天國 パライゾ〔丸尾末広〕

paraizo_maruo.jpg

画業40周年を迎える漫画界の魔神が描く、戦争と祈り。
「最も苦しんだ者こそが、天國(パライゾ)の門を開くーー」


『天國 パライゾ』は今までの丸尾作品ではなかった展開でした。
読了後は良い意味で「こういう丸尾作品もアリだな」と思いました。
(しかし、密林のレビューのいくつかはキビシイのもありました)

個人的に「読み足りない」とは思いましたが、自分は堪能できました。

以前も似たようなことを書きましたが、「画業40周年」を迎えたのに「画力が落ちてない」って、とてつもなく凄い事だと思いますよ。
ただ、絵柄が洗練され過ぎて「線が細く」なっているのが、コアな丸尾オタの方は物足りなく思うのかもしれませんね。

この記事へのコメント