Le passe-temps

アクセスカウンタ

zoom RSS ユリイカ 2015年8月号〔特集*江戸川乱歩〕

<<   作成日時 : 2015/09/23 12:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


嗚呼、何という事でしょう。

自分は、昨年の江戸川乱歩生誕120年と、今年の没後50年であることを失念しておったのです。

そして、最近やっと、没後50年を企画しているユリイカとミステリーマガジン、乱歩ワールド大全の三冊を買ったのでございます…。
(昨年発行された生誕120年企画のミステリーマガジンは取り寄せになりそうです)


そして、ユリイカの場合、乱歩先生のために買ったというよりも、丸尾末広先生のインタビューが読みたくて買ったのが本心なのでございます…。

なのに、そのインタビューにはもの凄いショッキングな事が書いてあったのでございます。

丸尾先生、乱歩関係の漫画化は、もう『踊る一寸法師』で最後にするのだとか…。
(編集部の方も「乱歩はもうイイじゃないですか」となっているみたいだし、だとか…。本当に〜〜?それ、先生の思い込みなんじゃなくて?)

はぁ〜〜〜〜〜ぁぁぁ…。
(このくだりは読まなきゃ良かったと思う程、最初はショックでした)

しかし、インタビューの内容自体はとても良かったです。
乱歩作品に対する丸尾先生の考えや、『パノラマ島』など漫画表現するためにどう作り込んでいったのかがわかりましたし、実に読み応えありました。

インタビューでは大人向けの『怪人二十面相』を描きたいとおっしゃっていて、これはもお!是非是非、実現させてほしいです。
年齢的・体力的にキビシイのなら、先生のペースでゆっくりやっていただければイイです。
時間はいっくらかかってもかまいません。
何時までも、待ちます。

『トミノの地獄』の二巻も勿論待ってます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ユリイカ 2015年8月号〔特集*江戸川乱歩〕 Le passe-temps/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる