テーマ:映画

未来世紀ブラジル〔1985〕

先日、「午前十時の映画祭」にて鑑賞。 「お役所が出てくるSF映画」という感じで覚えているつもりでしたが、もう完全に内容を忘れてました。 あらすじを確認したところ、 「情報統制がなされた「20世紀のどこかの国」の暗黒社会を舞台」 と、ありました。 80年代の好景気の時は、こういう設定のディストピアものが革…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隠し砦の三悪人〔1958〕

午前十時の映画祭にて観賞。 『隠し砦の三悪人』の4K版は、もしかして初上映ですかね? 自分は今回の「午前十時」で、4K版を初鑑賞しました。 いや〜、良かったですよ。最高でしたね。 改めて、映画の迫力が堪能できました。 イマドキのハリウッド映画よりスペクタル感があって、迫力も面白さも抜群でした。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

座頭市物語〔1962〕

シリーズ第一作目! 先日「午前十時の映画祭」にて観賞。 ハデなチャンバラが好みな人には物足りないと思われてしまうかもしれませんが、完成度の高い映画なので見応え充分です。 年かさになってからの「座頭市」の方を見慣れている人は、改めて、第一作目を鑑賞すると「市」の若さに驚くかもしれません。 そりゃ、公開当時「31歳」だったん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ターミネーター2〔1991〕

『午前十時の映画祭11』にて観賞。 (映画館で『T2』観るなんて何十年ぶりかしら?) 『T1』の興奮も冷めやらぬまま、テンション爆上がりで『T2』を迎えたワケですが、字幕担当があのトダ先生であることをOPで再確認し、爆上がりのテンションはやや下がりました。 が! 映画自体は問答無用の迫力と面白さで、あっ!という間の137…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ターミネーター〔1984〕

「午前十時の映画祭」にて劇場初観賞。 映像はT2が好きですが、脚本はT1が断然断トツに好きです。 物語の流れが自然でわかりやすいし、最後の最後まで無理も無駄も無いんですよね。 制作費が日本円で10億円未満というのが、今でも信じられないです。 (現在のレートで換算すると約7億円……) 今の時代に観るとCGとかあまいト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラック・ウィドウ〔2020〕

先日鑑賞してきました。 かなりキビシイ感想があちこちで見られたので、少し期待値を下げて鑑賞しましたが、その予想よりも退屈な映画でした。 マーベルシリーズ全作を観たことがない自分が言う筋合いじゃないんですけどね。 鑑賞後に「すごーーい!未鑑賞作品を全部追っかけよう!」と思わせる強い作品ではなかったです。 スカヨハの『ブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャイニング 北米公開版〔1980〕

午前十時の映画祭11にて観賞。 映画の最初の方で「ドナー隊遭難事件」の話を主人公一家が車中で話していましたね。 「このシーンは日本公開版もあったかな?」と思いましたが、その先に巻き起こる惨劇は知っているので何とも言えない気持ちになりました。 あと、80年代のアメリカのTVで「ドナー隊遭難事件」のことを扱っていたんだなとも思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2001年宇宙の旅〔1968〕

午前十時の映画祭にて観賞。 やはり映画館で観るタイプの映画だなと実感しました。 映像美が素晴らしいし、場面のあちこちにアナログ感が見られるのにイマドキのSF映画より「宇宙空間」を感じられました。 ストーリーに関しては、今さら何も言うまい。 未見の方でもキューブリック監督作品の「性格」がわかっていれば、あのような展開で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オードリー・ヘプバーン 妖精、そして女性として【文藝別冊】

世界の妖精と呼ばれ永遠のヒロインとして人気を誇るオードリー・ヘプバーン。 生誕90年を機に女優として、一人の女性として、特異な人生を生きたその魅力と実像をあらためて振り返る。 モノクロ写真と文章メインですが、その分「オードリーの魅力」を文章で堪能できます。 池田昌子さんのインタビューと橋本治さん、イッセー尾形さん、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総特集 片渕須直ー逆境を乗り越える映画監督ー【文藝別冊】

今回の文藝別冊は2019年公開の『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』に合わせた出版だったので、本の内容は映画『この世界の片隅に』が中心になっていますが、片渕監督の作品リストや未発表シナリオまでも掲載されている、正に「総特集 片渕須直」な中身の濃い一冊です。 しかし。 丸ごと一冊『映画監督 片渕須直』の【文藝別冊】が出版さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者〔1976〕

江戸川乱歩の原作小説を映画化。 昭和初期の東京の下宿屋を舞台に、屋根裏を徘徊し節穴から住人たちの淫らな私生活を覗き見る青年と、その青年の行動に次第に共鳴していく女の姿を描いた作品。 上流夫人美那子役の宮下順子が良過ぎでした。 彼女の色香と妖気を堪能するだけでも観る価値があります。 宮下氏の容貌と佇まいが、丸尾末広氏の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8 1/2〔1963〕

言わずと知れたフェリーニの代表作であり、21世紀になった今も語ることをやめさなせない革新的映画の一つ。 2020年12月に観た『声優夫婦の甘くない生活』にフェリーニへの敬愛に影響され、久々に『8 1/2』自宅で鑑賞しました。 (遠い昔、洋画かぶれの友人の前で「はちとにぶんのいち」と読んで大笑いされたことは、今でも苦い思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声優夫婦の甘くない生活〔2019〕

1990年代初頭にソビエト社会主義連邦(現ロシア連邦)からイスラエルへと移住してきたユダヤ人声優夫婦の悲喜こもごもを描くハートフル・コメディー。 邦題通り『声優夫婦の甘くない生活』をシビアに優しく温かく描いていた映画でした。 今でも「百万本のバラ」を聞くと、ラヤが電話で歌っているシーンを思い出してしまいます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屋根裏部屋の花たち〔1987〕

父親を不慮の事故で亡くした子供達は、母親であるコリーンの実家に身を寄せる事になる。 しかし、コリーンと実家は完全な絶縁状態であり、子供達は祖母から忌み嫌われ屋根裏部屋へと幽閉されてしまう。 信用を取り戻すまで待っているように言い聞かせるコリーンだったが、段々と屋根裏部屋に足を運ぶ回数が減っていくのだった…。 202…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホモ・サピエンスの涙〔2019〕

『散歩する惑星』『さよなら、人類』などのロイ・アンダーソンが監督を務めた異色のドラマ。 年齢も性別も時代も違う人々が織り成す笑いと涙の物語が、ワンシーンワンカット撮影や手描きの背景画、模型の使用といった独特の手法でつづられていく。 2020年11月鑑賞。 ミヒャエル・エンデの「鏡の中の鏡」が好きな方はハマる映画だと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹んで哀悼の意を表します。

田村正和さんが死去 77歳、俳優「古畑任三郎」 ttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE18BY60Y1A510C2000000/?fbclid=IwAR0dhga7nUGIFYcYs38uptqUGgFVEzVakF7fO_BeAwlw5AdqG7vGCHE-OzI 自分の勝手なイメージ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷血〔1967〕

トルーマン・カポーティによる同名ノンフィクション小説を映画化したサスペンス。 カンザスの田舎町で、一家4人が惨殺される事件(1959年にカンザス州で起きたクラッター一家殺人事件)が発生。 犯人の異常な残虐性が浮かび上がる中、ペリーとディックという対照的な性格の若者ふたりが逮捕されるが…。 淡々として静かな映画でしたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Capote〔2005〕

1959年、カンザスで4人が惨殺される事件が発生。 作家トルーマン・カポーティは、死刑判決を受けた被告人ペリー・スミスに近づき、6年間に及ぶペリーへの取材を経て、衝撃の作品を描き上げる。 その題名は---「冷血」。 しかしその後、彼は一冊の本も完成させることはなかった…。 実在の人物、実際に起きた事件を題材にされた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルーマン・カポーティ 真実のテープ〔2019〕

「ティファニーで朝食を」「冷血」などで知られる作家、トルーマン・カポーティの実像に迫るドキュメンタリー。 アメリカに先駆け、日本が世界初の劇場公開。 2020年11月鑑賞。 すごく期待していたドキュメンタリーでしたが、期待ハズレでした。 「肩透かしを食う」とはこのことかと鑑賞後に思いました。 (あまりに物足りなくて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬の神じゃない!〔2018〕

2014年に中国で実際に起こり、中国の医薬業界の改革のきっかけともなったジェネリック薬の密輸販売事件から材を取った社会派エンタメ映画。 上海でインドの強壮剤を販売するチョン・ヨンは、白血病を患うリュ・ショウイーから国内で認可されている薬と同じ成分で、より安価なインドの薬を購入して欲しいと依頼される。 2020年10月鑑賞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SNS-少女たちの10日間-〔2020〕

ヒューマトラストシネマ渋谷さんが営業再開とのことで、はるばる渋谷まで行って来ました。 いつもはそんなに混むタイプの映画館ではないのですが(御免)、今日は映画に飢えた映画ファンがわんさと来ていました。 『SNS-少女たちの10日間-』は「SNS上に蔓延る子ども狙いのド変態のド畜生に「ワナ」を仕掛けてみた」なチェコ制作のリア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大頭脳〔1969〕

この映画も面白かったです。 2021年はいよいよBlu-rayBOXが発売されますが、この『大頭脳』が日本でDVDもBlu-ray化も長らくされてなかったなんて、信じられないです。 「大盗賊」も豪華キャストで贅沢な内容で面白かったですが、最後までコメディでとことん突っ走る「大頭脳」の方が好みです。 「金をかけてバカをやりき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大盗賊〔1962〕

池袋シネマ・ロサさんで「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選」アンコール上映が始まっていたので観てきました。 (新宿武蔵野館さんの方は時間がとれなくて、もう観られないかと思っていたので本当に良かったです。有難い) さて、映画『大盗賊(原題:Cartouche)』 映画の途中までは大掛かりなコントみたいなコメディ映画でしたが、最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Untouchable〔1987〕

やっぱ観てきました! 何度観てもイイモンはいいね! ありがとう!「午前十時の映画祭」! 『The Untouchable』1週間前に見返したばかりかのように思い込んでいましたが、前回の午前十時で観たのは2017年でした。 4年前か〜。 意外と前だった。 デニーロ演じるアル・カポネがアル・カポネ過ぎて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Mandingo〔1975〕

先々週末に新宿武蔵野館にて鑑賞。 (大島映画のポスター盗難事件の後だったので、展示されていたであろうスペースには何もなかったです) 『マンディンゴ』は19世紀半ばの米ルイジアナ州を舞台に、“奴隷牧場”を経営する父子の隆盛と没落までを描いた歴史映画。 「奴隷牧場」という米国の黒歴史があまりに刺さり過ぎたのか、公開時はかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Capone〔2020〕

Wikipediaに出ていた「ロッテントマトの批評家の見解の要約」が、『Capone』対する感想と一致していたので転載します。 「難役を演じるに当たって、トム・ハーディは持てる力の全てを出し切っている。しかし、『カポネ』のストーリーはあまりにお粗末で、ハーディの名演を活かせていない。」 とのこと。 いやはや「ホント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最優秀作品賞!最優秀男優賞!おめでとうございます!

普段は全く興味が持てない「日本アカデミー賞」ですが、「ミッドナイトスワン」の最優秀作品賞と最優秀男優賞の二つの受賞は本当に良かったと思いました。 遅れましたが、 ブルーリボン主演男優賞!おめでとうございます! 【日本アカデミー賞】「ミッドナイトスワン」が最優秀作品賞、草なぎ剛も驚き隠せず ttps://natal…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は確信する〔2018〕

2000年にフランスで実際に起こり、ヒッチコック狂による“完全犯罪”とメディアや世間を騒がせた未解決の「ヴィギエ事件」を題材にした法廷サスペンス。 2000年2月、大学教授ジャック・ヴィギエの妻スザンヌが忽然と失踪、その後、ジャックがスザンヌ殺害の容疑者として裁判にかけられることになった。 ノラはジャックの無実を確信、彼の弁護人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シカゴ7裁判〔2020〕

ベトナム戦争の反対運動に端を発し、抗議デモを企てたとされ逮捕、起訴された7人の男〈シカゴ・セブン〉の衝撃の裁判を描いた実話に基づく物語。 昨年公開の作品ですが、時間が合わず映画館での鑑賞は諦めていました。 しかし、年明けに再上映があると知り、緊急事態宣言の中を行って来ました。 観て良かったです。 期待通り、見応えのあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落下の王国〔2006〕

録画していた『落下の王国』観ました。 「これが本当の映像美だ!どおだっ!」と迫ってくる映像の凄さと石岡瑛子氏の衣装デザインも作品の世界観にマッチしていて、最高すぎて賞賛しれないほどです。 正直、主演の俳優に魅力を感じないのですが、ヒロインの少女アレクサンドリアの愛らしさと健気さがあるので無問題。大満足。 ただ、この傑作。日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more