真鍋博のプラネタリウム:星新一の挿絵たち

画像「名コンビ」と謳われた2人。
雑誌掲載時の作品を中心に「真鍋博の插絵」という視点で集めた唯一の作品集。
ショートショートの結末や核心に決して触れることなく、物語の魅力と世界観を最大限に伝えてくれる魔法の插絵の数々。
「おーいでてこーい」「ボッコちゃん」「マイ国家」他。



再発!ばんざーい!
(しかし、ちくま文庫さんから出るとは思ってなかったです)
ずっと欲しいと思っていた本だったので、嬉しい♪


改めて読んでみると、星新一氏のクールな文体と真鍋氏の絵、この二つの相性は抜群だな、と思います。


星新一氏のまえがきも必読。
真鍋氏のイラストレーターとしての矜持が伝わってくる内容です。


もう絶版されなくない素晴らしい本ですが、
欲を言えば、星新一全作品の「真鍋博の插絵」作品集が出てくれないものか…と。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック