ターミネーター〔1984〕

terminator_jpn.jpg

「午前十時の映画祭」にて劇場初観賞。

映像はT2が好きですが、脚本はT1が断然断トツに好きです。
物語の流れが自然でわかりやすいし、最後の最後まで無理も無駄も無いんですよね。

制作費が日本円で10億円未満というのが、今でも信じられないです。
(現在のレートで換算すると約7億円……)
今の時代に観るとCGとかあまいトコあるんだけど、それでも完成度の高い映画だと思います。

SF映画としても恋愛映画として傑作で名作の『ターミネーター』

なのに「T2」以降の続編は、何故…………

↓この写真のシーン好き。
terminator_sarahconnor.jpg



↓米国版ポスター
terminator_1984.jpg


↓英国版のポスターのようです。
「ターミネーター」の悪役味が増し増しになってますね。
terminator_uk.jpg

"ターミネーター〔1984〕" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。