ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密〔2019〕

knivesout_2019_1.jpg



スルー予定でしたが、Facebook上ではなかなか好評だったので信じて観てきました。
しかし、実際観て「あ。やっぱ、観なくてよかったかも」と思いました。

悪い意味で「英国版の(90年代以降のつまらなくなってきた)土曜ワイド劇場」って感じでした。

副題のつけ方からして、英国の本格派ミステリーみたいなのは期待していませんでしたが、予想の斜め上をいくつまらなさでした。
本格派としてもつまらない、コメディとしてもつまらない!どっちつかず感に、かなりイライラしました。

キャストは良いのに、全員使いこなし切れてないのが残念。
脚本がアレで、ミステリー映画というにはあちこちアナだらけ。
映像は綺麗で、衣装や意匠はいい感じ。
看護師役のアナ・デ・アルマスはやっぱ可愛い。
クリス・エヴァンスのゲスっぷりがナイス。

一番アレだと思ったのは、主人公の名探偵役はクレイグさんでなくてもよかったのではないかな?と。
劇中で言われているほど切れ者の探偵に見えなかったのが、ガッカリでした。

しかし、この映画、第二弾の制作が決まっているんですよね…。
次は面白くなっていることを期待しています。

knivesout_2019_2.jpg

この記事へのコメント