テーマ:丸尾末広

トミノの地獄4〔丸尾末広〕

戦争、そして日本に落とされた新型爆弾による悲劇…激動の時代を、トミノとカタンは生きる。 渾身のロマネスク復讐譚、堂々の完結。 もうとっくに読了していたのに、レビューを上げるのを忘れてました。 感想は、無事に終わって良かったという思いと、“え?これで終わり?”という物足りなかった思いが半々です。 正直、話の内容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トミノの地獄3〔丸尾末広〕

日本漫画界が誇る魔神、丸尾末広、キャリア最大の長篇作、世界待望の第3巻。 悲運の双子、トミノとカタン、ふたりを巡る因果の糸が今、激しく震える。 クライマックスへ向かう渾身のロマネスク復讐譚、急展開! また勘違いしてました。 3巻で完結するのかと、思いこんでました。 トミノとカタンはまだ巡り会えないままなんですね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トミノの地獄2〔丸尾末広〕

トミノとカタン、悲運の双子を巡るロマネスク復讐譚の行方は…。 そのキャリア最大の長篇となる稀代の問題作、幻想と妄想とあまりに汚れた美しさが交錯する、世界切望の第2巻。 ゆくえは……?????? 次巻に?続く…の???? あ。2で終了かと思いこんでいたので、少し驚きました。 タイトル通りに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユリイカ 2015年8月号〔特集*江戸川乱歩〕

嗚呼、何という事でしょう。 自分は、昨年の江戸川乱歩生誕120年と、今年の没後50年であることを失念しておったのです。 そして、最近やっと、没後50年を企画しているユリイカとミステリーマガジン、乱歩ワールド大全の三冊を買ったのでございます…。 (昨年発行された生誕120年企画のミステリーマガジンは取り寄せになりそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トミノの地獄1〔丸尾末広〕

日本漫画界が世界に誇る魔神・丸尾末広、最新にして最大の復讐譚が幕を上げる! 「アルチュール・ランボーのような誇りと激しさを秘めて、丸尾末広は、自らの魂の廃墟の上に立っている」 フランス・コミック界の巨匠・メビウスが生前、羨望とともに絶賛した、漫画界の魔神・丸尾末広。 世界が待望するその最新作は、キャリア初となる巻数を配した最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新宿の某書店でもらってきたフライヤーです

見た瞬間、 “マジかよ!ついに…!”と、思ってしまいました。 丸尾先生が『ドグラ・マグラ』をついに劇画化するのかとばかり…。 スンマセン。自分の勘違いです。そんだけです。 フライヤーのデザインが素晴らしいので、備忘録として上げておきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無惨絵 新英名二十八衆句【花輪和一&丸尾末広】

幻の血まみれ画集、四半世紀近くの時を経て、衝撃の復刻。 丸尾末広、花輪和一、世界に並ぶ者なき孤高の天才絵師ふたりが、腕によりをかけて描き出した、無残の歴史に名を残す二十八名、血塗られた肖像画集。伝説の書として古書価が高騰している画集を、蠱惑的な特別仕様のポスター・ブックとして、待望の、切望の、熱望の、新生。 美しく麗しき悪夢で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瓶詰の地獄〔丸尾末広〕

夢野久作の代表作完全漫画化についに挑んだ『瓶詰の地獄』から、丸尾テイストが横溢する待望のオリジナル作『かわいそうな姉』まで、世界で彼にしか描き出すことのできない、猟奇と陶酔に満ちた、漆黒の物語の花束。 眩しい。眩しすぎる。 モノクロなのに、南国の太陽の輝きと海の碧さが感じられるって、凄いです。 (夢野作品を完璧に劇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸尾末広が夢野久作「瓶詰の地獄」描く

うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ! 読みたい!読みたい!読みたい!読みたい! しっかし、前後編となっているのがなぁ…。 単行本でまとめてガッツリ読みたいけど、その単行本がいつ発売になるのか分からんし…。 ビーム買うしかないかな…。 表紙の絵もすっごく綺麗だし、この絵が単行本の表紙に使われるかどうかも分からんしね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DDT―僕、耳なし芳一です〔丸尾末広〕

夢野久作、江戸川乱歩を思い起こさせるその独特なストーリーと、高畠華宵にも似た美しくも怪しい絵柄は、ファンを魅了して止まない。 ジャパニーズ・パンク界にも大きな影響を与えた著者の初期代表短編作品が満載。 あの中島らも氏が“子供に見せるには刺激が強いかも?”と考え、押し入れに隠していたら、お子様にとっくに見られていたのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新世紀SM画報〔新装版〕出版記念 丸尾末広展

最終日に見てきました。 全ての原画を見られるないのが、少し残念ですが、「無神経かさねが渕」の原画が見られて嬉しかったです。 丸尾氏の絵は原画そのものが美しいです。 「新世紀SM画報」と「DDT」の新装版表紙の下絵も綺麗でした。 勢いで「DDT」の新装版とポストカードセットを購入しました。 次は原画展を開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新世紀SM画報〔丸尾末廣〕

朝日ソノラマで2000年に刊行した幻の丸尾作品集が、新装版で復活! 未発表イラスト、原寸大漫画、書下しエッセイ、強烈バトル対談など、丸尾ワールドの決定版! どの絵も美し過ぎて、言葉が出てこないです。 この勢いで、「江戸昭和競作無惨絵・英名二十八衆句」も復活してほしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギチギチくん〔丸尾末広〕

キュートでかわいいギチギチくんが不思議でエゲツナイ“ギチギチ秘宝”の数々で、わるものをやっつける漫画です。 ギャクとエロも程よく出ていて、恐さと不気味さもイイ案配なので、他の丸尾作品と比べると読みやすい方に入るのかも。 “丸尾先生はこういう漫画も描ける人なのだ”と思いました。 しかしー。 丸尾版“魔太郎がくる”みたいな恐くて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハライソ 笑う吸血鬼2〔丸尾末広〕

あの暗黒の練夢魔術師・丸尾末広が贈る吸血鬼怪奇幻想譚! 血に狂い、血に踊る、神々しくも悪夢めく吸血鬼たちの退廃的夜行(デカダンスパレード)!! 続編の「ハライソ 笑う吸血鬼2」、衝撃的な真実が待ち構えていました。 吸血鬼の特権である“血の快楽”と引き換えに手放したものは“何か”わかります。 駱駝女の言葉を聞かなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑う吸血鬼〔丸尾末広〕

丸尾末広が描く“吸血鬼”の世界。 “吸血鬼”が、かなり手垢のついているモチーフだと思いますが、そこは丸尾末広。 凡百の作家のが描く“吸血鬼”とはひと味もふた味も違います。 とにかく美しい。 漫画ですから、当然モノクロ、白黒の世界ですが、全編通して血の“赤”が伝わってきます。 荒唐無稽なお話ではありますが、何か現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸尾末広先生原画展 ~乱歩パノラマ(エンターブレイン)発売記念~

リブロ池袋4Fコミックフロア特設会場にて丸尾末広先生の「芋虫」、「踊る一寸法師」の原画約12点を集めた展示を行っていました。 先日、久々にリブロに立ち寄ったら、まぁビックリ。 売場の横で原画展示をしているとは感激。 丸尾先生の単行本はもちろん、缶バッジやキーホルダーも売ってたのに感激。 みどりちゃんバッジを2つ買いました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸尾末広展「乱歩パノラマ」出版記念原画展【スパンアートギャラリー】

本日、見て参りました。 11時すぎに入ったので、ゆっくり観賞することができました。(でも、芳名帳は二番目だった…) カラー絵が美しいのは、もう当然でして、下描き段階での完成度の高さに改めて驚きました。 “プロの仕事だなぁ…”と惚れ惚れいたしました。 美しい絵の数々に感動。 眼福ありがとうございました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンランドンス 改訂版〔丸尾末広〕

丸尾氏の漫画は買ってすぐ読みたくなって電車内で広げてしまうのですが、これはさすがに家まで我慢しました。 エログロ丸尾ワールド全開。 しかし、少々、絵が粗く感じるのは何故かしら。 でも、表紙の絵はすごく好き。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乱歩パノラマ 丸尾末広画集〔丸尾末広〕

最高! 保存用にもう一冊買わねば。 この内容で2000円しないなんて、太っ腹すぎますでしょ。 カラー絵の美しさは言わずもがな。 「パノラマ島綺譚」の未使用原稿の完成度に驚愕しました。 「踊る一寸法師」の漫画作品は二色刷りで見ると、また雰囲気が変わって良かったです。 短編だからか、「パノラマ」や「芋虫」に比べる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

How To Take a Japanese Bath

日本のお風呂の入り方をマンガ風イラストと英文で紹介 1992年の出版以来、次第に人気を不動のものにしつつある、風呂に入る男をマンガ風に描いた本。 「さて風呂に入るかな」と思い立ってから、風呂の準備をして、風呂に入り、風呂から上がってくつろぐ場面も描かれている。 外国人も、この本を読めば日本で入浴するときに慌てずに楽しむことがで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劇画家畜人ヤプー【復刻版】〔原作/沼正三 作/石ノ森章太郎〕

1971年に「都市出版社」、1983年に改訂を加えて「辰巳出版」から刊行された『劇画家畜人ヤプー』を復刻。 三島由紀夫、澁澤龍彦らが絶賛した戦後最大の奇書『家畜人ヤプー』を石ノ森章太郎がコミック化。 復刻に際し、丸尾末広(漫画家)による解説文を収録。 丸尾氏の解説が良かったです。 この『劇画家畜人ヤプー』の解説に、これ以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑う吸血鬼と少女展

『笑う吸血鬼と少女展』を見てきました。 絵も人形も、綺麗ですごい迫力でした。 日本人形と西洋人形を一度にあんな数を見たのは初めてだったので、圧倒されました。 ジュモーの人形も実物が見られて感激でした。テレビでしか見た事なかったもので。 (個人的にはブリュのビスクドールの方が好み) 日本人形は顔が同じように見えても年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薔薇色ノ怪物〔丸尾末広〕

今から26年前、衝撃的なデビューで巷の少年少女をアッと言う間に誘惑、魅了した著者の記念すべき初の単行本。 暫く市場から姿を消していた、丸尾ワールドへの入門書とも言うべき「薔薇色ノ怪物」が、新たに作品を加え、改訂版で再発売! ペンタッチの太い線が迫力ありすぎ。 個人的には今の繊細な絵柄も好きですが、昔の方が好みのファンが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬神博士〔丸尾末広〕

闇の魔術を駆使する漆黒の狩人・犬神!! コミック界最強の魔人が描く、超伝奇ロマン大作!! “家に置いておけないくらい恐い”なんていう話を真に受けて、今まで手に取らなかったことを大後悔しております。 すっごいっ!面白い! 犬神博士!最高! 話もわかりやすいし、絵も素晴らしく綺麗で構成も大胆で迫力抜群。 残酷でグロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢魔の館 ホーンテッド・マンション〔仙波龍英/著 丸尾末広/挿画〕

「お、お願い…ここから出して。変な真似はよして」茉莉子は恐怖に耐えきれず喉の奥から絞り出すような声を洩らした。 ―非日常の恐怖と快楽を描いた傑作短編7編。 読めば読むほどクセになる、倒錯と背徳のエロチック・モダン・ホラー。 丸尾氏の漫画を読んでいたら、久々にこちらも再読してみたくなりました。 故・仙波龍英氏のモダンホ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

月的愛人 LUNATIC LOVER'S〔丸尾末広〕

月明りが脳味噌までさし込む夜、私の中のワタシが呼吸を始める…。 恐怖の中に漂う淫靡な世界を描いた丸尾末広の中期代表作「耳ナシ芳一」を含む珠玉の短編が、装いも新たに蘇る! この単行本に所収されている作品はどれも面白い(比較的わかりやすい)し、絵も抜群に綺麗です。 「屋根裏の哲学者」は主人公がどう哲学しているのかサッパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・ナショナルキッド〔丸尾末広〕

長らく絶版になっていた「国立少年」と「パラノイア・スター」の中から著者自らが作品を厳選。 特異の毒の強いギャグの他、後の代表作品「耳ナシ芳一」「無抵抗都市」へと繋がるストーリー性の強い作品も目をひく傑作短編満載! 「日本人の惑星」のようにタカ派で極右なメッセージ性の強い作品も最高ですが、一番面白かったのが「蛇苺」 ♪ラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more