ハイ・ライフ〔2018〕

画像

太陽系をはるかに超え宇宙を突き進む一隻の宇宙船「7」。その船内で、モンテは生まれたばかりの娘ウィローと暮らしている―。
宇宙船の乗組員は、9人全員が死刑や終身刑の重犯罪人たち。モンテたちは刑の免除と引き換えに、美しき科学者・ディブス医師が指揮する“人間の性”にまつわる秘密の実験に参加したのだった。
だが、地球を離れて3年以上、究極の密室で終わり無き旅路を続ける彼らの精神は、もはや限界に達しようとしていた。
そんな中、ミッションの最終目的地「ブラックホール」がすぐ目の前に迫っていた―。



先日、渋谷くんだりまで出かけて観てきましたが、今年一番つまらなかった映画でした。

途中、何度も寝落ちしそうになりつつ、歯を食いしばって最後まで観ました。
いやはや。
つまらないこと、おびただしい。

あらすじだけ見ると、すごく面白そうな感じなんですけどねぇ…。
題材と着想はいいのに。
SF設定を活かせてない、表現できないのに、なんで、SF映画にしたんでしょ?


場内は8割は席が埋まっていましたが、土曜に上がっていたレビューがキビシイものばかりだったので、すぐに上映終了しそうな予感です。

画像

この記事へのトラックバック