「怖い絵」展【上野の森美術館】

画像


先週の11月3日に、観て来ました。
9時25分から並び始めて、入場できたのが11時20分。

   
展覧会の目玉作品「レディ・ジェーン・グレイの処刑」の迫力に圧倒されました。
日本初公開というの情報しか持ってなかったので、あんなに大きい絵だとは思ってなかったです。
解説や他の紹介文にもありましたが、絵を鑑賞しているというより、舞台を観ているような感覚になりました。
画像


他の展示作品も自分の感覚にハマるというか好みのものばかりで、この展覧会で初めて知る画家の名前もありました。
作者不詳の『不釣り合いなカップル』もツボでした。
ゲスいし、どちらかというと気持ち悪い絵なのに笑える感じが。


充実した良い内容の展覧会でしたが、並ぶだけでエネルギー使いましたし、疲労困憊しました。
2年前の若冲の展覧会の時も思いましたが、混雑必至の展覧会は予約制にするとか、整理券出すとかしてくれればイイのに、何で客にムダな労力使わせるのか?
上野界隈の美術館は、そういうサービスを全く考えないところがアレですね。

でも、実際に観に行って良かったと思ってます。
気に入った絵のポストカードは買う気満々でしたが、図録まで買ってしまいました。
あと、お菓子も2種類買ってしまいました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック