ボヘミアン・ラプソディ〔2018〕

画像


エンドロールが一番良かったです。






もとからフレディ氏役の俳優に違和感しかなかったのですが、予告編を観た時に、

“お!カッコイイじゃん! 動いている姿はなかなかイイかも♪”

と、少し期待していたのですが、最後まで違和感が消えないまま映画が終わってしまいました。

伝記映画ではなく、音楽映画として観るなら良いと思います。
自宅より遥かにいい音響でQueenの曲を聞けますし。

あと、伝記映画というふれ込みなら、もう少し時系列も気を使って欲しかったです。
日本公演のシーンだって、予告編では少し映ってたと思うのですが、上映時間の都合か大人の事情なのかわかりませんが、無くなってたし。
(まぁ、ハナから“Queenが日本で先に評価されたコトは取り上げないだろう”と思っていましたが、案の定すぎて複雑な気持ちです)


Queenの大ファンの方は思い出を振り返り感動できるのかもしれませんが、リアルタイムでライブを観たことも無い中途半端に知っている自分には物足りない映画でした。



下の画像は新所沢レッツシネパークのフレディ・マーキュリーのポップです。
いつもこちらの映画館は手作りポップがすごいのです。
今回は新所沢レッツシネパークさんの映画ポップが見たくて、行ったようなトコがあるかも。
(ここだけの話ですが、映画本体より魅力的なフレディ氏だと思います)
画像

この記事へのトラックバック