国家が破産する日〔2018〕

kokka_ga_jpn.jpg

1997年に韓国を襲った国家破産の危機(IMF経済危機)を題材にした社会派映画。
通貨危機を予測した韓国銀行のハン・シヒョンは非公開の対策チームを招集する。しかしそのときには、国家破綻までわずか7日間となっていた。
同じ頃、危機の兆候を独自にキャッチした金融コンサルタントのユン・ジョンハクは一世一代の勝負に出ることに。さらに経済情勢に疎い町工場の経営者ガプスは、大手百貨店からの大量発注を手形決済という条件で受けてしまう…。



字幕が日本語のおかげもありますが、韓国語なのに台詞が全部日本語で聞こえてきました。
それほど人事とは思えないシーンの連打でした。

韓国が好景気と信じて疑わない国民、国家破産の危機が目前なのに隠し続ける政府、国を救おうと戦う女性チーム長、国家の危機に乗じて勝負に出る金融コンサルタント、経済情勢に無関心な零細企業経営者、大企業と財閥を守る事しか考えない官僚、取材はしても掲載はしないマスコミ、瀕死の韓国からオイシイとこ取りしようと企むIMFとアメリカ…。

ほとんどのシーンで“えーーーー??? これって、ほとんど今の日本と同じじゃーーーん!!!”
と、思いました。

日米貿易協定(日米FTA)の問題で揺れる現在の日本で観ると“対岸の火事”だなんて思えなかったですし、IMFとの調印のシーンでは日本の末路と重なって見えて寒気がしました。


映画冒頭で“実在の事件を元に再構成したフィクションです”と表記されていたので、あちこち事実と違うところはあるのかなとは思いますが、それでも見応えありました。
ヤフトピのレビューでも書いている方がいましたが、この危機の時に日本がお金を出した事は無いことになってました(想定内)。


しかし。すごい力作なのに、上映館が少ないんですよねぇ…。
圧力でもあったのかしら?と、勘ぐってしまいます。

kokka_ga_2018.jpg

この記事へのコメント