この世界の(さらにいくつもの)片隅に〔2019〕

konosekaino_sarani_2019.jpg

20日の初日をテアトル新宿さんで迎えました。
予想以上に素晴らしく最高の映画になっていたことに衝撃を受け、感想を上げるのが遅れてしまいました。

上映終了後には片渕監督の舞台挨拶がありました。

監督は舞台挨拶の登壇中から既に泣いてらしたので、こちらももらい泣きしてしまいました。
“無事に初日を迎えることができて、感無量だったんだなぁ”と、思いました。
作品の一ファンとしても、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が無事に公開されて感無量で嬉しかったです。

また近いうちに観に行きます。


下の画像は初回入場特典のファイルと、巾着袋とガーゼのハンカチです。
konosekai_sarani_tokuten.jpg


下の画像は広島産のレモンです。蜂蜜漬けにしていただきました。
konosekai_sarani_lemon.jpg


フォトセッションの時の監督のお姿です。
ボケボケで申し訳ないです。デジカメでも撮ったのですが、スマホよりもピンボケがひどかったのです。
konosekai_sarani_kantoku.jpg



【週末アニメ映画ランキング】「ヒロアカ」初登場3位、「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」も好発進
ttps://anime.eiga.com/news/column/eiga_ranking/110184/
より抜粋
20日より全国42館で公開された「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」は、公開3日間で動員1万6181人、興収2350万0270円をあげた。
16年11月から公開され、興収26.7億円を記録した片渕須直監督「この世界の片隅に」に、新たなシーンを追加した新作。
舞台挨拶が行われた劇場では満席の回が続出し、主要劇場でのパンフレット購買率が30%以上を記録した。
年末年始にかけて44館が追加で公開となり、来年1月31日以降で合計171館での上映が決定している。
konosekai_sarani_2019.jpg

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は興行ランキングのトップ10に入れなかったのは残念ですが、ロングラン間違いなしの名作ですので、これからもっと上映館も増えていくと思います。

この記事へのコメント