パラサイト 半地下の家族〔2019〕

parasite_2019.jpg

ビンボー家族が金持ちの家にまんまと入り込んで仕事を得るも、ほとんどがインチキなので結局全部ダメになる話。


あらすじを見た時は「気持ち悪そうな映画だな〜」と思いましたが、期待していたほど気持ち悪くはなかったです。
(でも、血や不潔っぽい映像が苦手な人は見られないかも?)

どこかで見たことあるようなお話でしたが、前半から中盤まではすごく楽しめました。

主人公家族はみな、それなりのスキルも能力があるのにすごく貧しい。これは格差が広がっている現在の韓国の状況なのでしょうか。
日本も似たり寄ったりなので、そのあたりはゾッとしました。
日中韓FTAとかRCEPが発効されたら、もっと酷い状況になるのかもしれないと思いました。

ただ後半がね。
前半はコミカルでとんとん拍子で進んでいく展開でもリアリティーを感じられたのに、後半では“いくら何でも…”なムリを感じるシーンがあって、そこでテンションが下がってしまいました。

あと、もう一つ。
失礼ですが、パルム・ドールとアカデミー賞を獲るほどの映画とは思いませんでしたね。
この監督なら「殺人の追憶」の方が、ずっと良いと思います。

“今回のアカデミー賞の受賞は、韓国エンタメ業界のロビー活動の成果ではないか”と、ヤフトピのレビューで指摘している方もありました。
この指摘が事実なら、日本映画はますます韓国映画に追いつけないように思いました。
(そもそも日本がロビー活動で成果を出せる時代が来るんだろうか?)
parasite_jpn.jpg

この記事へのコメント