台風家族〔2019〕

taihukazoku_2019.jpg

やらかした親父の遺産を巡る兄弟同士のてんやわんやが観られると思ったのに、最後の方で“ちょっとええ話”に落ち着いていて、自分には物足りなかったです。


“兄弟は他人の始まり”で、そこに“金”が絡んできたら骨肉の争いになるに決まってんのに、どーでもイイことで揉めてばっかでした。
剛さん演じる長男は“遺産総取り”を言い張りまくって次男と長女を呆れさせていたけど、“金がほしい”のはお互い様だし、そこで諦めて簡単に引き下がるワケないのに、なんだかなー。

友人・知人など他所様には絶対見せられない兄弟同士の露骨で露悪的な醜い争いが観られると思ったのにさー。
“台風”のように凄まじい“家族”の激突かと思ってたのに、まんま台風のシーンがあるし。
映画として説明不足なのに台詞が説明的だし、もうガッカリ。

これも期待し過ぎたのかね〜。
今はもう、MEGUMI姐さんのオッパイしか思いだせない。


あと、誰かも書いていたけど、ここでも言いたい!
剛さん!もっと作品を選んでくれ!

この記事へのコメント