テーマ:漫画

女囚さそり 第41雑居房〔1972〕

“ナミvs権力”権力への復讐に燃えるクールな女、“さそり”こと松島ナミを梶芽衣子が熱演! 非情な権力に対する怨念と憎悪のナイフが、刑務所長の隻眼に突き刺さり、闘いは激化する。 篠原とおるの人気漫画を迫真の映像で描き出した、シリーズ第二弾。 第二弾は女囚さそりの復讐劇というより、女囚たちの群像劇だと思いました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トミノの地獄4〔丸尾末広〕

戦争、そして日本に落とされた新型爆弾による悲劇…激動の時代を、トミノとカタンは生きる。 渾身のロマネスク復讐譚、堂々の完結。 もうとっくに読了していたのに、レビューを上げるのを忘れてました。 感想は、無事に終わって良かったという思いと、“え?これで終わり?”という物足りなかった思いが半々です。 正直、話の内容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進撃の巨人〈28〉〔諫山創〕

王家の血を引くジークを迎え入れ「地鳴らし」の発動条件を手に入れたエレン達。 だが兵団は、エレンがジークに操られていた場合の危機を考慮し、二人を引き合わせることに躊躇。 そしてマーレからの義勇兵を拘束してしまう。その事態に一部の兵士や民衆が不満を溜める中、ついにエレンが単独行動を起こす。 兵長ーーーーーーーーーーーー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翔んで埼玉〔2019〕

『翔んで埼玉』の聖地・新所沢レッツシネパークさんで、二回目を観てきました。 平日とはいえ、レディース・デーだからなのか? それとも『翔んで埼玉』目当てなのでしょうか。 ロビーは1回目の時間から、えらい盛況でビックリしました。 チケット売り場でのスタッフさんの受け答えの声も“『翔んで埼玉』ですねっ♪”と、弾んでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翔んで埼玉〔2019〕

本日、『翔んで埼玉』のお膝元・所沢が誇る新所沢レッツシネパークにて鑑賞してきました。 予想以上の面白さで、最高にバカバカしくて楽しかったです。 (ほとんど笑いっぱなしで、鑑賞後は顔が痛かったです) そして、上映終了後には劇場内で拍手が巻き起こってました。 ギャグ映画で最後に拍手が起きるなんて、初めての体験でした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かっぱのねね子 こうの史代小品集〔こうの史代〕

人間界に迷い込んでしまったかっぱの少女ねね子。水の世界に戻るため善行を積まないといけないのだけれど…。遠足で夏祭で海水浴で、仲良しのいずみちゃんと奮闘する―こうの史代、幻の名作がついに書籍化。暴れんぼうのねね子が今日も人間界で大騒ぎ。 カラーのほのぼの表題作ほか、単行本未収録作品集。 本屋の平台にて、年明けに発見! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔夜の娘はお腐り申しあげて〔山田マリエ〕

今年に入って、やっと読ませていただきました。 画力はミーちゃんの全盛期の足元にも及ばないモノの、ギャグのセンスとキレはなかなかのものだと思われます。 ただ…、漫画の内容の8割がBLネタなのがねー。 (ミーちゃんも“BL”って、言い方があまり好きではないことにホッとしました。先生は“おちゃらけてる感じがね…”と柔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進撃の巨人〈27〉〔諫山創〕

マーレに潜入し、大打撃をもたらしたエレン。その目的はジークをエルディアへ連れ帰ることだった。 王家の血を引くジークを迎え入れたことで、全世界に対抗する力「地鳴らし」の発動条件を手に入れたエレン達。 だがそれは同時に、全面戦争へのカウントダウン開始の合図でもあった……。 今まで長いこと謎だった、ミカサ関係のことがスン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パタリロ!第100巻〔魔夜峰央〕

100巻で終わると思っていました。 しかし。 ミーちゃんが200巻に向けて意欲的なので、もうここまで来たらできる限り続けてほしいです。 美形キャラの睫毛を描く画力が復活するよう祈ってます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パタリロ! 99.9[トリビュート・ファンブック]

密林のレビューにもありましたが、40周年にふさわしい[トリビュート・ファンブック]になっていないです。 高いわりにはカラーページも数ページで、本来雑誌サイズくらいの大判に収めるべき情報を単行本サイズに無理やり入れてるから、文字が小さくてレイアウトもゴチャゴチャしていて読みにくい。 そして、情報を無理やり詰め込んでいるのに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デビュー45周年&「パタリロ!」100巻達成記念 魔夜峰央原画展

第3期の「美少年・美青年特集」の原画を鑑賞してまいりました。 いやはや、ホンッットに!綺麗な原画でした。 ミーちゃんは下書き無しでぶっつけ本番で描くから、原画に鉛筆などの下絵の線が残ってないから、よりクリアに綺麗に見えるんですよね。 プロの漫画家の原稿は印刷より綺麗なものが多いですが、ミーちゃんの原画は特に綺麗だと思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻の埼玉県人の正体は……!

埼玉県人には草でも食わせておけ!「翔んで埼玉」二階堂ふみやGACKTのキャラ画像 ttps://natalie.mu/eiga/news/305822 やはり埼玉デュークは京本政樹さんでしたか! 今から2019年2月が楽しみです! あとは、2019年の春先まで、麗様の中の人の周辺が騒がしくならない事を祈るばかりで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康で文化的な最低限度の生活〈7〉〔柏木ハルコ〕

ある日、えみるの同期・栗橋に民生委員から一本の電話が…。 担当地域の団地で、物乞いをしている子どもがいるという。 だが、その住所に住んでるのは、老人ホームに入居した単身高齢者のはず。 では、その子どもは一体なんなのか!? この巻に出てくるシングルマザーの佐野さんに同情しにくく、7巻は読んでてしんどいのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年公開!待ってるぞーーーー!!!!!!

映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」2019年に公開延期、製作委員会が発表 ttps://natalie.mu/comic/news/304464 あ。やっぱしなーと。 8月に“2018年12月公開”と発表された時、嬉しいと同時に少し心配でもあったので。 だって、2016年の公開から2018年の夏までの監…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギャラリーフェイク34〔細野不二彦〕

書店で偶然見つけて驚愕し、狂喜しました。 月イチで連載が続いているとは知らなかったので、34巻が出ているのがホント嬉しかったです。 しかしー。 絵柄の簡略化が進んでいるように見えましたし、それに合わせてかフジタの性格も丸くなってるし、以前より作風がマイルドな感じになっています。 だが、しかし。 そこらへんを差し引い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムタフカズ -MUTAFUKAZ-〔2018〕

フランス人アーティストのギヨーム・“RUN”・ルナールのコミックをアニメ化。 犯罪者と貧乏人たちが住むダーク・ミート・シティで生まれ育ったリノことアンジェリーノは、ガイコツ頭のヴィンス、臆病なウィリーと、将来のことはそっちのけで毎日ダラダラしていた。 ある日、アンジェリーノはルナという美少女に心を奪われた後、交通事故に遭い、幻覚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無事に公開されんのかなぁ…?

映画化してゴメンなさい、二階堂ふみ×GACKT「翔んで埼玉」特報 ttps://natalie.mu/eiga/news/295658 主演の片方の人の周囲が少し騒がしいようなんで、正直、かなり心配ですが、無事に公開されることを祈るしかないですな。 ティザービジュアルで、顔を見せてないのも、なんか引っかかるわ~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギガタウン 漫符図譜〔こうの史代〕

「漫符」とは、目が回ったときのグルグル、ひらめいた時の電球、動いた軌跡の線など、漫画特有の表現記号の総称。 だ、そうです。 「漫符」という言葉がこの世にあることを、こうの先生の『ギガタウン 漫符図譜』で知りました。 漫画の中身は、こうの史代版「鳥獣人物戯画」。 兎や蛙たちのユーモラスで可愛い4コマ漫画の横…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この世界の片隅に〔2016〕【テアトル新宿:舞台挨拶】

今年の8月15日もテアトル新宿さんで『この世界の片隅に』を鑑賞できる!と、思っていました。 しかも、舞台挨拶まで! (舞台挨拶付きのチケットは今まで取れなくて、何度目の正直か、8月15日のがようやっと取れました!) いやはや、舞台挨拶が観られないまま上映が終わらないでくれて良かったです。ホントに。 それもこれも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進撃の巨人〈26〉〔諫山創〕

全世界に対してパラディ島の脅威を説くマーレ。そこに現れたのは「平和への反逆者」エレン・イェーガーだった。 エレンはマーレの人々をなぎ倒し、軍への大打撃を目論む。エレンと「戦鎚の巨人」の戦いは過熱、そして集結した両国の最大戦力がぶつかり合い……。 サシャが…! サシャがーーーーーーーっっっっっ!!!!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらにいくつもの

「この世界の片隅に」新バージョンが12月に公開!特報も解禁 ttps://natalie.mu/eiga/news/292587 ついに来ましたね! 正直、もっと先になるかと思っていたのに、今年の12月に公開されるとは! リンさんの話だけでなく、テルさんの話もちゃんと入るのが、また嬉しい。 もうホント、喜ばしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女囚701号/さそり〔1972〕

女優 梶芽衣子の代表作であり、映画ファンの間でもカリスマ的人気を誇る『女囚さそりシリーズ』の第1作目。 新文芸坐で『梶芽衣子 特集』があったのに、一作も観られなくて悔しさを引きずっていたのですが、GYAO!で久々に堪能しました。 五月にゲスト出演された『ゴロウ・デラックス』での梶さんのトークを思い出しつつ、 “婚約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進撃の巨人〈25〉〔諫山創〕

エレンらの住むパラディ島を長年にわたって脅かし続けたマーレ。そこには祖国を守るため、自分達の人権を守るために日々奮闘する者達がいた。 彼らは自らの存在価値を示すため、パラディ島への「宣戦布告」を準備するがそこに現れたのは……。 単行本ヒトケタ巻にあった勢いと迫力が戻ってきたかのような25巻でした。 読了後、“面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パタリロ!第99巻〔魔夜峰央〕

絵はともかくとして、殿下の出番が最初だけでしたが、話の面白さが戻ってきてくれてホッとしました。 次の100巻でイカロスの話が終わるのかわかりませんが、ミーちゃんも体調がすぐれないようですし、もう無理はなさらず、100巻で終了でいいように思います。 ここしばらく、寝る前に「パタリロ!」の古いコミックスを順番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうなることやら?

魔夜峰央「翔んで埼玉」実写映画化!二階堂ふみ×GACKTのW主演、千葉県も参戦 ttps://natalie.mu/comic/news/277157 『パタリロ!』の実写映画化が暗礁に乗り上げてしまいそうで心配していたところに、このようなお知らせが。 ヤフトピでも好感触なコメントが多かったですし、GACKT様がミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実写映画化!

魔夜峰央「パタリロ!」映画化!加藤諒、青木玄徳、佐奈宏紀の舞台キャストで ttps://natalie.mu/comic/news/273653 記事を見た時は、“マジか?”と思いましたが、舞台のメインキャストがそのまま映画を演じてくれるそうで、少しホッとしましたが、不安もあります。 舞台と映画って、違いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舞台パタリロ!★スターダスト計画★【天王洲 銀河劇場】

3月21日に観てきました。 単行本5巻の「スターダスト計画」から『パタリロ!』に本格的にハマり始めたので、その作品が第二弾として舞台化されるのは、嬉しいような不思議な気持ちがありました。 (実際は6巻に出ている内容より後の掲載のようですね) パタリロ役の加藤さんがコロッとしてきた4~5巻あたりの絵柄に似ているし、バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康で文化的な最低限度の生活〈6〉〔柏木ハルコ〕

生活保護に関わるケースワーカーとして日夜、働く新卒公務員・義経えみる。 アルコール依存症の疑いがあると診断されたえみるの担当受給者・赤嶺さん。 急性膵炎で入院した彼に「禁酒して体を治そう」と提案するえみるだが、飲酒と荒んだ生活はおさまらない… 赤嶺さんを理解しようと「断酒会」を訪れたえみるは、アルコール依存症が病気だと分かり始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more