カツベン!〔2018〕

katsuben_2018.jpg

2020年の初の映画はこちら『カツベン!』

う〜〜ん。
新年早々言いたくはないですが、自分にはイマイチでした。
期待しすぎたせいかな〜。

題材と役者は良いのに脚本と演出がダメダメでした。
説明不足でご都合主義な展開なのにムダに引き伸ばしているシーンが多いし、そのせいでテンポが悪くなっていて退屈な映画になってました。
(ドタバタがやりたいなら、もっとサクサク進めてくれないと)
もっと活動弁士の仕事について掘り下げている内容かと思っていたので、そのあたりも物足りなかったです。

周防監督の過去作品の完成度の高さと比べたら、駄作に入る方だと思いますね。
次の作品はもっと密度の高い内容の映画を期待しています。


この記事へのコメント