Le passe-temps

アクセスカウンタ

zoom RSS エスター〔2009〕

<<   作成日時 : 2018/04/22 16:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

赤ん坊を死産した夫婦は、エスターという一人の少女を養子に迎え入れた。
しかし引き取ったその後、エスターの本性に気付き始めた妻のケイトは夫のジョンたちにそれを知らせようとするが、彼女の警告は聞き入れられないまま時間が過ぎていく…。



楳図先生の「洗礼」という漫画を思い出してしまうタイプのソレ系の怖い映画。
(めっちゃネタバレでスイマセン。でももうかなり前の映画ですしね)
「原作 楳図かずお」とクレジットされていたら信じてしまいそうだなと、今でも思います。
でも、「洗礼」に出てきた男性教師は、「エスター」に出てきた夫ほどバカでも鈍感でもありませんが。


この『エスター』が、午後ローで再放送されると知り、さらに吹替版のエスター役が「クレヨンしんちゃん」の矢島晶子さんだと知り、録画しました。
矢島さんの演技力のおかげか、エスターが大人どもを手玉に取る狡猾さが倍増していたような気がします。
   

『エスター』は、あちこち無理のある展開のサスペンスホラーですが、面白い映画だと思います。

最後にわかるエスターの真実と本性に、“あぁ!だからか!”と納得できましたし。
何より、主人公のエスター役と里親の末っ子役の子の演技が抜群に良いおかげで、見応えはあります。


DVDとポスターに使われている画像もイイですね。
右か左の顔だけを使ってキレーな左右対称にしているのが、エスターの得体の知れなさと不気味さが伝わってきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エスター〔2009〕 Le passe-temps/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる