テーマ:高橋葉介

総特集 高橋葉介 大増補新版 ―『夢幻紳士』40周年記念―【文藝別冊】

『文藝別冊 高橋葉介』2013年版の大増補版! (いい意味で本が重たいです) ヨースケ先生のインタビューと対談は別格。 特に面白いと思ったのが高橋葉介版「金田一耕助」でした。 ヨースケ先生の「金田一耕助」をもっと読みたいなと思いました。 長編は難しいかもしれませんが、ぜひご検討を。 高橋葉介版の「八つ墓村」なんて出た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢幻紳士 新・怪奇篇〔高橋葉介〕

著者の代表作中の代表作、夢幻魔実也の〈夢幻紳士〉シリーズ、新たなる怪奇夜話。 蝉(せみ)は鳴き、猫ビルは佇む。人形(ロボット)は恋し、髪長姫(ラプンツェル)は閉じ籠る。首は飛び、男と女はぐるぐる追いかけ回り、少女たちは隠れんぼをする。鴉(からす)はあるものをくわえ、夜の悪魔は淫らに振る舞い、男は蟲(むし)に変身し、妻は夢遊病になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高橋葉介 怪奇幻想マンガの第一人者【文藝別冊/KAWADE夢ムック】

“待ってました!”のヨースケ先生大特集。 ヨースケ先生ファンの方ならば、とっくに購入されているでしょう。 内容の素晴らしさは言うまでもないですな。 読み応えバッチリなファン必至必携の一冊です。 高橋葉介 怪奇幻想マンガの第一人者【文藝別冊/KAWADE夢ムック】 怪奇幻想マンガの第一人者として君臨し続け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストーリィ・テラー〔高橋葉介〕

『高橋葉介×グリム童話』=最高! に決まってるじゃないですか! 最高です! 『ストーリィ・テラー』は、グリム童話をそのまま漫画化したものではなく、ヨウスケワールドに新しく生まれ変わらせていました。 どれも高水準で面白い短編ばかりですが、特に好みなのは「シンデレラ」「夏の庭、冬の庭」。 この二つはオチが最高でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高橋葉介 個展 Yosuke Takahashi Exhibition

先日、見てきました。 個展のためのカラー作品も美しいものばかりでしたが、やはり自分は漫画原稿に目がいきます。 葉介先生の漫画原稿も綺麗でした。 (未読の「夢幻紳士」の話が読めてしまったのは、よかったのか悪かったのか…。単行本の発売が待ち遠しいです) 初の個展というのが驚きです。 今回をきっかけに何年ごとかでも良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クトゥルー神話に捧ぐ「邪神宮 ~深~ The Deep Exibition of Cthulhu」

本日、行ってきました。 (「十三人の刺客」で頭一杯だったので、スッカリ忘れていて、昨日思い出した) 「邪神宮 ~邪~ The Evil」より良かったです。 展示数はほぼ同じだと思うのですが、スペースがあるせいか、ゆったり観賞できました。 高橋葉介先生の作品はもちろん、宇野亜喜良氏のイラストも生で見られて感激でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クトゥルー神話に捧ぐ「邪神宮~邪~The Evil」

「クトゥルー神話」をテーマに絵画・造形・小説作品を競作するという、史上初にして世界初となる展覧会。 過去に「クトゥルー神話」を展覧会が無かったのが不思議ですな。 (とっくにあると思ってたし) ちょうど、ラヴクラフト全集を読んでいるとことだったので、この開催期間は自分にはグッドタイミングでした。 一番の理由は“高橋先生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミステリマガジン 2011年4月号

もちろん、高橋葉介先生の特集目当てで購入しました。 “もうちょい読みたいな~。これじゃ物足りないわ~”と思いましたが、「夢幻紳士」の新作もあるし、全部で40ページあまりを使ってくれているんですよね。 ファンならば買って損はないと思える内容でした。 (そのうち、ユリイカあたりでも特集してくれないかしら) 〈資料と研究〉の高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「顔のない女」刊行! 高橋葉介先生サイン会

ふふふ♪いただきました。サイン♪ 帽子の部分に名前を入れていただいたので、隠してアップいたします。 握手までしていただけて、もう感激! (意外に小さく繊細な手の持ち主の方でした。) もっと気の効いたこと話せたら良かったなぁ…。 “ずっとファンです!”とかフッツーのことしか言えなかったし。 『顔のない女』の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顔のない女〔高橋葉介〕

面白い! “顔のない女”の強烈な個性と存在感にシビれます。 ターゲットを情け容赦無くビシバシ倒していく姿がカッコ良過ぎ! 殺し屋の鑑ですな。 話のネタが『夢幻紳士』の焼き直しっぽいのが気になりますが、まぁ、そこはご愛嬌ってトコで。 『顔のない女』の顔を読者から募集しているようですが、んー。あんま見たくない。 (見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

影一号指令―高橋葉介ベストセレクション

謎の組織”影”機関! 機関員一号に秘命が下った!! 冒険アクションの決定版! 殆どが未読の話で、高橋葉介氏の特別インタビューもついているので、“買い”で正解だった一冊。 (『猟奇博士』の単行本は未購入なので) 「影一号指令」と「影男」が面白かったです。 ただ、「影男」の話は、顔が丸顔じゃない時期の絵柄で見たい話でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more