老師の生活も一変する。 吾一の違和感は絶望へと変わり、やがて破局を迎える―。 実際の国宝放火事件に材を取った三島由紀夫の読売文学賞受賞の小説「金閣寺」を映画化。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/06 18:21
死刑台のエレベーター〔1958〕
不倫関係にある社長の右腕ジュリアンと社長夫人のフロランスは、邪魔者の社長殺害を計画、完全犯罪のトリックは成功したかに見えた。 フロランスとの待ち合わせに急ぐジュリアンだったが、重大なミスに気づいて引き返し、無人となったビルのエレベーターに閉じ込められてしまう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/31 14:30
黒い十人の女〔1961〕
妻がいるにもかかわらず、九人もの愛人をもつテレビ・プロデューサー風松吉。 たまりかねた妻と愛人たちは共謀して男の殺害を企てる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/24 15:22
破戒〔1962〕
明治後期、信州小諸城下の被差別部落に生まれた主人公・瀬川丑松は、その生い立ちと身分を隠して生きよ、と父より戒めを受けて育った。 その戒めを頑なに守り成人し、小学校教員となった丑松であったが、同じく被差別部落に生まれた解放運動家、猪子蓮太郎を慕うようになる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/23 13:06
生誕100年記念映画祭「市川崑 光と影の仕草」
先日、二作品「破戒」と「黒い十人の女」を鑑賞してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/23 11:16
うひょー♪
ハリソン・フォード映画興収5646億円で歴代1位 ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160109-00000152-nksports-ent ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/10 17:46
麗しのサブリナ〔1954〕
新文芸坐にて鑑賞いたしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/10 15:13
ローマの休日〔1953〕
新文芸坐にて鑑賞いたしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/10 14:29
STARWARS/フォースの覚醒〔2015〕
フォースとともにあらんことを ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/29 14:41
東京オリンピック〔1966〕
1964年に開催された東京オリンピックを収めた長編記録映画。 完成後、オリンピック協会との間に「記録か芸術か」という論議が沸き起こった事でも有名な作品。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/05 20:32
太平洋ひとりぼっち〔1963〕
本日、新文芸坐にて鑑賞。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/05 17:37
サイレントヒル〔2006〕
最愛の娘・シャロンが、悪夢にうなされて叫ぶ「サイレントヒル…」という奇妙な言葉。 母親のローズはその謎を解くため、シャロンを連れてウェストバージニア州に実在する街・サイレントヒルを訪ねる。 だが、ひと気もなく、深い霧に覆われたその街は、一度足を踏み入れると抜け出すことのできない、呪われた迷宮だった。 そこで忽然と姿を消してしまったシャロンを探すローズは、次々と想像を絶する恐怖に見舞われていく…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/04 22:03
新幹線大爆破〔1975〕
ある朝国鉄に、本日東京駅を出発した「ひかり109号」に“新幹線が時速80キロを下回ると爆発する爆弾”を仕掛けたと、脅迫電話がかかってきた。 犯人は、新幹線に爆弾を仕掛け、誰も殺さず殺されずに巨額の身代金を得ようと完全犯罪を計画したのであった。 終盤まで、犯人グループと警察当局・国鉄とのスリリングな駆け引き、そして乗客乗員らのパニックが続く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/22 17:51
カサンドラ・クロス〔1976〕
アメリカが極秘でヨーロッパで開発していた伝染率の高い細菌兵器を浴びたゲリラが大陸横断特急に乗り込んでしまう。 陸軍情報部は老朽化した鉄橋、カサンドラ・クロスもろとも列車を爆破しようとするが…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/21 18:17
ヴィヴィアン・マイヤーを探して〔2013〕
2007年、シカゴ在住の青年がオークションで大量の古い写真のネガを手に入れた。 その一部をブログにアップしたところ、熱狂的な賛辞が次から次へと寄せられた。 この発見を世界の主要メディアが絶賛!発売された写真集は全米売上No.1を記録、NY・パリ・ロンドンでいち早く展覧会が開かれるや人々が押し寄せた。 撮影者の名はヴィヴィアン・マイヤー。すでに故人で、職業は元ナニー(乳母)。 15万枚以上の作品を残しながら、生前1枚も公表することがなかった。 ナニーをしていた女性がなぜこれほど優... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/10 17:20
おめでとうございます!
三池崇史監督、日本人初の快挙!メキシコの映画祭で最優秀監督賞に輝く ttp://www.cinematoday.jp/page/N0077350 おめでとうございます! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/18 15:14
フリークス〔1932〕
サーカス一座で奇形を見せ物とするフリークスたちの復讐劇を描いたトッド・ブラウニング監督によるカルト・ムービー。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/17 09:53
謹んで哀悼の意を表します。
謹んで哀悼の意を表します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/17 08:36
赤ひげ〔1965〕
恥ずかしながら、今回が映画館での初鑑賞。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/03 16:58
メカニックデザイナー 大河原邦男展【上野の森美術館】
本日、見て来ました。 開場の45分前に着き、前から三番目に入場できたので、静かに展示作品を鑑賞できました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/22 18:37
仁義なき戦い 広島死闘篇〔1973〕
朝鮮動乱期の二大組織の血みどろの闘い、組長の野望の陰で死んでゆく若きヤクザ達の青春像を描くシリーズ第2弾。 昭和27年、呉。村岡組と大友連合会は再び抗争。刑務所入りしていた山中は大友連合会から凄惨なリンチを受けて裏切りを選び、村岡組の組員となった…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/12 18:05
仁義なき戦い〔1973〕
血で血を洗う広島やくざ20年の抗争。 作家・飯干晃一の実録ノンフィクションをもとに、未踏のやくざ社会を鋭くえぐった衝撃の実録映画シリーズ第1弾。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/12 17:51
野火〔2015〕
本日観てきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/05 15:47
原作の絵のとおりだ〜〜♪♪♪
劇場アニメ「この世界の片隅に」特報、戦時下で日常を大切にするすずの姿 ttp://natalie.mu/comic/news/156212 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/01 23:04
セバスチャン・サルガド/Le sel de la terre〔2014〕
ブラジルに生まれ、ユージン・スミス賞をはじめ、多くの賞を受賞する世界的な報道写真家であり、大自然の保全や復元に尽力する環境活動家としても知られている今世紀最も偉大な写真家セバスチャン・サルガド。 彼の作品は、たった一枚で見る者の心を打ち、人生を変えてしまうほどの深い感動を呼び起こす―。 “神の眼”とも呼ばれる奇跡的な構図、モノクロを基調とし荘厳なまでに美しい作品の数々を彼はいかにして撮りつづけて来たのか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/29 17:26
黒部の太陽〔1968〕
日本映画屈指の大作『黒部の太陽』本日、Blu-rayにて鑑賞致しました。 196分と3時間超えの作品で見応えありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/16 17:54
野火〔1959〕
敗色濃いレイテ島で、激戦のさなかに結核になった田村一等兵は所属部隊を追われ、一人で野戦病院に向かうも病院は満員で入院は許されなかった。 戦場では米兵やゲリラ兵の襲撃や日本兵同士の争いがおこり、泥沼のような孤独と飢餓が待ち受けていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/15 17:59
地の群れ〔1970〕
宇南は朝鮮人の少女を妊娠させ、少女の姉宰子にその責任を追及された。「俺は知らんよ」と否定し、宇南は炭坑を去った。 それからかなりの時が経ち、医者となった宇南は佐世保で診療所を開いていた。 その患者の一人に明らかに原爆病と思われる少女がいた。しかし、その娘の母光子は、差別を恐れて頑なに自分は被爆していないと言い張る。佐世保には、海塔新田と呼ばれる被爆者の集落があり、その集落民と思われることを恐れたためだ。 一方、宇南も爆心地で父を探し回ったため、自分も被爆者ではないかという不安を抱いてい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/09 16:49
日本のいちばん長い日〔1967〕
本日、新文芸坐にて鑑賞。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/08 17:49
謹んで哀悼の意を表します。
謹んで哀悼の意を表します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/01 21:44
殿堂入り
三船敏郎さんがハリウッド殿堂入り ttp://www.cinematoday.jp/page/N0074320 もうとっくに、殿堂入りされていると思ってました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/23 18:45
天国と地獄〔1963〕
先日、新文芸坐にて鑑賞してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/05 21:31
蜘蛛巣城〔1957〕
先日、新文芸坐にて鑑賞してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/05 21:30
七人の侍〔1954〕
本日、新文芸坐にて鑑賞してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/31 16:13
ヤン・シュヴァンクマイエル 『人形劇・虫・博物誌』
映画公開前にこのような本が出るとは思ってなかったです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/30 17:14
サンドラの週末〔2015〕
病気で休職していたサンドラは回復し、復職する予定だったが、ある金曜日、サンドラは解雇される事を電話で告げられる。 サンドラが解雇を免れる方法は、同僚の過半数が自らのボーナスを放棄に賛成すること。 ボーナスか、サンドラか、翌週の月曜日の再投票に向けて、サンドラは週末の二日間、自分が復職できるよう同僚たちを説得しに回る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/29 21:07
江戸川乱歩の一寸法師〔1955〕
本日初めて鑑賞致しました。 これは先に見た方もレビューで書かれているのですが、この映画の肝は本作の主人公である『一寸法師』を演じた和久井勉氏の存在感につきますね。 (メインキャストが大根なのが、どーでもイイと思えるほど) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/23 18:43
う…美しい…
このお姿で、極道の姐さん役を監督が演じたら素敵かも♪ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/23 11:55
トラック野郎 一番星北へ帰る〔1978〕
愛川欽也さんの緊急追悼企画を録画しておりました。 『トラック野郎 一番星北へ帰る』はシリーズ第八作目だったんですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/17 16:43
影の車〔1970〕
松本清張の原作小説「潜在光景」を映画化したサスペンス。 愛人の連れ子に殺されるという幻想に悩まされる男が、日常のささいな出来事から次第に恐怖を増幅させていくさまを描く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/16 17:50
セッション【原題:Whiplash】〔2015〕
凄かった〜〜。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/08 21:02
龍三と七人の子分たち〔2015〕
途中のオイシイとこも、最後のオイシイとこも、ビートたけしが全部持っていったなぁ〜と思いました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/04 15:17
毛皮のヴィーナス〔2014〕
去年観そびれて後悔していた映画『毛皮のヴィーナス』を観てきました。 (吾郎様の舞台『Venus in Fur』も行けなかったしー) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/30 16:21
三條美紀さん
「犬神家の一族」など出演、三條美紀さん死去 ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150418-00050050-yom-ent&pos=1 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/19 10:58
緊急追悼企画
愛川欽也さん緊急追悼企画で20日に『トラック野郎』放送 ttp://www.cinematoday.jp/page/N0072526 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/17 16:11
愛川欽也さん
謹んで哀悼の意を表します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/17 08:25
シュヴァンクマイエル・作品&トリビュート展/プラハの憂鬱・ルドルフ二世へのレクイエム
シュヴァンクマイエル・作品&トリビュート展/プラハの憂鬱・ルドルフ二世へのレクイエム〔第一期〕観てきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/05 16:43
フルメタル・ジャケット〔1988〕
新文芸坐にて『世界の映画作家Vol. 162 スタンリー・キューブリック』の4作品のうち『フルメタル・ジャケット』を鑑賞。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/05 16:23
時計じかけのオレンジ〔1972〕
新文芸坐にて『世界の映画作家Vol. 162 スタンリー・キューブリック』の4作品のうち『時計じかけのオレンジ』を鑑賞。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/05 15:46
俺たちに明日はない〔1968〕
大恐慌時代の実在の銀行強盗であるボニーとクライドの、出会いと死に至るまでを描いた犯罪映画。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/14 18:28
シュヴァンクマイエル映画祭2015【シアター・イメージフォーラム】
先日、観て来ました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/28 17:46
読ませてもらおうか、
未だにカリスマとして君臨する『シャア・アズナブル』というキャラクターの凄さ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/22 11:36
飢餓海峡〔1965〕
終戦間もない頃、台風により転覆した青函連絡船の遭難者の中に、他殺死体が紛れ込んでいた…。 水上勉の長編推理小説を内田吐夢が重量感のあるドラマに描き上げた不朽の名作。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/19 19:01
追悼ー高倉健【池袋 新文芸坐】
本日、新文芸坐で『八甲田山』を観てきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/24 18:33
ティム・バートンの世界【森アーツセンターギャラリー】
2014年12月27日に行ってきました。 (ホントは11月に行きたかったのですが、試験があったので…) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/03 14:45
菅原文太さん
謹んで哀悼の意を表します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/01 21:02
高倉健さん
遅くなりましたが、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/24 15:04
初受賞!
遅れましたが、おめでとうございます! NACK5の朝のニュースで知りました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/21 17:19
チョコレートドーナツ〔2012〕
良い作品だと思いました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/28 19:07
相棒 劇場版3〔2014〕
東京から約300キロ離れた島・鳳凰島で馬に蹴られた男性が死亡する事故が発生。 警視庁特命係の杉下右京と甲斐享は、不思議なうわさのある島の実態を調査することに。 その島は実業家が所有し、元自衛隊員が集まり訓練に励んでいた。 右京は男性の死亡理由が事故ではなく殺人であると確信。 島には特命係、捜査一課、鑑識課が集結するが、彼らを何者かが襲撃し……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/10 15:00
期待しております!
「この世界の片隅に」劇場アニメ制作中、監督は片渕須直 ttp://natalie.mu/comic/news/111925 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/16 09:28
ドラマの方も検証してみてほしい
映画史上最も人を殺した俳優トップ25 日本の意外な俳優もランクイン ews.nicovideo.jp/watch/nw913392 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/18 13:52
マイヤーリング〔1957〕
先日観てきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/12 13:23
鑑定士と顔のない依頼人〔2013〕
先日、観てきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/22 15:19
常設展「NFCコレクションでみる 日本映画の歴史」
『NFCコレクションでみる日本映画の歴史』常設展とのことですが、“200円で見てしまっていいのか?”と思う程の充実した展示内容でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/17 14:53
チェコの映画ポスター【テリー・ポスター・コレクションより】
先日、観てまいりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/17 10:35
危険なプロット〔2012〕
淡々と物語が進んでいきますが、なぜか“続き”が気になって、たまらなくなる映画でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/09 19:50
劇場版 ATARU‐THE FIRST LOVE & THE LAST KILL‐〔2013〕
初日に2回観ました。 舞台挨拶の生中継の回を観るためでしたが、2回観られてよかったです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/29 13:54
今更ですが、
中居正広『ATARU』が『風立ちぬ』V9を阻止!【映画週末興行成績】 ttp://www.cinematoday.jp/page/N0056534 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/22 17:25
風立ちぬ〔2013〕
先日の金曜日、観てきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/25 16:05
タイピスト!〔2012〕
♪♪♪♪♪最高ーーーーーーーーーー♪♪♪♪♪ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2013/08/18 15:31
中学生円山〔2013〕
なかなか面白かったです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/02 16:25
相棒シリーズ X DAY〔2013〕
イタミン! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/06 18:00
任侠ヘルパー〔2012〕
観てきました!初日! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/18 17:16
最強のふたり〔2011〕
不慮の事故で全身麻痺になってしまった大富豪のフィリップは、新しい介護者を探していた。 スラム出身の黒人青年ドリスは生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた不届き者だったが、フィリップは彼を採用することに。 すべてが異なる二人はぶ つかり合いながらも、次第に友情をはぐくんでいき……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/28 12:00
胸のエンジンに火を着けろ!
か!か!か!か!かーーーーーーっっっっこいーーーーーいいっっっ!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/29 17:37
残念です。
銀座・晴海通りの地下映画館、来年3月閉館へ−地下街取り壊しで /東京 ttp://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/movie/?1342783112 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/22 16:41
愛と誠〔2012〕
過去への復讐を誓い、東京へやってきた不良の誠。一方、東京で指折りの名家の一人娘である愛。 出会うはずのない、生まれも育ちも違う2人が出会い、運命の恋がスタートする。 しかし、彼女に好意を寄せる岩清水、誠を付け狙う番長やスケバンが、混沌とした状況を作り出し……。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/27 21:11
イタミンの相棒は…
薫ちゃん、じゃダメなの? 芹沢くん、じゃダメなの? 三浦さん、じゃダメなの? 米沢さん、じゃダメなの? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/22 22:47
日本でも公開してーーーっっっ!!!
大作で俳優を声優にするのはやめてくれ!?アメリカ声優業界の実態に迫るドキュメンタリーが話題に! ttp://www.cinematoday.jp/page/N0042514 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/26 22:30
アーティスト〔2011〕
やっと見てきました!イイ映画でした! 見た後、幸せな気持ちなれましたよ。 ホント、心が薔薇色になった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/19 21:38
アルマゲドン〔1998〕
地球への衝突コースを取る小惑星が発見された。もしも、テキサス州の大きさにも匹敵するその小惑星が地球に激突すれば、人類の破滅は免れない。 これを回避する方法はただひとつ、小惑星内部に核爆弾を設置し、内側から破壊するしかない。そしてその任務に選ばれたのは石油採掘のスペシャリストたちだった。 刻々と迫る滅亡へのカウントダウンの中、人類の運命を委ねられた14人の男たちは小惑星へと飛び立った! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/12 20:48
Shall we ダンス?〔1996〕
真面目でこれといった趣味も持たないサラリーマンの杉山正平は、ある日の会社の帰り、電車の中から見えるダンス教室の窓に、物憂げに佇むひとりの女性を見つけた。 その美しい姿に目を奪われた彼は、数日後、その“岸川ダンス教室”を訪れる。 中年のたま子先生の勧めでグループレッスンを受けることにした杉山は、同じく初心者の田中、少しダンスを齧っている服部とともに、生まれて初めての社交ダンスを習い始めた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/06 16:03
K-20 怪人二十面相・伝〔2008〕
舞台は、1949年――架空都市《帝都》 19世紀から続く華族制度により貧富が二極化する帝都。そんな中、富裕層のみをターゲットとし、次々と美術品や骨董品を、魔法のような手口で盗んでしまうK-20と呼ばれる≪怪人二十面相≫の出現が世間を騒がせていた。 主人公は怪人二十面相に騙され、二十面相に仕立て上げられたサーカスの曲芸師・平吉。 彼が、類前なる身体能力と頭脳を武器に、二十面相に狙われた令嬢・羽柴葉子と、その婚約者であり探偵の明智小五郎と共に、二十面相との戦いを決意する。 平吉が選んだ究極の... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/05 16:20
米タイム誌が選ぶ「映画のなかの食の名シーン10」
食の名シーン10とは、またエライしぼりこんだなぁ〜と思います。 10じゃ足りないと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/29 16:51
耕論「邦画の強さは本物か」〔朝日新聞 2012.04.21朝刊〕
三池監督と宇多丸氏のインタビューは必読。 (しかし、フジの亀山氏の言葉と一緒に宇多丸氏の言葉も載せるなんて、朝日新聞ってイケズだわぁ…) 宇多丸氏の言葉はなかなかシビアですが、映画ファンが感じているここ数年の邦画バブルへの不満や不安をキッチリ代弁してくれてるようで、読んでてスッキリします。 あ、それと、三池版『十三人の刺客』のことも褒めてくれてあるし。嬉しい♪ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/22 17:00
シャーロック・ホームズ〔2009〕
新たな難事件に挑むことになった名探偵シャーロック・ホームズ。相棒のワトソン博士とともに宿敵ブラック・ウッドに立ち向かう。 そんな中、国の崩壊をもくろむ巨大な陰謀を暴くための壮絶な闘いが、ホームズとワトソンを待っていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/25 23:37
すげぇ!
三池崇史監督が『相棒』に暴力団幹部役でゲスト出演 ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120214-00000301-oric-ent ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/14 21:39
おー!まいっ!そーーーーるっ!!!
草なぎ剛主演ドラマ「任侠ヘルパー」が映画化!今年11月に公開! ttp://www.cinematoday.jp/page/N0039308 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/11 21:22
J・エドガー〔2012〕
1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバーは、歴代の大統領に仕え、数々の戦争をくぐり抜け、半世紀にわたって法の番人としてアメリカをコントロールしてきた。 しかし、フーバーには絶対に人に知られてはならない秘密があった……。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2012/02/03 22:38
借りぐらしのアリエッティ〔2010〕
人間の世界から少しずつモノを借りてきて床下で生活する“借りぐらし”の小人の少女・アリエッティと人間の少年のひと夏の触れ合いを綴る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/29 00:46
踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!
湾岸署が高度なセキュリティシステムが導入された新湾岸署へ移転することになり、強行犯係係長に昇進した青島は、その引越しを一任される。 そんな中、管内で次々と事件が発生し…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/08 16:49
十三人の刺客【英国版BR】
日本公開版の141分とは違い、海外公開版は126分と、15分もカットされています。 そこで、殿の犬喰いシーン以外でカットされているものも書き出してみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/23 17:19
おめでとうございます!
またまた朗報です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/20 20:39
おめでとうございます!
ラスベガス映画批評家協会賞、我等が「十三人の刺客」が外国語映画賞を受賞したそうです。 ttp://www.lvfcs.org/lvfcs/2011.html ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/14 23:16
南極料理人【2009】
西村は、ドームふじ基地へ南極観測隊の料理人としてやってきた。 限られた生活の中で、食事は別格の楽しみ。 手間ひまかけて作った料理を食べて、みんなの顔がほころぶのを見る瞬間はたまらない。 しかし、日本には妻と8歳の娘と生まれたばかりの息子が待っている。 これから約1年半、14,000km彼方の家族を思う日々がはじまる…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/13 21:41
切腹〔1963〕
画面から伝わる緊張感と威厳に圧倒されました。 特に主演の仲代達矢氏の貫禄に釘付け。 当時29歳だったとは、とても見えません。さすがです。 しかし、目の輝きの綺麗さは間違いなく二十代のそれでしたな。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2011/12/04 16:19
2011年度ナショナル・ボード・オブ・レヴュー賞
我等が『十三人の刺客』が、NBR賞の外国語映画TOP5に入ってました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/02 22:51
サンシャイン・クリーニング〔2006〕
ぶきっちょ姉妹の心温まるファニーストーリー。 高校時代はチアリーダーのアイドル、30代の今はシングルマザーでハウスクリーニングの仕事をする傍ら、かつての恋人と不倫中の姉・ローズ。 妹・ノラは父親と実家暮らしを送っている。 ローズは家族のピンチを乗り切るため、妹と一緒に事件現場をクリーニングする、ちょっと危ない“清掃業”をスタートさせるが…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/06 16:31
カウボーイ&エイリアン〔2010〕
過去の記憶をなくした男が砂漠の町アブソリューションに迷い込むが、住民たちからは歓迎されなかった。 また、すべては町を牛耳るダラーハイド大佐の支配下にあることを知る。 男の記憶の手掛かりは片方の手首にはめられた手かせだけだが、そんな中、町の上空から未曾有の脅威が襲い掛かってきて……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/03 21:05
一命〔2011〕
江戸時代初頭、大名の御家取り潰しが相次ぎ、困窮した浪人たちの間では、裕福な大名屋敷に押しかけて切腹を申し出ると面倒を避けたい屋敷側から金銭を与えられることを利用した「狂言切腹」が流行していた。 そんなある日、名門・井伊家の門前に切腹を願い出る1人の侍・津雲半四郎が現れ、井伊家の家老・斉藤勘解由を前に驚くべき真実を語り始める。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/30 12:31
三池崇史さん - インタビュー - ひと - [どらく]
三池崇史さん - インタビュー - ひと - [どらく] ttp://doraku.asahi.com/hito/interview/html/111014.html ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/24 21:36
十三人の刺客【英国版DVD & Blu-ray】
日本製のデッキでも見られる(リージョンコードが同じだから)とのことなので、買わせていただきました! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/15 00:47
映画史に残る悪役50人 米誌が選出
映画史に残る悪役50人 米誌が選出 ttp://eiga.com/news/20111007/5/ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/10 18:46
ありがとうございました。
アップルのスティーブ・ジョブズ氏が死去 ピクサー社の創設者として映画界にも偉大な功績 ttp://www.cinematoday.jp/page/N0035932 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/06 23:16
世界最高の3D技術賞
海老蔵「一命」に世界最高の3D技術賞! ttp://eiga.com/news/20111003/7/ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/04 23:02
ゴールデンスランバー〔2009〕
野党初の首相となった金田が、仙台市内で凱旋パレードを行うその日、数年ぶりに大学時代の友人・森田に呼び出された青柳は、森田から「お前、オズワルドに されるぞ」「逃げろ。とにかく逃げて、生きろ」という忠告を受ける。 爆発音がしたかと思うと、警察官たちが、二人が乗っている停車中の車に駆け寄り躊躇な く発砲する。 青柳は、反射的に地面を蹴り、仙台の街中へと走り出す……! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/02 01:43
三池崇史 24-TWENTY FOUR- 全12作品
WOWWOWで三池祭りだそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/28 22:51
孤高のメス〔2010〕
1989年、ある地方都市。市民病院に赴任した外科医の当麻は病院の体制に不満を感じながらも、次々と困難なオペに取り組み、医師としてやるべき仕事にまい進していく。 しかしそんな中、病に倒れた市長のために、違法となっている肝臓移植手術を施すべきか否かの選択を迫られ……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/23 16:46
悪霊島〔1981〕
「鵺の鳴く夜は恐ろしい…」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/21 22:16
ブレードランナー〔1982〕
2019年、酸性雨が降りしきるロサンゼルス。 強靭な肉体と高い知能を併せ持ち、外見からは人間と見分けが付かないアンドロイド=「レプリカン ト」が5体、人間を殺して逃亡。 「解体」処分が決定したこの5体の処刑のため、警察組織に所属するレプリカント専門の賞金稼ぎ=「ブレードランナー」であ るデッカードが、単独追跡を開始するが… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/19 16:59
ミスト〔2007〕
7月19日の夜、メイン州西部の全域が、未曾有の激しい雷雨にみまわれた。 嵐に脅える住民たち。 だが、その後に襲ってきた“霧”こそが、真の恐怖だったのだ。その霧は街を覆いつくし、人々を閉じ込めてしまう。 時を同じく、デイヴィッドとビリーの父子は食料を買出しに行ったスーパー・マーケットで“霧”に閉じ込められてしまう。 他の買い物客が建物の外に出ようとすると、次々に霧の中の何者かに襲われていく。立ち往生を強いられる中、母の待つ家に帰ろうとビリー少年に哀願されるデイヴィッド。 そしてある決意を... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/08 20:42
リトル・ミス・サンシャイン〔2006〕
田舎町アリゾナに住む少女オリーブ。なんともブサイクでおデブちゃんな彼女が、全米美少女コンテストでひょんなことから地区代表に選ばれた。 オリーブ一家は黄色のオンボロ車に乗り、決戦の地カリフォルニアを目指すことに。 人生の勝ち組になることだけに没頭する父親、ニーチェに倣って信念で沈黙を貫く兄、ゲイで自殺未遂の叔父、ヘロイン吸引が原因で老人ホームを追い出された不良ジジイ、そしてバラバラ家族をまとめようと奮闘する母親。 そんな落ちこぼれ家族の、奇妙でハートフルな旅が始まった……! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/07 21:09
snatch〔2000〕
映画館で見た時は、衝撃的でしたなぁ。 映像のクールさとスタイリッシュさは抜群だし、話も面白いし、さりげにオールスターキャストだし、今見ても充分過ぎるほどカッコイイ。 しかも、クセモノぞろいの男ばっか出てくるし、自分にはド真ん中!ストライクな映画です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/04 13:04
THE STING〔1973〕
完璧な映画。 今さら言うまでもありませんが、キャスト・脚本・演出・音楽と全て良い。 様々な意味で最後まで安心して見ていられる「映画のお手本」のような映画ですな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/03 23:45
ヤン・シュヴァンクマイエル 創作術
映画『サヴァインヴィング ライフ』 −夢は第二の人生− 公式読本 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/28 23:14
ALICE【HDニューマスター/チェコ語完全版】
シュヴァンクマイエル監督の『ALICE』【HDニューマスター/チェコ語完全版】を観賞。 (新作の初日なのに…。スイマセン、もう腰が痛くて…) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/27 18:37
月のひつじ〔2000〕
『アポロ11号の宇宙飛行士たちの月面歩行の映像は、オーストラリア・パークスの牧羊地にあるデカいパラボラアンテナ(通称:DISH)が受信していた』というお話です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/24 23:35
ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展〜映画とその周辺〜【ラフォーレ原宿】
見てきました。 作品群から溢れ出るエネルギーに圧倒されっぱなしでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/22 23:16
「本と一緒に江戸をゆく」
本日の朝日新聞朝刊の「夏の読書特集」テーマで「本と一緒に江戸をゆく」三池監督が時代劇について語られております。 もちろん「十三人の刺客」のお話もされています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/14 13:57
ハリー・ポッターと謎のプリンス〔2009〕
ヴォルデモート卿の支配力が強大になっていくなか、ハリーとダンブルドア校長は、 ヴォルデモートの防御を解く手がかりを探るため、極めて重要な情報を握っているダンブルドアの旧友で元同僚ホラス・スラグホーンを学校に迎え入れる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/11 22:22
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人〔2004〕
シリーズ3作目。 ここまでは映画館で見ました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/08 16:56
忍たま乱太郎〔2011〕
三流忍者の家に生まれた乱太郎は両親の期待を胸に忍術学園に入学するが、そこで出会ったしんべヱやきり丸と共に授業も試験もドジばかりの日々を送っていた。 ある日、髪結いの息子で四年は組の斉藤タカ丸の家に暗殺者が出現。 乱太郎たちは友達を救うために立ち上がるのだが……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/06 17:03
刺客から忍者に
実写版『忍たま乱太郎』の映画化は、なんと『十三人の刺客』の撮影現場から始まった!【最新シネマ批評】 ttp://youpouch.com/2011/07/22/151137/ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/23 23:23
Papillon〔1973〕
「バカヤロウ!俺はまだ生きてるぜ!!」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/23 17:37
ぴあ【最終号】
39年間、お疲れ様でした。 そして、ありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/22 22:05
原田芳雄さん
原田芳雄さん死去 最後まで俳優だった ttp://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110720-807807.html ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/20 22:57
「時代劇は日本の誇り」
山田孝之が『十三人の刺客』をひっさげNYで叫んだ!「時代劇は日本の誇り」 ttp://news.walkerplus.com/2011/0718/8/ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/18 17:50
スタジオアルクレールパリとフレンチシネマ〜77年の神話と軌跡
先日見てきました。 本日で終了してしまうのが惜しい内容の写真展でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/18 16:34
赤い靴〈デジタルリマスター・エディション〉〔1948〕
バレエ映画を見た後って、何故かつま先立ちしたくなってしまいますな…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/16 17:30
荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論〔荒木飛呂彦〕
荒木飛呂彦がこよなく愛するホラー作品の数々は、『ジョジョの奇妙な冒険』をはじめ、自身が描いた漫画作品へも大きな影響を与えている。 本書では、自身の 創作との関係も交えながら、時には作家、そして時には絵描きの視点から作品を分析し、独自のホラー映画論を展開する。 巻頭には「荒木飛呂彦が選ぶホラー映画Best20」も収録。 ホラー映画には一家言ある著者の、一九七〇年代以降のモダンホラー映画を題材とした偏愛的映画論。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/10 20:34
羊たちの沈黙〔1990〕
言わずと知れた90年代のサイコサスペンスの傑作。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/09 16:22
嬉しいお知らせが
Paste誌選の米上半期ベスト20の5位に「十三人の刺客」が! 米国での評価はすごく高いそうです。 嬉しいなぁ。 ニューヨーク・アジアン・フィルム・フェスティバル(N.Y.A.F.F)でも、「十三人の刺客」は好評のようで、嬉しいお知らせ続きです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/03 16:54
illustration2011年07月号
プリンツ21のシュヴァンクマイエル特集と一緒に勢いで購入しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/03 16:43
prints21 2011年秋号 特集 ヤン・シュヴァンクマイエル
本当に大特集!なので、ファンならば必携。 とにかく写真が多いのが嬉しいです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/03 13:13
DEEP PEOPLE 『時代劇をいろどる殺陣』林邦史朗×清家三彦×松方弘樹
録画しておいたのを、やっと見ましたよ。 殺陣一筋のお三方の貴重な話が聞けて、有意義なひとときでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/23 23:33
日本の心はここにアリ!今、観るべき本当に面白い時代劇映画
日本の心はここにアリ!今、観るべき本当に面白い時代劇映画 ttp://movies.jp.msn.com/features/special/magemen2011 なかなか、面白い特集なので転載させていただきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/20 21:38
13 ASSASSINS : A SAMURAI EPIC WITH WESTERN APPEAL
13 ASSASSINS: A SAMURAI EPIC WITH WESTERN APPEAL ttp://irresistibletargets.blogspot.com/2011/06/13-assassins-samurai-epic-with-western.html ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/17 23:33
「十三人の刺客」がレンタル開始以来…
TSUTAYA DVDレンタル邦画週間ランキング『十三人の刺客』がレンタル開始以来首位キープです! ttp://www.tsutaya.co.jp/rank/dvd_rental.html?r=W059 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/15 22:44
『十三人の刺客』独逸版DVD販促用ポスター
遅れましたが、 『十三人の刺客』ドイツのDVD販促用ポスターだそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/15 22:13
12位に三池版『十三人の刺客』が!【過去50年のリメイク映画ベスト50 米サイト選出】
過去50年のリメイク映画ベスト50 米サイト選出 ttp://eiga.com/news/20110613/4/ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/13 20:09
CURZON CINEMA 26
英国のシネコン「CURZON CINEMA」が出してる雑誌の表紙に小弥太がっ! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/12 13:29
『13 Assassins 十三人の刺客』【Blu-ray】
『十三人の刺客』のBRが7月5日に米国でも発売されるそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/11 20:03
『十三人の刺客』米公開 …上映館数が増えてます。
↓BOX OFFICE MOJO(海外興行成績サイト)-「十三人の刺客」第5週(米国興行成績)先週末より上昇 ttp://boxofficemojo.com/movies/?page=weekend&id=13assassins.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/01 23:26
『十三人の刺客』米公開
↓BOX OFFICE MOJO(海外興行成績サイト)-「十三人の刺客」米国興行成績 ttp://boxofficemojo.com/movies/?page=weekend&id=13assassins.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/31 21:01
十三人の刺客 旧作しのぐクライマックス【日本経済新聞 2010/9/24 17:00】
十三人の刺客 旧作しのぐクライマックス【日本経済新聞】 ttp://www.nikkei.com/life/culture/article/g=96958A96889DE3E6E3E7EAEBE6E2E2E4E2EBE0E2E3E29097E282E2E3;p=9694E3E6E2E4E0E2E3E2E4EAE0E7 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/30 00:01
十三人の刺客【DVD & Blu-ray】
先日、届きました!十三人の刺客【DVD & Blu-ray】 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/28 16:13
武士の家計簿〔2010〕
幕末から明治。激動の時代を智恵と愛で生き抜いたある家族がいた。 代々加賀藩の御算用者(経理係)である下級武士の猪山直之は、稼業のそろばんの腕を磨き出世する。 しかし、親戚つき合い、養育費、冠婚葬祭と、武士の慣習で出世のたびに出費が増え、いつしか家計は火の車。 一家の窮地に直之は、”家計立て直し”を宣言。 家財を売り払い、妻のお駒に支えられつつ、家族一丸となって倹約生活を実行していく。 見栄や世間体を捨てても直之が守りたかったもの、そしてわが子に伝えようとした思いとは…。 世間体や時流... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/25 21:11
キネマ旬報 2011年6月1日号
キネ旬買いました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/24 21:05
今さらですが…
『十三人の刺客』 巨大要塞が出現! カラクリ満載の宿場町で、13人 vs 300人の死闘がアツい!! 【ガジェット通信】 ttp://getnews.jp/archives/81195 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/24 00:07
十三人の刺客〔2010〕
『十三人の刺客』先日の早稲田松竹にて観賞しました。6回目。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/22 16:13
借りて!借りて!借りまくれ!
凄い!たった三日間で週間一位! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/17 22:58
『十三人の刺客』米国版ポスター
もう一つの『十三人の刺客』米国版ポスターだそうです。 新左衛門が独りで写ってるポスターより、断然イイですね。 向かって右が新左衛門で、左が半兵衛かな? 躍動感があって、カッコイイですな。 『十三人の刺客』の魅力がより伝わるデザインになっていると思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/16 23:18
ブラック・スワン〔2010〕
「今なら、ブラック・スワンを踊れると!」(C:山岸凉子「黒鳥」) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/14 17:35
『十三人の刺客』レンタル開始!DVD発売!記念!(なのか?)
三池監督のインタビューが上がっていたので、こちらにも転載させていただきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/12 21:59
School of Rock〔2003〕
いつまでたっても大人になりきれないデューイはロックを愛する熱い男。 生活費を稼ぐ必要に迫られた彼は、バイト気分で名門小学校の代用教員になる。 ところがある日、ひょんなことから生徒たちの音楽的才能を発見。 ”授業”と偽って子供たちとロック・バンドを結成したデューイは、念願だったバンド・バトルへの出場を目指す。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/08 16:25
ニューヨークタイムズ「十三人の刺客」
ニューヨークタイムズ「十三人の刺客」 ttp://movies.nytimes.com/2011/04/29/movies/13-assassins-directed-by-takashi-miike-review.html?ref=movies ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/01 18:53
映画秘宝 2011年6月号
「負けない! あきらめない! 観れば絶対元気になる不屈の映画150」特集!買いました! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/30 16:26
100,000年後の安全【原題:INTO ETERNITY】〔2009〕
フィンランドのオルキルオトに建設中の、原発から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分場"オンカロ(隠された場所)"と呼ばれる施設に、世界で初めてカメラが潜入したドキュメンタリー作品。 高レベル放射性廃棄物は安全な状態になるまで、10万年間かかると言われている。 フィンランドでは、固い岩盤を掘削し地下500mにまるで地下都市のような巨大な施設を、自国の原発から出る放射性廃棄物の最終処分場として作る事を計画。 現在の段階では正式に運用されるのは2020年を予定。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/29 21:11
製作秘話、書籍化してほしい…
アメリカで『十三人の刺客』公開 三池崇史監督、製作秘話明かす ttp://www.cinematoday.jp/page/N0031577 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/17 15:34
『十三人の刺客』英国版ポスター
『十三人の刺客』英国版ポスター、いいデザインだと思いますが、主演が変わってるように見えます…。 いいんかなー。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/15 21:11
幸福の黄色いハンカチ〔1977〕
途中からですが、ついつい最後まで見てしまいました。 再放送のたびに見ているのに、黄色いハンカチが青空にたなびいているシーンで何時も泣けてしまう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/14 23:44
男はつらいよ 純情編〔1971〕
「男はつらいよ」の第6弾。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/10 23:34
ビックリしたよ。もー。
三池崇史監督が震災後行方不明の報道が世界を駆け巡り一時騒然 世界が心配した事の顛末 ttp://www.cinematoday.jp/page/N0031444 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/05 20:31
ヤン・シュヴァンクマイエル展〜 夢こそ真 〜【チェコセンター東京】
展覧会のポスターです。 先に撮影している方がいらしたので、ポスターはよいのかなと思いまして。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/01 22:28
『十三人の刺客』米国版予告
13 Assassins (2010) trailer (English subs) ttp://www.youtube.com/watch?v=YeEq1qR8qiw ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/26 18:04
第15回(2010年)日本インターネット映画大賞
日本インターネット映画大賞 ttp://www.movieawards.jp/index.html ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/24 20:34
『13人の刺客』米国版イラストポスター
写真のポスターより、ずっとセンス良いと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/19 17:31
第65回日本放送映画藝術大賞【講評】
第65回日本放送映画藝術大賞の【講評】が更新されていました。 ttp://japan-film-award.livedoor.biz/archives/1539160.html#more ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/08 21:43
あなたが裁く!「罪と罰」から「1Q84」まで〔森炎〕
完全犯罪か冤罪か!? 「異邦人」「死刑台のエレベーター」「郵便配達は二度ベルを鳴らす」から「容疑者Xの献身」「模倣犯」「悪人」まで、裁判員裁判にかけたら、死刑か無罪か、懲役何年か?  前裁判官がリアルに指南! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/06 15:29
『十三人の刺客』米国版ポスター
アメリカ版の『十三人の刺客』ポスターだそうです。 うーん…これはこれで哀愁と虚無を感じさせますが、何だか違う映画のように見えてしまいますね。 ハッキし言ってビンボ臭い。 日本版のポスターの方が動きがあってイイと思うのですが、そのまま使うのは難しいのかしら。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/05 13:09
第65回日本放送映画藝術大賞
第65回日本放送映画藝術大賞 映画部門 ttp://japan-film-award.livedoor.biz/archives/1539160.html ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/27 22:39
大人しい映画だったのか…
三池崇史監督も参戦! 海外向け日本映画レーベル『SUSHI TYPHOON』ゆうばりでお披露目 ttp://www.oricon.co.jp/news/movie/85174/full/ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/27 01:24
CUT2011年3月号
141ページの三池監督が語る吾郎様の話のために買いました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/22 21:01
先日のアカデミー賞を振り返る。
先日のアカデミー放送終了後、ネット内の感想巡りをしたり、つぶやいたりしておりました。 なんだかんだで興奮してしまい目が冴えてしまったんですよねぇ… (早く寝なきゃいけなかったのに) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/20 20:11
毎日RT 2011年2月19日〔mainichirt 12面13面〕
ニマニマしながら熟読中♪ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/20 17:28
第3回恵比寿映像祭 デイドリームビリーバー!!−映像の力
シュヴァンクマイエル監督のコラージュ作品を見られれば…と思ったのですが、他のクリエーターの作品も良かったです。 3階から順に見て行って正解でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/20 16:26
サヴァイヴィング ライフ−夢は第二の人生〔Jan Svankmajer〕
シュヴァンクマイエル監督5年ぶりの新作『サヴァイヴィング ライフ−夢は第二の人生』先日、恵比寿映像祭にて観賞いたしました。 副題にある通り“夢は第二の人生”を体感できる映画でした。 見ているうちに“どちらが現実でどちらが夢なのか”わからなくなってくる不思議な感覚を味わえました。 いつの間にか「サヴァイヴィング ライフ」の中に取り込まれていくのが心地よかったです。 全編通してエネルギッシュで情報量が多いのは他作品も同じですが、『サヴァイヴィング ライフ』は特に顕著な感じでしたね。 観... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/20 14:04
おめでとうございます。
第34回日本アカデミー賞が発表されました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/18 23:48
きたーーーーーーーっっ!!
待っていたぜ!この時を! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/17 21:37
沈まぬ太陽〔2009〕
国民航空の労働組合委員長・恩地は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。 10年におよぶ孤独な生活に耐え、本社復帰を果たすもジャンボ機墜落事故が起き、救援隊として現地に行った彼はさまざまな悲劇を目の当たりにする。 そして、組織の建て直しを図るべく就任した国見新会長のもとで、恩地は会社の腐敗と闘うが……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/13 19:01
第21回JNN 共同制作番組 夢は日本のハリウッド
良い番組でしたよー。 2時間使ってくれてもイイくらいです。 もっと庄内映画村のことや山形で映画に関わる人達のことを見せてほしかったなぁ…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/11 11:03
改めて、おめでとうございます!
昨日が毎日映画コンクール表彰式でしたね。 遅れましたが、改めておめでとうございます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/09 21:17
アフタースクール〔2008〕
母校の中学校で働く人のよい教師・神野の元に、かつての同級生だと名乗る怪しい探偵・北沢が訪ねてくる。 北沢は神野の親友で同じく同級生、現在は一流企業に勤めるサラリーマン・木村の行方を追っていた。 心ならずも神野は木村探しに巻き込まれてしまう…。 人を疑うことを知らない男と、人の裏側ばかりを見てきた男。 ちぐはぐコンビの捜査活動から、神野の知らなかった、友人・木村の一面が次々と明らかになり、物語は思いもよらぬ方向へと向かっていく… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/06 16:07
ええ話や…
海老蔵そろそろ解禁?三池崇史監督、海老蔵主演の時代劇を編集中!映画祭に出席できず ttp://www.cinematoday.jp/page/N0029986 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/30 17:27
どっちが面白い!? オリジナルVSリメイク
どちらも面白い! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/29 18:14
おめでとうございます!
第13回菊島隆三賞受賞おめでとうございます! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/24 23:14
僕と妻の1778の物語〔2010〕
SF作家の朔太郎と銀行員の妻節子は、高校1年の夏休みに付き合い始めてからずっと一緒だった。 だがある日、腹痛を訴えた節子が病院に入院し、彼女の体が大腸ガンに冒されていることが判明。 医師に余命1年と宣告された朔太郎は最愛の妻にだけ向けて、毎日原稿用紙3枚以上の短編小説を書くことにする。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2011/01/23 13:04
やっぱりな…
毒舌!脱力!2010年のトホホなダメ映画はコレ!映画秘宝はくさいアワード決定! ttp://www.cinematoday.jp/page/N0029773 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/21 23:22
おめでとうございます!
「第65回(10年)毎日映画コンクール」 ttp://mainichi.jp/enta/cinema/mfa/news/20110118k0000m040014000c.html ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/18 19:36
容疑者Xの献身〔2008〕
惨殺死体が発見され、新人女性刑事・内海は先輩と事件の捜査に乗り出す。 捜査を進めていくうちに、被害者の元妻の隣人である石神が、ガリレオこと物理学者・湯川の大学時代の友人であることが判明。 内海から事件の相談を受けた湯川は、石神が事件の裏にいるのではないかと推理するが……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/10 16:56
ブルーリボン
第53回(10年度)ブルーリボン賞各部門候補が5日、決定したとのこと。 ttp://news.goo.ne.jp/article/nikkan/entertainment/p-et-tp1-110106-0007.html?fr=rk ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/06 23:19
The Sound of Music〔1965〕
1938年のオーストリア、院長の命により厳格なトラップ家へ家庭教師としてやって来た修道女マリア。 彼女の温かい人柄と音楽を用いた教育法で、七人の子供たちはマリアの事が好きになるが、父親であるトラップ大佐とマリアの衝突は絶え間なかった。 だが、次第に大佐に惹かれている事に気づき悩むマリア。 やがて大佐の再婚話が持ち上がり彼女は傷心のまま修道院に戻るのだが……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/04 12:26
アマルフィ 女神の報酬〔2009〕
クリスマス目前のローマ。亡き夫との思い出が詰まった街で、矢上紗江子は最愛の娘の失踪するという最悪の事態に見舞われてしま う。 身代金目的の誘拐か、それともテロか……?  犯人グループが警察の包囲網をかく乱し、捜査が一向に進展しない中、事件の真相に迫る外交官・黒田は、ある事実に行き当たる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/04 01:09
少年メリケンサック〔2009〕
レコード会社に勤めるかんなは、動画サイトでイケメン4人組のパンクバンド“少年メリケンサック”のライブ映像を発見。 彼らと契約すべく会ってみると、メンバーは50歳過ぎのオヤジで、彼女が見つけた映像は25年前のものだった。 予想外の事態に困惑するかんなだったが、バンドの全国ライブツアーに同行するはめになり……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/03 00:07
相棒 劇場版2〔2010〕
官房長ーーーーーーーーーー!!! 官房長ーーーーーーーーーー!!! ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/12/29 17:38
Michael Jackson THIS IS IT〔2009〕
つくづく凄い五十路だ。 こんなに動ける50歳いないですよね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/25 01:23
SPACE BATTLESHIP ヤマト〔2010〕
2194年、外宇宙に突如として現れた敵・ガミラスが地球への侵攻を開始し、人類の大半が死亡してしまう。 5年後、地球が放射能で汚染される中、かつてエースパイロットとして活躍していた古代進は、はるか彼方のイスカンダル星に放射能除去装置がある事実を知り、宇宙戦艦ヤマトで仲間と共にイスカンダル星へ向かう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/22 17:45
日本の方のアカデミー
日本アカデミー賞 『十三人の刺客』 作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞ノミネート おめでとうございます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/18 15:19
オペラ座の怪人〔2004〕
先ほどまで吹替版を見ておりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/18 00:04
四冠おめでとうございます!
第32回ヨコハマ映画祭 ttp://homepage3.nifty.com/yokohama-eigasai/ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/10 22:32
リアルな切腹 生命の重み
本日の朝日新聞の文化欄に載っていました。 ネットでも読めます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/04 16:49
十三人の刺客〔1963〕
見ました!1963年度版『十三人の刺客』 おもしろかったー! 1963年度版も迫力ありました。 特に前半の静かな緊張感がたまりません。最高です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/04 16:27
今年の1本!
2010年度日刊スポーツ映画大賞ファン大賞年間決選 ttp://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/ns-cinema/vote-fun-year.html ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/04 00:15
やったぁ!
十三人の刺客・三池崇史監督賞/映画大賞 ttp://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20101202-709016.html ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/02 19:34
なっとくイカン
第35回報知映画賞 ttp://www.moon-light.ne.jp/news/2010/11/35hochi.html ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/30 20:38
100歳の少年と12通の手紙〔2009〕
子供が主人公の難病もの映画です。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/11/28 18:25
「劇場生中継」が活性化
「映画館で音楽」の新スタイル到来 宇多田、福山ライブで実施「劇場生中継」が活性化 ttp://www.oricon.co.jp/news/music/82481/full/ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/28 12:52
十三人の刺客〔2010〕
ついカッとなって、行ってきてしまいました。四回目です。 本日が最終日だったのでね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/26 21:58
くら〜い映画
「気がめいる陰うつな映画」30本 英誌が選出 ttp://eiga.com/news/20101122/4/ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/23 11:28
キネマ旬報 2010年9月15日号
今さらですが、購入いたしました。 キネマ旬報の9月下旬号。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/21 13:21
十三人の刺客〔2010〕
見てきました。三回目。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/20 16:52
熊本電気館100年の歩み
熊本電気館100年の歩み紹介 ttp://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kumamoto/news/20101117-OYT8T00127.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/20 00:15
ハロウィン関係のはなし
今さらですが、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/07 16:47
エクスペンダブルズ【2010】
キャストも派手。アクションも派手。爆破も派手。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/29 23:25
十三人の刺客 オリジナル・サウンドトラック
勢いでサントラを購入いたしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/23 16:27
おめでとうございます。
〈速報〉「十三人の刺客」スペインの映画祭で受賞 ttp://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201010180093.html ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/19 12:37
十三人の刺客〔2010〕
先日、二回目見て参りました。 初回はガッツリ140分!って感じだったのですが、二回目だからなのか、あっ!という間に終わってしまったように感じました。 (T・ジョイ大泉の二回目の時間で、小さな箱になっていましたが6割ほど埋まってました) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/17 13:49
十三人の刺客〔2010〕
最高でした。 観賞中に汗が出てくる映画なんて初めてですよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/10 17:53
K-19〔2002〕
1961年、米ソ冷戦の最中、ソ連国家首脳部は原子力潜水艦K−19の処女航海の艦長にアレクセイ・ボストリコフを任命した。 副艦長には経験豊富なミハイル・ポレーニンが就き艦は出航。 この2人の意見はしばしば対立するが、K−19は次々にテストを成功させていった。 困難なテストを乗り切り乗組員たちは束の間リラックスする。 しかしその直後、新たな任務の遂行中、艦内の冷却装置のひび割れが判明する。 原子炉は過熱し始め、このままでは炉心の溶融が避けられない。ボストリコフはじめ乗組員は、大惨事をくい止... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/03 13:20
かもめ食堂〔2006〕
サチエはヘルシンキで“かもめ食堂”を始めたものの客はゼロ。 ある日彼女は最初の客で日本かぶれの青年トンミにガッチャマンの歌詞を教えてくれと言われるが、出だししか思い出せない。 彼女は偶然本屋でミドリを見かけ……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/23 16:54
衣替え
草なぎ剛×竹内結子『僕と妻の1778の物語』、秋分の日を前にオフィシャルサイトも衣替え! ttp://www.cinematoday.jp/page/N0027103 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/23 12:01
期待しています。
三池崇史監督、SMAP稲垣の“悪役”起用を説明 ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100910-00000002-cine-movi ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/12 13:03
劔岳 点の記〔2009〕
ひたむきに歩め、前人未踏の頂へ。 標高2999メートル、氷点下40度。 日本地図最後の空白地点を目指した男たちの、魂の記録。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/08 20:40
小さな命が呼ぶとき〔2010〕
難病に侵されたわが子を救う治療薬の開発のために、製薬会社まで設立した父親の奔走を描く感動のヒューマン・ドラマ。 ハリソン・フォードが出演と製作総指揮を兼ね、アメリカであった実話を基に子どもの命を守るためならどんなこともやり遂げる親の覚悟を映し出す。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/07 20:33
最もショッキングな展開の映画
最もショッキングな展開の映画 ttp://www.cinematoday.jp/page/N0025835 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/28 23:34
なんか、わからなかった映画
MovieWalkerの記事に「映画史上最も混乱した映画トップ10」というものが出ていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/25 20:02
市川崑のタイポグラフィ 「犬神家の一族」の明朝体研究〔小谷充/著〕
こんな本を待っていた! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/17 23:10
ハウルの動く城〔2004〕
もう6年前の映画なんですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/17 00:53
アニメ/漫画の実写化に驚いた映画ランキング
アニメ/漫画の実写化に驚いた映画ランキング ttp://cache001.ranking.goo.ne.jp/crnk/ranking/024/documentary_anime/ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/11 16:34
コックと泥棒、その妻と愛人〔1989〕
横暴で傲慢な泥棒のアルバートとその妻ジョージーナ。 アルバートがオーナーであるフランス料理店で夜ごと卑しい乱行を繰り返し、その下品な行動と言動にうんざりているジョージーナは常連客の学者マイケルと恋に落ちる。 コック長リチャードは秘密を恋の場所を提供し、二人は情事にふけるが、ある日アルバートにばれてしまい、マイケルは惨殺されてしまう。 ジョージーナは衝撃と悲しみに打ちひしがれるが、夫への復讐を決意する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/04 23:14
新作映画ウラ話
MSNエンタメの『新作映画ウラ話』がおもしろいです。 洋画も邦画も幅広く取り上げているので、興味のある方は是非。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/27 23:22
男はつらいよ 柴又慕情〔1972〕
「男はつらいよ」シリーズ第9作目。 今回の寅さんの“マドンナ”役には、ファン投票第一位の吉永小百合。“おいちゃん”役の故森川信の代役として松村達雄が出演する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/21 23:06
ダイ・ハード3〔1995〕
N.Y.の5番街。朝の買い物客で賑わうデパートが突然爆破された! サイモンと名乗る爆弾テロリストが爆破場所を地下鉄、小学校と次々に指定し、N.Y.市民を巻き込んだ爆破計画を敢行する。 その予告爆破を阻止すべく、またまた“あの男”が立ちあがった! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/20 13:02
フィラデルフィア〔1993〕
法律事務所で働く敏腕弁護士ベケット(トム・ハンクス)は、体調不良で検査を受けた結果HIV感染を宣告される。会社側は仕事上のミスをでっちあげ、彼を解雇。 不当な差別と闘うためにベケットは意を決して訴訟に踏み切る。 彼の毅然とした姿勢に心打たれた弁護士ミラー(デンゼル・ワシントン)の協力を得て、ついに自由と兄弟愛の街フィラデルフィアで注目の裁判が幕を開けた…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/19 16:42
映画史に残る変な髪型22人
映画史に残る変な髪型22人 ttp://eiga.com/buzz/20100607/4/ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/15 22:46
男はつらいよ 寅次郎純情詩集〔1976〕
『男はつらいよ』第十八作目。フーテンの寅が捲き起こす人情喜劇。 今回は、甥っ子の通う学校の若い産休教師(檀ふみ)とその母(京マチ子)を相手に、物語がくり広げられる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/13 13:21
座頭市 THE LAST オリジナル・サウンドトラック
メインテーマもカッコイイのですが、16曲目の「The Broken… 〜市と千の戦い〜」と、LAST「運命 〜映画「座頭市 THE LAST」エンドロール〜」の三味線が最高! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/12 22:48
座頭市 THE LAST〔2010〕
泣いた。泣いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/12 17:02
第5弾……
『インディ・ジョーンズ』第5弾はバミューダトライアングルの謎に迫る! ttp://www.cinematoday.jp/page/N0024934 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/12 00:08
SEX AND THE CITY THE MOVIE〔2008〕
ドラマを全部見てなくても話に着いて行けるし分かりやすいし、華やかでお洒落。 週末になんっにも考えずに見るのに最高の映画だと思います。 楽しい一時でしたよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/06 00:39
史上最強!アクションスターGP開催!
日曜洋画劇場のサイトで『史上最強!アクションスターGP開催!』という企画がありましたので、投票してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/03 21:15
相棒―劇場版2―
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100603-00000026-sph-ent 人気ドラマ「相棒」10周年で再び劇場版 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/03 21:05
よかった…
『アリス・イン・ワンダーランド』10億ドル達成に日本が貢献!!全世界興行収入歴代6位に! ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100528-00000023-flix-movi ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/30 17:07
BATTLE ROYALE〔2000〕
暴力映画初!「バトル・ロワイアル」3Dで復活 ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100529-00000047-spn-ent ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/29 17:53
フライトプラン〔2005〕
夫の突然の死という悲しみの中、航空機設計士のカイル(ジョディ・フォスター)は、6歳の愛娘ジュリアとともに故郷ニューヨークへと飛び立った。 夫の棺を乗せて離陸したそのジャンボジェット機は、カイル自身が設計した最新鋭の旅客機。機内で数時間の眠りから覚めた彼女は、娘の姿が見当たらないことに気づく。 高度1万メートルの上空で、ジュリアは跡形もなく姿を消したのだ。愛する娘を必死で探すカイル。だが、同じ飛行機に乗り合わせた乗務員、乗客の誰一人 としてジュリアを見た者はいない。 いつの間にかジュリアの痕... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/21 18:55
夢のチョコレート工場〔1971〕
ウンパ・ルンパ♪ドゥパディ♪ドゥ♪ウンパ・ルンパ♪ドゥパディ♪ドゥ♪ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/15 00:11
300〈スリーハンドレッド〉〔2007〕
フランク・ミラー(『シン・シティ』)のグラフィック・ノベルを基に、レオニダス(ジェラルド・バトラー)率いる地上最強と謳われた300人のスパルタ軍が、クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)率いる桁違いの軍力を誇るペルシア軍の巨大軍勢を迎え撃った “テルモピュライの戦い”を、迫力のライブアクションと斬新なCGIアニメーションを融合し、新たな映像革命を起こした。 人類史上最強の男たちの勇姿を描いた、衝撃の歴史スペクタクル超大作。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/09 23:09
Alice in Wonderland[Soundtrack]
「Alice」のテーマ好きだ〜。 ようつべで繰り返し聞いていたら、ますます気に入ってしまいCDを購入いたしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/09 12:25
不思議の国のアリス 1903-1915
1915年度版が約52分。1903年度版が約8分。合計1時間でしたが、どちらも楽しめました。 仕方ないことですが、かなり時代を感じさせる古〜い映像で、1903年度版は画像の劣化がヒドイです。 でも、サイレント映画が好きで見慣れている方ならば許容範囲かと…。 もう少し技術が進歩すれば、劣化したフィルムを再生できるのかもしれませんね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/08 17:43
STARWARS エピソード1 ファントム・メナス
「ファントム・メナス」を地上波でやるのって久々な感じですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/08 00:17
ALICE〔Jan Svankmajer〕
5月4日は「不思議の国のアリス」のモデルとなったアリス・プレザンス・リデル嬢の誕生日(1852年5月4日―1934年11月15日または16日)。 改めて、お誕生日おめでとうございます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/04 16:28
ヤッターマン〔2008〕
深田ドロンジョ様♪最高〜〜♪ (ハナから演技力には期待してなかったし、あの衣装で動く姿が見られて満足) でも、一番テンションが上がったのは“どくろ鮨”のシーンだったかも。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/28 21:01
アリス・イン・ワンダーランド展【PARCO FACTORY】
「不思議の国のマメ山田」を見る前に立寄りました。 (渋谷に行かなかったら、知らないままでした。ラッキーでしたよ。ホント) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/25 00:55
不思議の国のマメ山田【マリアの心臓】
『少女アリス展』も良かったし、映画『アリスが落ちた穴の中 Dark Märchen Show!!』も良かったのですが、一番はマメ山田氏のマジックショウでした。 映画と同じアリスの衣装でマジックを見せてくれて、最高に楽しかったです。 サインも頂けたし、写真も一緒に撮らせてもらえたし幸せな一時でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/24 19:30
Alice in Wonderland オフィシャルガイドブック ぴあMOOK
映画内容については、正直不満はありますが、美術、衣装などの作り込みは素晴らしいですね。 こういうのを読むと、やはり原作に沿った形で映画化してほしい…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/17 22:00
Alice in Wonderland〔2010〕
字幕版2Dの方を見てきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/17 18:53
パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド〔2007〕
ジャックが出てこないと退屈だ…。 最初の30分がたるくてしょうがなかった… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/11 15:49
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト〔2006〕
おもしろいんだけど、ムダに長いですよね…。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/28 23:56
パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち〔2003〕
ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウの存在が作品を支えて引っ張っている映画ですな。 彼がいなかったら、こんなにヒットしなかったんじゃないかしらと、つくづく思います。 ベタでわかりやすいストーリーとお金のかかった綺麗な映像があればイイってもんじゃないし。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/22 15:48
スパイダーマン3
トビー・マグワイアのムダ使いをしている映画ですな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/20 01:33
ハンサムスーツ〔2008〕
楽しい映画でしたね〜。 オチは読めちゃうけど、後味イイし最後まで安心して見られるタイプの映画ですな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/14 12:24
ルームメイト〔1992〕
マンハッタンのアパートに住むワーキング・ウーマン、アリソンは恋人サムと別れた寂しさに耐えかねルームメイトを募集、シャイで野暮ったい娘ヘドラと共同生活を始めた。 二人の生活は順調に進むかに見えたが…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/11 16:21
2009年の最低映画!ラジー賞のノミネートが発表!『トランスフォーマー』最多7部門
2009年の最低映画!ラジー賞のノミネートが発表!『トランスフォーマー』最多7部門〔シネマトゥデイ〕 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/07 13:07
フラガール〔2006〕
昭和40年、閉山の危機が迫る炭鉱町。 まちを救うために炭鉱会社が構想したのが、フラダンスショーを目玉にしたレジャー施設の建設だった。 ダンスを教えるため、東京から呼び寄せられた元花形ダンサーは、始めは馬鹿にしていたが、ひたむきな炭鉱の少女たちの熱意に魅せられ、次第に忘れかけていた情熱を思い出し…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/07 01:44
Dr.パルナサスの鏡〔2009〕
おもしろかったですよ〜。見てよかった! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/06 16:45
崖の上のポニョ〔2008〕
ジブリ版「人魚姫」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/06 00:53
ブラザーズ・グリム〔2005〕
テリー・ギリアム監督がグリム童話を映画化したファンタジー。 自作自演で怪物退治をして賞金を稼ぎながら、古い物語を収集する旅を続けるグリム兄弟。 だが、将軍にそのイカサマがバレ、彼から少女連続失踪事件の調査を命じられる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/31 16:45
ハッピーフライト〔2008〕
この映画の主人公、綾瀬はるかちゃんだと思ってた… 最後のクレジット、田辺さんがトップに来てたからビックリ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/30 23:30
デトロイト・メタル・シティ〔2008〕
そんな過激な映画ではなかったですね。(カットやピー音のせいなのかな?) もっとムチャクチャな映画だと思ってたのですが、本当に過激な映画だったら土曜プレミアムの時間に放送しないですよね。 爽やか青春映画っぽかったし。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/24 15:21
2009年トホホな映画
以下が、トホホ10だそうです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/22 21:58
プラダを着た悪魔〔2006〕
金曜ロードショーの放送を見ました。 ながら見するつもりが最後まで夢中に見てしまいました。 テンポが良くてわかりやすいのに安っぽさがない、華やかで楽しめる映画でした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/16 01:27
ダイ・ハード4.0〔2007〕
マクレーン刑事、離婚しちゃってたのね…。 テレビで見たおかげか、野沢那智さんの吹き替えの良さのおかげか、「ダイハード3」より面白いと思えました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/04 01:22
男はつらいよ「噂の寅次郎」〔1978〕
先ほど迄見ておりました。 『男はつらいよ』を地上波(テレ東)で見るなんて、何年ぶりかしら?と思いながら楽しんでおりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/30 23:34
インデペンデンス・デイ〔1996〕
あ〜。なっつかしいなぁ。 この映画も映画館で見ましたよ。 ジェフ・ゴールドブラムがお目当てだったんですけど、ウィル・スミスの存在感にひきつけられましたね〜。 (今やハリウッド映画に欠かせない俳優の一人ですよね) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/12/20 17:37
逃亡者〔1993〕
今週、テレ東の水曜シアターで再放送されますな。 テレ東好きだけど、なんか映画が“下がったな”という気持ちになるのは何故かしら? いや、でも『逃亡者』は久々の地上波での再放送だから楽しみです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/13 17:53
Michael Jackson THIS IS IT〔2009〕
最高でした! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/21 19:59
シネマ食堂〔飯島奈美〕
映画『かもめ食堂』や『めがね』などで人気のフードスタイリスト、飯島奈美さんが映画に登場する料理とシーンを再現。 観て楽しい、作って食べて楽しい1冊。 『かもめ食堂』のシナモンロールから『ゴッドファーザー』のトマトパスタなど名画のワンシーンがよみがえる料理の数々。 アエラの人気連載「シネマ食 堂」から厳選した70レシピ。 フードスタイリストの仕事現場の密着ルポなども。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/09 23:57
エアフォース・ワン〔1997〕
公開当時「ハリソン・フォード、ついに大統領役か〜」と思い、テンション上がりまくりで映画館に行った事を覚えています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/18 17:36
激突!〔1971〕
もうNHK衛星放送の定番映画と化していますが、何年経っても、どう見ても傑作は傑作。 何度見ても恐い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/06 00:00
ザ・マジックアワー〔2008〕
面白い映画でしたね。 見る迄は“合い言葉は勇気の焼き直しみたいな話ね”と思っていたのですが、主演の佐藤さんははっちゃけてるし、伏線はキレーに回収されているし、話のテンポも良かったし、三谷映画の中では一番じゃないかしら? ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/04 00:04
BALLAD 名もなき恋のうた
遅れましたが、臼井先生のご冥福をお祈りいたします。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2009/09/26 23:36
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官〔2009〕
多様な人種、さまざまな事情を抱えた移民が集まってくるロサンゼルス。 移民局I.C.E.のベテラン捜査官マックス(ハリソン・フォード)は不法就労者の 取り締まりが任務だが、彼らの立場に同情的なため、つい彼らの事情を気遣ってしまう。 そんなある日、同僚の妹が殺され遺品の中から偽造グリーンカードを見つけた彼は、独自の捜査に乗り出す。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/22 13:00
おくりびと〔2008〕
先ほど迄、TBSの放送を見ておりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/22 00:23
STARWARS エピソード2―クローンの攻撃
ナタリー・ポートマンの美貌を堪能するだけでも見る価値はあると思いますが、『STARWARS』のエピソード1、2、3の中ではエピソード2が一番退屈だなぁ…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/30 00:01
名もなき
1日の更新回数なんと515回!草なぎ剛の24時間戦国時代生活、アメブロでアクセス1位に輝く! http://www.cinematoday.jp/page/N0019429 [シネマトゥデイ映画ニュース] ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/29 11:27
硫黄島からの手紙〔2006〕
昨夜、フジで放送されていたので見ておりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/16 14:41
死亡遊戯 GAME OF DEATH〔日本公開:1978〕
どうしても前半部がタルく感じます。 だって、リーさん本人が登場するのが映画開始から1時間20分経ってからなんですもの。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/13 23:45
ドラゴンへの道 THE WAY OF THE DRAGON〔日本公開:1975〕
ローマ・コロッセオでの対決がカッコ良過ぎる『ドラゴンへの道』 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/12 23:20
ドラゴン怒りの鉄拳 FIST OF FURY〔日本公開:1974〕
1900年初頭、日本帝国主義が横行している上海を舞台に、租界にあった道場をつぶされ、恩師を殺された青年が単身日本人武術家一派に立ち向かう。 ブルース・リー主演の第二作。 (香港での公開は1972年。日本公開はブルース・リーの一周忌にあたる1974年7月20日) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/11 22:27
ドラゴン危機一発 THE BIG BOSS〔日本公開:1974〕
ブルース・リーの初主演作品。 母の言いつけで喧嘩から足を洗っていたチェンは、務めている製氷工場が裏稼業で麻薬を密売していることを知った仲間を惨殺され、怒りが爆発する…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/10 23:24
燃えよドラゴン ENTER THE DRAGON〔日本公開:1973〕
シネマトゥデイの8月6日の映画ニュースで、“なんだかな〜”な記事を見つけてしまいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/09 23:04
クライマーズ・ハイ〔2008〕
フジの地上波見ておりました。 (良い意味で)映画とは思えないような、ものすごい臨場感のある作品でしたね。 顔も名前も知っている俳優さんが多く出ていたのに、ドキュメンタリーでも見ているような気分になりました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2009/08/09 01:41
ハチ公物語〔1987〕
昼間、フジで再放送していましたね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/08 18:58
ナイト ミュージアム〔2006〕
エガちゃんが「江頭2:50のエィガ批評宣言」でケチョンケチョンに言ってた『ナイト ミュージアム』ですが、日テレで放送してましたね。 ながら見、片手間見で、あまり真剣に見てなかったのですが、テレビで見たお陰かまぁまぁ楽しめました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/08 01:06
人生に乾杯!〔2007〕
運命的な出会いを経て結婚し、今や81歳となったエミルと70歳のヘディの老夫婦。 熱い恋に落ちた頃のことなどすっかり忘れた二人は倦怠期も通り過ぎ、嫌味な言葉を掛け合うだけの冷めた関係に落ち着いている。 二人は年金だけでは暮らしていけず、家賃も滞納し電気まで止められてしまう羽目に。 そしてとうとう、出会いのきっかけだった思い出のダイヤのイヤリングも滞納した家賃のカタに取られてしまう。 エミルの中で何かがブチ切れ、愛車に乗り込み郵便局へ強盗に押し入った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/23 18:45
放送禁止映像大全〔天野ミチヒロ〕
ブックオフで出てたら買おうかな〜と思ってたんですけど、中々巡り会えませんでしたね。 文庫で出ていたので、立ち読みしてみたら面白かったので買ってみました。 掘り下げ度は『封印作品の謎』(安藤健二)には及びませんが、とにかく情報量が豊富。 「あの放送禁止になってる、あのドラマ、なんてタイトルだっけ?」と思い出せない時に使えると思います。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/20 00:49
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団〔2007〕
金ローの再放送見ました〜〜。 映像は迫力あってカッコよかったけど、殆どのエピソードが消化不良で終わってしまった感じがしますね。 なんか詰め込み過ぎな感じでしたね。 あのピンクおばさんも、もっと何かやらかす人かと思ってたらケンタウロスに連れて行かれちゃったし。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/18 01:09
踊る大捜査線 THE MOVIE〔1998〕
フジは“織田裕二祭り”ですな〜〜。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/12 00:54
ハリー・ポッターと賢者の石〔2001〕
昨夜、TBSも日テレもフジも映画の再放送ばっかしやってましたね〜。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/11 17:20
SPEED〔1994〕
映画から一人歩きするほどに有名なサントラ「Main Title」を聞くだけでドキドキしてくる『SPEED』 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/05 00:59
ハゲタカ〔2009〕
鷲津は眼鏡をかけて、はじめて“ハゲタカ”になるんだなぁと、改めて実感。 よれよれの飲んだくれ状態から、スーツに着替え、最後に眼鏡をかけた瞬間に、“キターーッ!ハゲタカ!”って思ったし。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/23 20:24
ターミネーター2 THE TERMINATOR2〔1991〕
フジの再放送を見ておりました。 いつもなら0時近くまで放送しているのに、今回は23時10分までだったせいか、かなりカットしていましたね。 (しかも、けっこう大事なシーンを) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/14 00:02
バック・トゥ・ザ・フューチャー BACK TO THE FUTURE〔1985〕
6月8日から、テレビ東京で三日連続『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の三部作を再放送していたので、週末の楽しみにと録画しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/13 18:21
AERA〔2009年6月15日号〕
映画『ハゲタカ』が公開しましたね。 主演の大森さんが素敵すぎるので、久々にAERAを購入。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/09 20:40
ターミネーター3 THE TERMINATOR3〔2003〕
今夜、日曜洋画劇場で再放送がありますね。 これは、覚えていたら見ようっと。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/06/07 12:44
千と千尋の神隠し〔2001〕
『千と千尋の神隠し』も映画館で見たけど、TV放送されるたびに見てしまいますな。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/06 01:13
ターミネーター THE TERMINATOR〔1984〕
今夜、テレ東で再放送ですね。 忘れないように見なきゃ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2009/06/03 13:01
DIE HARD 2―ダイ・ハード2〔1990〕
日曜洋画劇場で半年おきに見てるイメージがありますが、今回は金曜ロードショーでの放送でしたね。 なっつかしいなぁ〜〜。 もう20年も前の映画なんですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/30 00:33
スラムドッグ$ミリオネア〔2008〕
スラムに生きる子ども達のバイタリティーとエネルギーが凄かった。 “人間って、知恵と精神力と体力があれば、どうとでも生きていけるものなのね”と思いました。 ただ、ひ弱な自分は絶対ムリ。 あのゴミクズの山で、あっという間にヤられてしまいそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/25 18:00
ダ・ヴィンチ・コード―The Da Vinci Code〔2006〕
先ほど迄、フジの地上波放送を見ておりました。 ダ・ヴィンチの絵に隠された暗号を理屈っぽく解読していく話かと思っていたら、実際は違いましたね…。 もう少し、粗筋を頭に入れてから見ればよかったかも? 少々わかりにくい部分もあったし。 でも、原作を読んでみようかなという気持ちにさせられました。 きっと映画よりもおもしろいと思うので。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/17 01:12
エネミー・オブ・アメリカ〔1999〕
日曜洋画劇場でやってたので、ついつい見てしまいました。 なっつかしいな〜〜。これ映画館に見に行きましたよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/10 23:26
少林サッカー〔2001〕
フジで放送してたので、途中から見ておりました。 (前に見たことがある映画なので) ギャグ漫画ノリのアホっぽさを楽しむ映画なんですけど、主人公がズタボロに傷ついた仲間に言った 「体は離ればなれでも、心は一つだ」って台詞が胸にしみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/25 00:23
アライブ―生還者―〔2007〕
1972年、遠征に向かうラグビーチームの若者45名を乗せたウルグアイの軍用機がアンデス山脈に墜落。 惨事から10日後、その絶望的な状況から捜査は打ち切られたが、生存者たちは生還を諦めずに仲間の人肉を食して生き延び、遂には救出された。 氷点下の雪山で72日間を生き延びた16人の生還者、彼らと事故被害者の遺族の交流を描いたドキュメンタリー。 (ウルグアイ空軍機571便遭難事故:1972年10月13日に飛び立ったウルグアイ空軍571便がアンデス山脈に墜落した航空事故。乗員乗客45名中29名が... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/14 00:00
REDCLIFF-Part1〔2008〕
先ほど迄、日曜洋画劇場でやってましたね〜。 あんまり期待していなかったのですが、最後まで夢中に見てしまいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/13 00:58
鑑識・米沢守の事件簿〔2009〕
爆弾テロ予告が起こった東京ビッグシティマラソン。鑑識課員の米沢(六角精児)は、マラソン大会の参加者の中に8年前に逃げた女房を見つける。 特命係の右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)がテロの犯人を追う中、米沢は逃げた女房と思われる女性の死体が発見されたという知らせを受け、現場に駆けつけると、“死亡した女性は、自分の妻だった”という男が現れた。 その男は所轄の刑事で相原(萩原聖人)といい、鑑識の米沢と共に事件の真相を捜査することになった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/10 19:18
相棒―劇場版―絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン〔2008〕
“わざわざ映画っぽい見せ場満載で作ってるな〜”と思いましたが、面白かったです。 ドラマ以上に亀ちゃんが無駄に動かされているのが“何だかな〜”と思ったけど、イタミンとボートに乗って爆弾積んでる船を追っかけてたシーンは格好良かったです。 こういうのを見ると“亀山卒業の前にイタミンと亀山のコンビで一つ作ってほしかったな〜”って思ってしまいます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/29 23:34
幸せのちから〔2007〕
さっきまで、金ローの放送見てました。 いやはや、2時間殆ど主人公の踏んだり蹴ったりが続くと思ってなかったですね。 (半分は主人公の自業自得の部分もあると思いましたが) オチが分かっているのに、すごくハラハラしましたよ。 “頼む!報われてくれ〜〜!”って思っちゃった。 最後に採用決定をもらった時、自分のコトのように嬉しかったです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/06 23:17
穴〔2001〕
イギリスでも指折りの名門パブリック・スクール、プレイボーン学園。ここに通う4人の生徒が、ある日忽然と姿を消した。騒然となる警察とマスコミ。 やがて、失踪から18日後、4人の生徒のうちの一人、女子高校生リズだけが薄汚れ、憔悴しきった姿で発見される。 リズに、そして3人のクラスメイトにいったい何が起こったのか? 事故なのか、それとも犯罪か? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/22 15:20
STARWARS  エピソード3―シスの復讐
先ほど迄フジの放送を見ておりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/21 23:34
ヘブンズ・ドア〔2009〕
「長瀬くんの舞台挨拶が見られる」時間帯のチケが取れたとのことで、友人のお誘いで観に行ってきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/08 12:25
2008年の最低映画 ラジー賞のノミネーション
2008年の最低映画!ラジー賞のノミネーションが発表!キャメロン・ディアスの名も… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/22 13:13
ハリー・ポッターと炎のゴブレット〔2005〕
昨夜の録画分を、先ほど見終わりました。 思っていた以上に長くてびっくり。 そして、三人組の成長の早さにもびっくり。 ハリー役のダニエル君は、今年で二十歳なんですもんね。 時が経つのは早いなぁ…。 (何度か“ウエンツ君に似ているなー”と、思いながら見ておりました) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/18 16:17
<映画興行成績>紅白効果?「私は貝になりたい」トップ10入り
<映画興行成績>紅白効果?「私は貝になりたい」トップ10入り 「ウォーリー」首位キープ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/06 19:09
八甲田山〔1977〕
ソフトバンクのCMに触発されたわけではないのですが、久しぶりにDVDを見ておりました。 (あのCMの演出、不謹慎ではないかしら。大丈夫かな?) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/04 18:45
HERO〔2007〕
今日のTV放送、あたまから真面目に見ちゃったよ。 “映画館にわざわざ行かないでよかった”ってーのが正直な感想です。 この内容なら、ドラマの2時間SPでよかったんじゃないかな? 『踊る大捜査線』の二番煎じっぽいけど、連続ドラマとして成功した作品なんだから、わざわざ映画にしなくてもね…。 (しかも、映画のでき自体がお粗末だし) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/03 23:50
トラック野郎 度胸一番星〔1977〕
男盛り全開の文太さんに会いたくて、久々にDVDを見ておりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/03 14:24
第21回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞
中居くんSMAPの連覇に喜び/映画大賞 <日刊スポーツ映画大賞授賞式>◇28日◇ホテルニューオータニ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081229-00000012-nks-movi ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/29 13:13
太陽を盗んだ男〔1979〕
この映画の凄さは今さら自分が語る迄もないと思います。 不謹慎ですが、これは何度観てもテンションの上がる映画ですね。 ジュリーの不気味な美しさと文太さんの男臭さがたまりません。 荒唐無稽な話なのに、ガンガン胸に響いてくるものがあるのは何故なのか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/27 15:01
劇場版「ハゲタカ」
さっき[シネマトゥデイ映画ニュース]で知りましたよ。 (NHKの「ハゲタカ」のサイトでは12月12日に発表されていたのね) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/27 00:45
THE MATRIX〔1999〕
他局とザッピングしながら見ておりました。 キアヌの『地球が静止する日』が始まっているから再放送されていたんですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/21 00:45
香港電影最強大全:李小龍 LEGEND OF DRAGON DVD-BOX
『香港電影最強大全:李小龍 LEGEND OF DRAGON DVD-BOX』先ほどペリカン便で到着いたしました。 アマゾンのレビューにはBOXの内容について厳しい意見がチラホラと見られましたが、自分のようなミーハーなファンで、長いこと“DVDを買いそびれていた”人間には有り難いBOXです。 ブルーのBOXも綺麗で見栄えも抜群。 正月にでもゆっくり鑑賞しましょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/19 20:24
シュヴァンクマイエルの世界〔Jan Svankmajer〕
映画のみならず、さまざまな分野で精力的な活動を行っているヤン・シュヴァンクマイエル。 映画、オブジェ、撮影日誌、インタヴューなどをテクストにし、チェコのアニメーション作家の全貌を紹介する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/12 18:37
僕らのミライへ逆回転〔2008〕
片田舎の街角にあるVHSしか置いていないレンタルビデオ店で働くマイクは、旅に出た店長のフレッチャーから店をあずかることに。 その店は古色蒼然。店の入っている建物は旧態依然。“市民のため”という御題目を振りかざした役所から立ち退きを命じられている。 ある日、発電所で強い電磁波を浴び、体が磁気化してしまった友人・ジェリーのせいで、店内全てのビデオの中身が消去され、レンタルできるビデオが無くなってしまった。 この一大事を乗り切るため、マイクとジェリーは自作自演で名作や旧作映画を撮るハメになる... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/05 22:56

トップへ | みんなの「映画」ブログ

Le passe-temps 映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる