特別展示 HNコレクション「シリアルキラー展」【ヴァニラ画廊】

画像


ジョン・ウェイン・ゲイシーをはじめ、エド・ゲイン、テッド・バンディ、ヘンリー・リー・ルーカス、伝記映画も公開されたロニー・クレイ等、世界各国の凶悪犯罪を犯したシリアルキラーたちの作品、セルフポートレート、手紙、資料等、あらゆるコレクションアイテムを蒐集しているHN氏の200点以上に渡るコレクションを大公開。



予想以上に充実した内容の展覧会で、本やTV、ネットなどで見るばかりだった作品を直接見ることができて、大満足でした。

展示作品は絵が多かったのですが、手紙や公文書、手作りの置き時計や、名前入りの下着、写真、刺繍つきカードなど、多岐に渡っていました。
そのお陰か鑑賞しながら、色々な思いと感想がわいてきました。
“あぁ、やっぱ病んでる人の絵だな~”と思わせる不気味な作品や、“え? こんな繊細なものを作れる人が、何で犯罪者に?”と思う作品もあり、見応えありました。

案の定、ゲイシーの絵が多いなぁと思いましたが、処刑されるまでに約4000枚の絵を描いたそうで、獄中からも自分の絵をビジネスにしていたそうです。
焼却された絵も多いのでしょうが、元の分母が多いワケですから残った作品も多いのでしょう(現存数は不明とのこと)。

クレイ兄弟の絵も展示されていました。
ロニーの油彩が素朴な感じで、意外でした。
レジーの絵はボールペンで描かれたイラストでしたが、なかなか味のある絵で、センスいいなと思いました。

映画『モンスター』でも有名なアイリーン・ウォーノスの手紙もありました。
パンフレットにも書かれていますが、字が綺麗で丁寧でした。
生育環境に恵まれず、7人も殺害した人物とは思えない文字の繊細さで、これもパンフの真似になりますが、本当は女らしい人だったんだろうな、と改めて思いました。


展覧会には、『レジェンド 狂気の美学』観賞後に直行しました。
しかし、行ってビックリ。
平日なのに、すごい盛況でした。
皆さんも、こういう展覧会を待っていたのでしょう。
第二弾も期待したいですね。



特別展示 HNコレクション「シリアルキラー展」【ヴァニラ画廊】〔2016/6/9~7/10〕
〔展示予定〕ジョン・ウェイン・ゲイシー/ヘンリー・リー・ルーカス/ピーター・サトクリフ/ダニー・ローリング/キース・ジャスパーソン/ジェームズ・アール・レイ/トーマス・ピテラ/ヘンリー・ヒル/ニコラス・クロウ/ドロシア・プエンテ/ハドン・クラーク/ジェラルド・シェイファー/アンソニー・ショア/ジェームズ・ムンロ/ゲイリー・レイ・ボールズ/ハドソン・グラハム/キャロル・バンディ/オーティス・トゥール/チャールズ・ワトソン/ローレンス・ビッテイカ―/ハーバート・マリン/アーサー・ショークロス/ロッド・フェレル/テッド・バンディ/ジム・ジョーンズ/クリスタ・パイク/ハーバード・バウメイスター/デビッド・バーコウィッツ/リチャード・ラミレス/ロニー・クレイ/アイリーン・ウォーノス/ウェィン・ロー/ダナ・スー・グレイ/ロイ・ノリス/ケネス・ビアンキ/マイケル・アリグ/ヴェロニカ・コンプトン/ジョー・ロイ・メセニー/ゲイリー・ヘイドニク/チャールズ・マンソン/ジェレミー・ジョーンズ/ジャック・トラウィック/カール・ドリュー/ウェイン・ハートン/ローズマリー・ウエスト/セオドア・カジンスキー/トーマス・ハイヤー/エド・ゲイン/フェレル・マイカース/ダグラス・クラーク/リチャード・クラーレイ/イアン・ブレディ/ジャック・ケヴォーキアン/ボニー&クライド/フィリップ・ジャコビンスキー/ダニエル・シーバート/トミー・リン・セルズ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック