総特集 片渕須直ー逆境を乗り越える映画監督ー【文藝別冊】

kawade_201912_katabuchi.jpg

今回の文藝別冊は2019年公開の『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』に合わせた出版だったので、本の内容は映画『この世界の片隅に』が中心になっていますが、片渕監督の作品リストや未発表シナリオまでも掲載されている、正に「総特集 片渕須直」な中身の濃い一冊です。

しかし。
丸ごと一冊『映画監督 片渕須直』の【文藝別冊】が出版されるとは、正直思ってなかったです。
いや、そんなことを思ってはならない。
こうの先生の原作を尊重し、最大の愛を注ぎ込んで制作された映画『この世界の片隅に』の監督である片渕氏の特集本が作られない事がオカシイのです。
出版されて当然なのです。
「何じゃ!やっとかい!」とも思いましたが、片渕監督の【文藝別冊】が出たことは素直に嬉しいし良かったと思っています。
現在日本に溢れる「原作蔑ろ」な映像化に辟易としていた自分には、片渕監督は救世主でもありますから、今でも感謝しています。


ただ、一つ気になることが。
各映画館の支配人の方々のコメントも最高だし、著名人の監督へのメッセージも多いのに、こうの先生のが無いんですよ。
他の書籍やパンフレット等で「語り尽くした」という事なのでしょうか?
それとも出版社同士とかの「大人の事情」的な理由で出せなかったとか?
こうの先生特集の「ユリイカ」には片渕監督の文章もあったのに。

あと、『この世界の片隅に』の声優陣のコメントも入れてほしいなと思いましたが、それだとページ数がいくつあっても足りませんね。
次の「大増補版」に期待しましょう。



総特集 片渕須直ー逆境を乗り越える映画監督ー 【文藝別冊】
映画『この世界の片隅に』の片渕監督を特集。宇多丸、春日太一、町山智浩ほか豪華メンバーが参加。未発表シナリオ「MM9」第一話も特別収録!
『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が公開になる片渕須直監督、初の総特集!


【目次】
[グラビア*片渕須直映画作品コレクション]
『アリーテ姫』/『マイマイ新子と千年の魔法』/『この世界の片隅に』/『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

[片渕須直 ロングインタビュー]
聞き手=藤津亮太

[対談]
片渕須直×宇多丸

[片渕須直 特別インタビュー]
聞き手=町山智浩

[論考]
岡本美津子
春日太一

[エッセイ]
安達瑶
奥野邦利
深田晃司

[特別企画]
母が語る、枚方の映画館
母が語る、片渕監督の幼少期

[未発表シナリオ]TVアニメ「MM9」[第一話]
原作:山本弘
脚本:片渕須直

[エンドロールの気になる人々]
石踊一則(あき書房)
北村浩司(中國新聞社)
中川幹朗(ヒロシマ・フィールドワーク実行委員会)
前野秀俊(勤め人・紙屑愛憎家)
山本和宏(『この世界の片隅に』制作宣伝)
吉瀬勝康(NPO文化遺産トラストほうふ)

[片渕須直インタビューコレクション]

[片渕須直エッセイコレクション]

[特別収録]
氷川竜介 『この世界の片隅に』企画書用原稿

[特別企画]
『この世界の片隅に』舞台挨拶全日程&舞台挨拶でまわった映画館

[片渕映画考]
『アリーテ姫』氷川竜介
『マイマイ新子と千年の魔法』那須正幹
『この世界の片隅に』斎藤環
『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』山本和宏

[作品リスト]

[略歴]

"総特集 片渕須直ー逆境を乗り越える映画監督ー【文藝別冊】" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。