女囚さそり 第41雑居房〔1972〕

画像


“ナミvs権力”権力への復讐に燃えるクールな女、“さそり”こと松島ナミを梶芽衣子が熱演!
非情な権力に対する怨念と憎悪のナイフが、刑務所長の隻眼に突き刺さり、闘いは激化する。
篠原とおるの人気漫画を迫真の映像で描き出した、シリーズ第二弾。



第二弾は女囚さそりの復讐劇というより、女囚たちの群像劇だと思いました。


『女囚さそり』の第一弾が大ヒットした勢いに乗り、同年に第2弾が制作されたでしょう。
“鉄は熱いうちに打て”という言葉が相応しいクソ熱さのある映画です。
(イマドキの映画には無いよな。こういうクソ熱さ)

第1弾のわかりやすさと比べると“内容は無いよう”映画ですが、俳優陣の熱演と狂演に惹きつけられてしまうので、最後まで観入ってしまいます。
(ナミ以外の女囚たちが全員ほどよくスーブーなのが、正直、笑いました。露骨というか何というか…)

梶芽衣子さん演じる松島ナミの凄みと哀しみのある静謐な美貌もさることながら、白石加代子さんの泥臭い迫力もたまりません。
(白石さん演じる女囚の大場ひでさんの罪状は「王女メディア」のようで、ゾッとしました。ハマり過ぎです…)

この記事へのトラックバック