ブレードランナー ファイナル・カット【日本初IMAXシアター 2週間上映】

bladerunnerthefinalcut_imax.jpg

観てきましたよ!! IMAXで!!!
んもーーーー!!!!!最高でした!!!!


日本ではIMAX上映は初だとか。
(もうとっくに上映されてるかと思った…)

いやはや、観て良かったです。ホント。

ブレラン未見の人も知っている超有名な“強力ワカモト”とか、デッカードがタイレル社へ向かっていくシーンとか、迫力倍増!
特にフライングスピナーのシーンの数々は、最高過ぎました。
自分も“空飛ぶ車”に乗り込んで宙を飛んでいるかのようで、そこだけをいつまでも観ていたいほどでした。
浮遊感と臨場感が凄かったです。
正直、クラクラきましたが、そこも含めて良かったです。

2017年に観た爆音上映の『ブレードランナー ファイナル・カット』も最高でしたが、IMAXはそれを自分の中で上回りました。
IMAXの凄さを『ブレードランナー』で実感と体感できて良かったです。
bladerunnerthefinalcut_poster.jpg


映画の感想から離れます。
これは最近Twitterで知ったのですが、
“なんで旧作映画が今でも綺麗に上映されるのか?”というつぶやきの数々を見かけた方の回答に、
“それは『フィルム撮影』されているから”
と、ありました。
“デジタルで撮られた作品は撮られた解像度以上は無理。35mmなら状態が良ければ6Kくらいまでの情報を持っている”
とのことです。
(ノーラン監督は何がなんでもフィルムで撮ってますもんね)
IMAXの凄さを知るのと同時に、フィルムの偉大さも改めて知りました。

この記事へのコメント