AMADEUS〔1984〕

画像


1823年11月のある晩、ウィーンの街でひとりの老人が発狂して自殺を図り、病院へ運ばれた。
この老人は、かつてウィーンで最も尊敬された宮廷音楽家、アントニオ・サリエリ。
数週間後、サリエリの告白を聞くために若年の神父・フォーグラーが病室を訪れた。やがて、サリエリの回想が始まった…。
イタリアに生まれたサリエリは、作曲家として優れた才能を持っていた。やがて音楽の都ウィーンへ赴き、皇帝ヨーゼフ2世付きの宮廷音楽家になった。
そんな順調なサリエリの人生も、天才ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトに出会ったことで狂わされていく…。



あっという間の目くるめく180分でした。



「午前十時の映画祭」で鑑賞してきました。
がっつり3時間ある映画なので、途中インターミッションがあるだろうと思っていたのに、ノンストップでございました。

でも、映画本体がおもしろいし、音楽メインの作品らしくテンポも良く、たたみかけるように物語が進んで行くので、ずっとスクリーンに釘付けでした。


ずっと映画館で観たいと思っていた作品なので、今回やっと観る事ができて大満足です。
当然なのですが、やはり映画館は音が桁違いにイイですね。
家のヘコイTVのスピーカーとは大違い。まぁ、当然なんですけど。

“音楽メインの映画は、映画館で観るに限るな”と、つくづく思いました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック