リチャード・ジュエル〔2019〕

richardjewell_jpn.jpg

1996年、アトランタ爆破テロ事件を題材にした映画。


実際の冤罪事件の映画化とのことで期待していたのですが、恐怖感や緊張感が伝わってこないせいか、自分には物足りなかったです。

あとは、主人公のリチャードがあまりにもバカでイライラしながら観ていました。
弁護士のワトソンに「黙っていろ」と散々言われているのに、自分から余計なことばかり言うし。
スクリーンに向かって「自分の立場わかってんの? テロリストにされそうになってのに!」って何度も思いました。

そうそう。
ワトソン弁護士役のサム・ロックウェルは「ジョジョ・ラビット」に引き続きカッコ良かったです。
ただ、辣腕弁護士として、もっとFBIに切り込んで欲しかったなーと思いました。
人を犯罪者にしようとしているFBIもスキだらけなんだから、もっと早くに無実を証明できそうなモンなのにさ。

最後の方でFBIに言ったリチャードの台詞も「は? そんなこと大事なこと、最初に言えよ!」って思いました。

richardjewell_2019.jpg

この記事へのコメント