午後の恐竜〔星新一〕

画像現代社会に突然出現した巨大な恐竜の群れ。蜃気楼か?集団幻覚か?それとも立体テレビの放映でも始まったのか?―地球の運命をシニカルに描く表題作。
ティーチング・マシンになった教育ママ、体中に極彩色の模様ができた前衛芸術家、核爆弾になった大臣―偏執と狂気の世界をユーモラスに描く『狂的体質』。
ほかに、『戦う人』『契約時代』『理想的販売法』『幸運のベル』など全11編。


年明けの1月2日に『星新一ショートショートスペシャル』(「無料の電話機」「新しい遊び」「マイ国家」「凍った時間」「古風な愛」「午後の恐竜」)の新作が放送されるので、『午後の恐竜』を読み返そうと思い、部屋の中を鋭意捜索中でございます…。

いや、ストーリーは覚えているからイイんだけどね。読み返さなくてもさ。
情報無しの方が新しい気持ちで楽しめるかもしれないし。

どのような作品になるのか、期待大です。
『午後の恐竜』は実写だと難しそうだから、アニメーションかな?


あ。遅れましたが、
米国の国際エミー賞コメディー部門「特集 星新一ショートショート」最優秀賞受賞、おめでとうございます。

http://www.nhk-ep.com/shop/news/2009/11/37.jsp
NHK BS2で放送された特集『星新一ショートショート』(2009年2月放送)が『第37回 国際エミー賞』コメディ部門で見事グランプリを受賞


午後の恐竜〔星新一〕
【目次】
エデン改造計画
契約時代
午後の恐竜
おれの一座
幸運のベル
華やかな三つの願い
戦う人
理想的販売法
視線の訪れ
偏見
狂的体質

解説/尾崎秀樹
カット/ヒサクニヒコ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック