音楽劇「道 La Strada」【日生劇場】

画像

先日、昼の部を鑑賞してきました。

ダメ元で申し込んだ土曜日に当選し、チケットを引き換えたら、まさかの最前列!
自分名義でそのような良席に当選したことがなく、「いや、まさか、そんな…」と、ずっと思ってました。
実際、会場に行き、係員の方に聞いて座席を見て、やっと信じられました。



舞台はとても良かったです。
主人公のザンパノとジェルソミーナは言わずもがな。
イル・マット役の海宝氏もすごく良かったです。
すごく自然で、海宝氏以外のイル・マットはあり得ないと思うほどでした。

最前列の真ん中の座席だったので、メインキャストを固める俳優陣の活き活きとした表情と動きも堪能できました。

ただし、前過ぎて、演者が舞台に突っ伏してしまうシーンでは全く見えなかったのが残念でした。
でも、そのくらいですかね。
自分にはもったいなほどの贅沢で上質な劇場空間でした。


あと、やはり!
これは書いておきたい。
ザンパノの剛さん。
ヤフトピに上がっていたニュースの写真以上にすごい筋肉でした。
特に胸筋の厚みが増していたように見えました。
「舞台に向けて仕上げてきたなー!さすが草彅剛!」
と、剛さんの筋肉を褒めまくっていますが、個人的には、ザンパノの後ろ姿が最高に良かったです。
後ろ姿というか、背中かな。
ネタバレになるのでこれ以上言えませんが、粗暴で身勝手なザンパノの中にある悲哀と孤独がヒシヒシと伝わってきました。

ホント、最前列で良かった。


画像

この記事へのトラックバック