テーマ:展覧会

戦後池袋の住人・江戸川乱歩が視た世界

本日見て来ました。 が! 嗚呼、何という事でしょう…。 旧江戸川乱歩邸が14日から22日まで無料で公開されていることを、帰宅してから知ったのでございます…。 あ~あ…。 まぁ、平日のどっかで時間つくって行く事にします。 どうせ祝日の期間じゃ、混雑しているだろうし(負け惜しみ) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メカニックデザイナー 大河原邦男展【上野の森美術館】

本日、見て来ました。 開場の45分前に着き、前から三番目に入場できたので、静かに展示作品を鑑賞できました。 美術館の外に展示されていた大河原メカごとの身長表です。 ここまで作るなら、実際の大きさがわかるサイズにしてほしかった…。 展示の最後にあった撮影OKの大河原氏デザインのメカと、今回の展覧会のために描…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マグリット展【国立新美術館】

先日見てきました。 マグリットの初期作品から20世紀半ばの円熟期の作品が展示されていて、充実した内容の展覧会だと思います。 えと、実はマグリットの原作品は20年以上前に開催された展覧会で見て以来なので、自分の昔も思い出しながら懐かしい気持ちで鑑賞しておりました。 特に好きな作品の一つが『白紙委任状』で、自分はも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュヴァンクマイエル・作品&トリビュート展/プラハの憂鬱・ルドルフ二世へのレクイエム

シュヴァンクマイエル・作品&トリビュート展/プラハの憂鬱・ルドルフ二世へのレクイエム〔第一期〕観てきました。 期待して行ったワリには、作品数が少ないのが自分には物足りなかったです。 小さな会場だから仕方ないのかもしれませんが、作品もただ並べているだけで、上記のタイトルのようなテーマを感じとる事はできませんでした。 (こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

濱中利信 コレクション2「エドワード・ゴーリーの世界」【ヴァニラ画廊】

2014年12月27日に行ってきました。 『ティム・バートンの世界』観賞後、銀座の『濱中利信 コレクション2「エドワード・ゴーリーの世界」』へ。 画廊内には“キミ、さっき迄『ティム・バートンの世界』にいたでしょ?”と、声をかけたくなる程、バートン展とゴーリー展の入場者の雰囲気は似ておりました。 (実際、同じ人が数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ティム・バートンの世界【森アーツセンターギャラリー】

2014年12月27日に行ってきました。 (ホントは11月に行きたかったのですが、試験があったので…) バートン監督のデッサンやデザイン画にオブジェ、映像作品や学生時代の作品など見応え抜群。 イイ意味で“もっと展示作品があってもイイ!”と思える程、ワクワクできて楽しい!展覧会でした。 この展覧会も、Twitt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「中村誠の資生堂 美人を創る」展【資生堂ギャラリー】

見てきました。 中村氏のポスター展を見る事ができなかったので、今回の回顧展は自分には嬉しい企画でした。 展示内容は中村氏の関わった作品だけでなく、本使用されなかったポスターのポジフィルムや仕事道具なども展示してあるのも良かったです。 デザイン制作がアナログからデジタル変わっていっても、“手仕事を感じさせる作品”を生み出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相田みつを美術館

先週の土曜に見てきました。 相田みつを好きの義父の「父の日」イベントの一環で、同じに相田みつを好きの夫と三人で行ってきました。 (こういう機会でもなきゃ、東京に『相田みつを美術館』あるなんて、知らないママで終わってたかもしれない) 館内は思ったよりも広くゆったりした造りで、相田作品に添うよう素朴で温かみのある雰囲気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鴎外親子が訳したグリム童話【文京区立森鴎外記念館】

行って来ました【文京区立森鴎外記念館】。 思ってたより大きく立派な建物で驚きました。 (驚き過ぎて写真撮ってくんの忘れた) 以前から“行こう。行こう。”とは思っていたんですよ。 しかし、なかなかねぇ…。 『鴎外親子が訳したグリム童話』、この展示企画が無ければ、鴎外記念館へ行くのを先延ばしにし続けていたかも? 自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相棒展プレミアム3

行ってきました!相棒展3! 入場迄すんごく並びました!1時間 で、やっと入れたと思ったら、場内ではまた並んだ順に進んでました(何でか?皆さん、まじめ…) これは会場が狭いせいでしょうな。 前回の相棒展でも、同じスタイルの展示方法(謎を解きながら場内を進んで行き、展示も楽しむという展示型アトラクション)でしたが、入場待ちに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

濱中利信 コレクション「エドワードゴーリーの世界」【ヴァニラ画廊】

27日の夜に行ってきました。 夜だというのに、人が多くて、改めてゴーリー作品の人気の高さに驚かされました。 予想よりも展示作品が多くて、見応えがありました。 ポスターや版画、ポストカードなど初めて見る作品も多く、感激しながら見ておりました。 至福のひと時でした。 会場も広いとは言えないし、人も多かったので、“早く出なき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常設展「NFCコレクションでみる 日本映画の歴史」

『NFCコレクションでみる日本映画の歴史』常設展とのことですが、“200円で見てしまっていいのか?”と思う程の充実した展示内容でした。 邦画マニアの方だけでなく、映画好きなら楽しめる場所だと思います。 銀座・有楽町界隈にお越しの際は、是非。 ※撮影OKでしたので、二点撮らせていただきました。邦画マニアの方なら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諸星大二郎原画展

先日、観てきました。 諸星先生の原画を見るのは初めてで感激も一入。 自分の好きな作品の原画も見られて幸せでした。 展覧会の入場口にある、各界の著名人たちのメッセージも諸星先生への愛と敬意を感じるものでした。 しかし。 こっからは、西○ギャラリーの展示スタイルへの愚痴なんで、興味ない人は無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェコの映画ポスター【テリー・ポスター・コレクションより】

先日、観てまいりました。 一番は、シュヴァンクマイエル監督の『庭園』のポスターがお目当てでしたが、展示数も豊富で、期待以上に良い展覧会でした。 (常設展の「NFCコレクションでみる日本映画の歴史」も見応えありました。映画好きの方は是非!) どの映画ポスターもセンス抜群で、未見の作品へのイメージが掻き立てられます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒井健 絵本ハウス

8月22日に『黒井健 絵本ハウス』に行ってきました。 ちょうど『ころわん誕生30年』で、2階の展示室が「ころわん」だらけでした。 もう♪幸せ♪ “子犬のころわん”30年になりますか。 もうオッサンの年なのに、ずっとかわいくて嬉しいなぁ♪ (初めて知ったのは20年近く前なんですが、もっと早く知りたかった…) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多賀新 銅版画展 - 乱歩&魚シリーズ - Shin Taga Exhibition

先日、見て来ました。 多賀作品の実物を見るのが初めてだったので、感動感激でした。 魚シリーズも迫力のある作品でしたが、やはり春陽文庫の乱歩シリーズに目と心を奪われました。 春陽文庫表紙全30作品の展示でしたら、完璧だったのですが(全部はムリだったのか?)、本物が見られただけでも眼福。 実作品を見ると、春陽文庫の乱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュシャ財団秘蔵 ミュシャ展【六本木・森アーツセンターギャラリー】

本日終了の『ミュシャ展』。先々週の金曜日に見てきました。 250点も展示されているので、さすがに見応えはありましたが、いかんせんチケット売り場から混み始めているのはいかがなものか?と思いました。 人気画家の展覧会なのだから、平日でも混雑必至はわかりきってるワケだし、もうちょう何とかならかったんかなぁ?と、せっかくのミュシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森茉莉生誕110年記念「甘い蜜の部屋」【ヴァニラ画廊】

最終日に観てきました。 初めて見る作家さん達の作品が多く、作家ごとの『甘い蜜の部屋』の解釈を堪能いたしました。 “もう少し展示作品があったらなぁ…”と、思いましたが、 森茉莉生誕110年記念を形にされたことが嬉しいですな。 しかしー。 正直、言わせてもらうと、森茉莉の生原稿がまた見られたことが一番嬉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杉本一文 横溝正史文庫カバー絵 オリジナルジークレープリント展 Ichibun Sugimoto E

先日見てきました。 ポストカードや画集などを期待していたのですが、画廊さんなのでそういうのは“売り”にはしないですよね。 しかし。 1セット10万円はかなりキビシイ金額ッス。 いつか手に入れたいとは思っておりますが。 またどこかで原画展を開催してほしいです。 去年やっていたなんて全く知らなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高橋葉介 個展 Yosuke Takahashi Exhibition

先日、見てきました。 個展のためのカラー作品も美しいものばかりでしたが、やはり自分は漫画原稿に目がいきます。 葉介先生の漫画原稿も綺麗でした。 (未読の「夢幻紳士」の話が読めてしまったのは、よかったのか悪かったのか…。単行本の発売が待ち遠しいです) 初の個展というのが驚きです。 今回をきっかけに何年ごとかでも良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デビュー55周年記念「ちばてつや原画展」

先日、見てきました。 やはり『矢吹ジョー』の存在感は圧倒的でした。 それを確信するために見に行ったようなモノです。 カッコ良かった! 実はちば氏の原作を読んだコトがないので、少女漫画作品も多く描かれていた事など、この原画展で初めて知ることも多かったです。 (え、と、『あしたのジョー』の漫画は、近いうちに貸しても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルサイユのばら展【松屋銀座8階イベントスクエア】

「今日はベルサイユのばら展は大変な人ですこと…」 先日見てきました。 やはり大盛況でしたよ。さっすが『ベルサイユのばら』! 展覧会の入口にはアントワネット様とオスカル様の宝塚での舞台衣装がお出迎えして下さいました。 有り難き幸せ。 アントワネット様のドレスが想像以上に大きくてビックリ。 オスカル様の衣装は白さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝【東京都美術館】

見てきましたよ。 「真珠の耳飾りの少女」 印刷物で見ても充分美しい絵ですが、やはり実物は予想以上の素晴らしさ。 絵の奥行きと立体感と完成度の高さは実物の絵画を見なければわからないものですな。 金曜の夜に行ったのですが、夏休み時期のせいか、地道な広告活動のおかげか(小さいけど新聞広告が毎週、“金曜が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「地上最大の手塚治虫」展【世田谷文学館】

やっと行ってきました。「地上最大の手塚治虫」展! 手塚先生の仕事道具や昆虫の観察日記や愛読書、先生直筆のハガキ、小学生の時に描いた漫画、メイン展示の手塚漫画の原画がズラ~リと、夢のような空間でした。 原画の素晴らしさはもちろんですが、手塚先生のトレードマークでもあったベレー帽と、ペン先とペン軸、開明墨汁が展示されてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大友克洋GENGA展【アーツ千代田3331】

圧巻でした。 美しく迫力ある原画の海に、もう、のまれっぱなし。 圧倒されました。 見に行って良かったです。 下の画像は金田バイクと「童夢」のドン壁です。 金田バイク、畏れ多くも乗らせていただきました。 (ちょっと、恥ずかしかったけどねー) ↓この壁画、大友先生の絵でしょうか…? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想〔Bunkamuraザ・ミュージアム〕

レオナルド・ダ・ヴィンチの絵は『最後の晩餐』しか、実物を見た事がなかったので、これは今回行くしかあるまいなと、先日見てきました。 「ほつれ髪の女」(東京会場のみ公開)が思ってたより小さくで意外でしたが、完成度の高さに驚きでした。 (天才の仕事は途中段階のものでも、完成度が凄いですな) ダヴィンチの展示作品が少ないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒマか?

本日、相棒展2にて、念願の「ひまカップ」を手に入れました! 他には、 紅茶リーフパイ 尊くんシャツ 相棒ダブルクリアファイル イタミンクリアファイル(池袋の時も飼ったからウチに2枚ある~)を購入♪ えと、かなりの予算オーバーだったので、カードを使ってしまいました。 展覧会の買い物でカードで支払ったのは初めてでしたが、後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相棒展プレミアム2~杉下右京を捜せ!相棒展の一番長い昼~

『相棒展プレミアム2~杉下右京を捜せ!相棒展の一番長い昼~』期待以上の楽しさでした! 土曜日だし二日目だし、混んでるかなぁ?と思いきや、午前中だったせいか程よい人の入りで見やすかったです。 入場時に渡される音声ガイドを首から下げ、いざ入場。 右京さん捜索をナビゲートしてくれるメイン捜査員がなんと!我等がイタミン! 会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新世紀SM画報〔新装版〕出版記念 丸尾末広展

最終日に見てきました。 全ての原画を見られるないのが、少し残念ですが、「無神経かさねが渕」の原画が見られて嬉しかったです。 丸尾氏の絵は原画そのものが美しいです。 「新世紀SM画報」と「DDT」の新装版表紙の下絵も綺麗でした。 勢いで「DDT」の新装版とポストカードセットを購入しました。 次は原画展を開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テディと夢見るクリスマス The 110th Anniversary My friend Teddy

年も明けて、今さらですが、画像だけでもアップします。 以下の6点が、昨年の12月17日に見てきたテディベアの展覧会で撮ってきた画像でございます。 展覧会場の入口に展示されていた、サンタクロース仕様のビッグベアです。 サンタベアを作っている小さなベアたちがむちゃくちゃ可愛かったです。 ハッピ着ているベアも売って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more